天使と悪魔の聖書漫談

10.過ぎ越しの祭り、そして初子の死(第10の災害)

エピソードの総文字数=1,137文字

「過越(すぎこし)」は現代にも伝わるユダヤ教の宗教的記念日のことだね。

マッツァーという酵母の入っていないパンを食べて祝うんだよ。

クラッカーみたいでうまそうやな。
大きさはだいたい大人の手のひらよりも少し大きいくらいかな。

普通、粉と水だけでつくられるシンプルな料理なんだけど。

チョコをかけたり、ジュースで粉をこねたり、色々工夫されているみたい。

今では伝統料理だけれど、これはエジプトを脱出した時に生まれた料理でね。

発酵させる時間も無いから、酵母無しで焼いたらしい。

聖書では神様の教えとして酵母無しで焼いたことにしているけどね。

そういうのも怪我の功名言うてええんやろか。
てか、「過越」ってそもそもどういう意味なんや?

なんか過ぎて越しとるんやろか。

その通りだよ。

これは、神様が徴(しるし)のある家を過ぎ越すという意味なんだ。

神様はエジプトの地の初子(ういご:夫婦の間に初めて生まれた子)を全て打つと言った。

イスラエルの子らは正しい手順で処分された羊かヤギの血を家の戸口に塗ること。

そうすれば神様はその家の所を過ぎ越し、災いは及ばないだろう。

え……。

神様が子どもを殺してまわるってことなん?

これが第10の、最後の災害、初子(ういご)の死だよ。

これはエジプト人だけではなく、その家畜にまで及ぶんだ。

悪魔の僕が言うのも何だけど、まさしく悪魔的所業だね。
そのセリフはさすがに悪魔にしか許されへんな。
ところで日本に蘇民祭という祭りが伝わっているんだけどね。

これが過越の祭りにとてもよく似ている。

あるところに裕福な弟の巨旦将来と、貧しい兄の蘇民将来がいた。

武塔神(むとうしん)は旅の途中で宿を乞う。

でも巨旦は断り、蘇民は粗末ながらもてなした。

武塔神は再訪の折に蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、巨旦の一族を皆殺しにした。

実は武塔神(むとうしん)は牛頭天王という神だった。

以降、疫病から逃れるため「蘇民将来子孫之門」と書いたお守りを門戸にかざす風習が生まれたんだ。

真夜中に、神様はエジプトの地、すべての初子を打った。

ファラオの初子、捕虜の初子、家畜の初子、すべてである。

死者のいない家はなく、エジプトには大いなる叫びが起こった。

子どもの死ってのはどうしても胸を打つな。

ほんまは洪水かて子どもまるごと殺しとるんやろけど。

具体的に子どもを指し示されると、印象が全然ちゃうわ。

洪水は悲しむ間も無いしね。

それに対して子どもの死は、悲しむ大人が近くにいる。

そこに共感してしまうんじゃないかな。

神話というのは説明できない自然災害に理屈を付けたものが多い。

天災や疫病なんかを全て神様のせいにするのさ。

そうでもしなければ、やっていけなかったんじゃないかって思うよ。

サタニャエルくんは優しいな。

悪魔やのに。

悪魔だからさ。

TOP