天使と悪魔の聖書漫談

12.イスラエル人の繁栄

エピソードの総文字数=921文字

飢饉は極めて激しく、全地に食料が無くなった。

エジプトの地にもカナンの地にも銀が尽き果てた。

ヨセフはエジプト人たちに、家畜と引き換えに食料を与えると告げた。

いよいよ家畜も失われた時、土地を買い取り、エジプト人たちを奴隷にした。

なんか、急にきな臭くなってへん?

エジプトの地でイスラエル人がエジプト人を奴隷に?

正確に言えばここではファラオの奴隷であって、ヨセフのじゃない。

でも、実質的にはヨセフの奴隷だったと読み取れると思う。

ヨセフは祭祀の土地だけは買い取らなかった。

それはファラオが祭祀に給付を与えていたからだと言う。

だったら、その他の民だってファラオが救えば良かった。

でも実際に動いていたのはヨセフなんだ。

よその土地に根付いて、上手に金を儲ける……。

なんかひともんちゃくありそうやな。

創世記の最後はヤコブによる祝福、遺言、死でしめくくられる。

ヤコブの子どもたちがいわゆるイスラエル12部族に分かれるんだ。

中でもちょっと注目したいところを見てみよう。

シメオンとレビはまさしく兄弟、

彼らの剣は暴虐の道具。

わたしの魂よ、彼らの謀議に加担するな。

わたしの心よ、彼らの集いに加わるな。

彼らは怒りに任せて人を殺し、

やみくもに雄牛の足の筋を切った。

呪われよ、彼らの怒りはあまりに激しく、

その憤りははなはだしい。

わたしは彼らをヤコブの間に分け、

イスラエルの中に散らす。

あれ?

祝福、言うてへんかった?

「呪われよ」とまで言っているね。

無理やりな解釈でこれを「祝福」とするのはちょっと苦しいかな。

死の間際でさえ人に嫌がらせをする。

さすがやで。

これには、それなりの理由があるんだよ。

ヤコブはシメオンとレビのせいで窮地に立たされたことがあってね。

彼らには彼らなりの言い分があったけれど、もっと穏便にやれという話。

それより僕がここを取り上げたのは、レビの存在があるからなんだ。

これ自体の解釈も面白そうだけどね。

レビは次の『出エジプト記』の主役、モーセに連なる系譜の祖なんだよ。

なんや。

うちはてっきり、次の主役はヨセフの子孫やと思ってたんやけどな。

創世記はここまでだね。

次の『出エジプト記』は、一般の人が『聖書』と聞いて思い浮かぶ場面No.1のあれが出てくるよ。

楽しみやな。

TOP