天使と悪魔の聖書漫談

8.ペルシア王キュロス2世による解放

エピソードの総文字数=898文字

『列王記』と『歴代誌』はユダ王国の滅亡までほぼ同じ流れだ。

ただ『列王記』に比べると若干、ユダ王国の記載が細かになっているね。

久しぶりに過越の祭りもやっとったな。

言うて地味な話やし、さくっと飛ばしてもええやろ。

さすがお姉さま。

天使にあるまじきお言葉。

と言っても、『歴代誌』最後の場面はさすがに飛ばせないね。

バビロニアに代わってペルシアが覇権を握った、その後のことが記されている。

ペルシア王キュロスの第一年。

神様がキュロスの心を動かし、彼は次のような布告を文書で出した。

「主は地上のあらゆる王国を予に賜った」

「ユダのエルサレムに、ご自分の家を建てるよう予に委ねた」

「主の民に属するお前たちは誰でも上って行くがよい」

キュロス2世はアケメネス朝ペルシアの創始者だ。

彼はバビロニアを支配すると、そこに集められた異民族を解放した。

その中にはもちろんユダの民も含まれていたんだ。

珍しいな。

異教の神々はやっつけるんが普通やと思っとったわ。

その政治により、キュロスは多くの民族から尊敬の念を受けた。

まず自国民であるペルシアの民は、キュロスを父と呼んだ。

古代ギリシアの歴史家ヘロドトスの『歴史』にそう書いてある。

また、ヘロドトスより後世のギリシア人からも敬意をもたれていた。

例えば哲学者プラトンの『法律(対話編)』に示唆されている。

キュロスは自由と奴隷制のバランスをよく制御した人物として語られるんだ。

征服されたバビロニアの神官はキュロスをマルドゥークに任じられた者と見た。

キュロス自身はゾロアスター教徒だけれど、異国の神からも支持を受けたわけだ。

大絶賛ね。

これはソロモンでも太刀打ちできない評判でしょう。

自分とこの神様まで使って相手を褒めるとか。

なかなかあらへんわな。

ほんで?

ユダヤ人にとってキュロスはどういう評価なんや?

破格の評価だよ。

キュロスは『イザヤ書』の中で「油注がれた者」と表現された。

つまり、イスラエルの王や預言者に匹敵する存在だと見なされたのさ。

すごいやん。

外国人で油注がれたんはキュロスが初めてちゃうか?

「油注がれた者」はヘブライ語で「メサイア」

まさしく彼はユダヤ人たちにとって救世主でありました。

TOP