天使と悪魔の聖書漫談

10.偽預言者バラム

エピソードの総文字数=1,007文字

イスラエルが約束の地に入る前の最終宿営地シティム。

そこで民はモアブの女たちとみだらな行為をし始めた。

彼女たちはバアルに生贄を捧げ、その生贄の食事をイスラエルに振舞った。

バアル……。

なんか、身近にそんなんおった気ぃするなあ。

うっ……。

記憶に混乱が???

まあたぶん知り合いだよ。

思い出したくないんだろうけど。

バアルはウガリット神話では最高神エルの息子とされる。

死神モトのライバルだね。

バアルは聖書においては異教の神。

憎むべき敵として描かれている。

こいつがバアルか?

なんかとげとげしいもん持っとるな。

その手に持っているのは棍棒と槍で、稲妻の象徴さ。

嵐の神であると同時に農業の神でもある。

日本で言うところのヤマタノオロチだね。

ヤマタノオロチは聞いたことあるで。

川の氾濫がどうたらいうやつやろ?

そういう人もいるけどね。

ヤマタノオロチは『先代旧事本紀』では雷の化身として描かれている。

そして雷は稲と深い関わりを持つんだ。

なんせ「稲」の「妻」と言うくらいだしね。
言われてみればそうやな。

確かに嵐は雨も運んでくるから、水不足の時には恵みにもなるか。

せやけど多すぎる風雨は害にもなる。

こんな厄介なもん、崇めるしかないわな。

モーセはイスラエルの裁き手たちに言った。

「バアルを慕ったものたちを殺せ」

なんとなくモーセ言うたら、弱い者の味方、みたいなイメージあるけど。

聖書のモーセはなかなかの意外性を見せてくれるもんやな。

生き残るには力がいるし、力とは暴力だからね。
そしてモーセは事件の背後にいる者の存在に気付いた。

その男はイスラエルに3度の祝福をもたらしたバラムだった。

捕虜の処遇についてモーセは言った。

「この女たちはバラムに従いイスラエルの子らをそそのかした」

「子供たちのうち男の子はすべて殺せ」

「非処女は殺し、処女だけはお前たちのために生かしておけ」

男はいつの時代も処女が好きなんやな。
どうなんだろうね。

托卵を避けるため、かな?

しかしバラムはイスラエルのために祝福してくれたんに。

なんで今さら裏切っとるんや?

欲深さゆえ、とされているね。

聖書では神に従っている風に書かれているけれど。

実際には金銀のためにバラクを訪ねたんじゃないかって。

そして彼こそはソロモン72柱序列51位の悪魔、魔王バラムその人さ。

……と言う風に語られたりもするね。

ロバが熊になっとる。
結局、バラムはイスラエルの民に剣で殺されてしまった。
惜しい男をなくしたもんやで。

TOP