天使と悪魔の聖書漫談

9.後継者ヨシュア

エピソードの総文字数=730文字

バアルの事件後にも疫病があった。

それが収まった後、第二回人口調査が行われた。

人、いっぱい死んでるしな。

時間も経ってたら数えなおさなあかんわな。

ツェロフハドの娘たちが訴えた。

「(死んだ)父に息子はいなかったが、その所有地は娘が相続すべき」ではないかと。

神様はその言い分は正しいとし、息子の無い場合は娘に譲渡することとした。

土地の相続の話は古今東西、なかなか興味深いもんやな。
長子相続を基本とするのは、家族という単位が重要だからだね。

日本でも男女平等に土地を相続すると、「家」が弱体化して滅びたんだ。

だから長子相続が主流になっていったらしい。

とは言うても、思うようにならんこともあるわな。

そういう例外規定をきちんと考えとこうってことか。

神様はモーセに告げた。

「アバリム山脈に登り、土地を見渡せ」

「その後、お前も兄のアロン同様に先祖の列に加えられる」

ついにモーセも死ぬ時が来たんか。

そしたら今度は誰がリーダーになるんやろか……。

なんてな。

ここまでの流れで、ヨシュア以外におらんやろ。

その通りさ。

モーセは神様に「会衆を羊飼いのいない羊のようにしないでください」と願う。

すると神様はヨシュアを後継者に指名した。

モーセはヨシュアを全会衆の前に立たせた。

そして自分の手をヨシュアの上に置き、彼を後継者に任命した。

モーセの時代が終わるんやな。

『出エジプト記』から、長かったで。

トーラーはモーセ五書と呼ばれるくらいだからね。

彼を中心とした物語なんだよ。

モーセの死は『民数記』ではなく次の『申命記』のラストシーンになる。

『申命記』は「繰り返し命じる」という意味の漢語なんだけどね。

その内容は「十戒」を含む、今までのそうまとめって感じなんだ。

色々あったからな。

情報の整理は大事やで。

TOP