25.シモン・タシの死

エピソード文字数 1,430文字

アンティオコス7世シデテスはケンデバイオスをユダヤの地に派遣した。

ケンデバイオスは攻め込んだ地でユダヤ人を殺し、弾圧したと言う。

ヨハネ・ヒルカノス1世はそのことを父シモン・タシに報告した。

するとシモン・タシは自分は年老いてしまったと言う。

そしてヨハネとその兄弟に戦うよう告げた。

シモン・タシもいつの間にかおじいちゃんか。

戦いばかりの人生やったな。

強き者が奪い、弱き者は死ぬ。

自然の摂理ですわ。

シモン・タシがここまで生きられたのも強かったからでしょう。

ヨハネは2万の戦闘員と騎兵をえり抜き、ケンデバイオスに向かい進軍した。

両軍の間には急流があり、ヨハネの兵たちは怖気づいた。

ヨハネが先頭に立って渡ったので、部下たちも彼に続いた。

ヨハネは兵を分け、騎兵を歩兵の中央に置いた。

馬に乗った兵士は敵歩兵を威圧できるからな。

強力な武器を部隊の中心に置きたい気持ちは分かる。

せやけど、そのせいで騎兵の武器である機動力をそぎ落としてしもうとる。

分けて運用する方が強いのに、そこに気付くのに1000年以上かかるわけや。

……って、定金伸治先生が『ジハード』で言ってた!
アイユーブ朝の始祖サラディンと第3回十字軍の戦いを描いたラノベだね。

12世紀頃の話で、その当時においても騎兵と歩兵は一緒に運用されていた。

聖書の時代からと考えると軽く1000年を超える「伝統」だったわけだ。

ヨハネはケンデバイオスと戦ってこれを撃破した。

ケンデバイオスはアゾトの野原にある塔にまで逃げ込んだ。

ヨハネは町に火を放って焼き払った。

敵の兵、約2,000人が倒れた。

勝ったは良いとして、ケンデバイオスはどうなったのかしら。
彼が死んだか逃げ切ったかはどこにも書かれていない。

ヨハネは無事にエルサレムに帰ったと言うから、打ち倒したのだろうと思うけどね。

アブポスの子プトレマイオスはエルサレムを我が物にしようとした。

そのために大宴会を催してシモン・タシと部下たちを欺いて殺した。

さらに事の次第をアンティオコス7世シデテスに書き送り、救援の軍を依頼した。

敵を欺き、酔わせて殺すのは常套手段ですわね。
せやけど、とっくに引退したシモンを先に殺してどないすんねん。

うちやったらシモンとヨハネをまとめて殺すわ。

さすがミカちゃん、あくどいね。

結果的にその通りで、危機に気付いたヨハネは別の刺客を返り討ちにした。

ここまでで『マカバイ記』の記載は終わりだよ。
はあ?

めっちゃ中途半端やないか。

結局、そのプトレマイオスはどないしてん。

ヨハネはちゃんと無事に生き延びたんか?

以降についてはフィラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ戦記』に詳しい。

プトレマイオスは非道にもヨハネの母親を捕虜にした。

彼の母親は自らが犠牲になることを求めたので、ヨハネはその勇気を敬して出陣した。

しかし自分の母親が実際に鞭打たれて、粉々に引き裂かれるのを見て心が折れた。

その隙にプトレマイオスはフィラデルフィアのゼノンの下に逃げた。

ゼノンはフィラデルフィアの「暴君」だと『ユダヤ戦記』は語っている。

敵の母親を殺すか。

外道やな。

外道ではあるけれど、有効な手や。

ヨハネはアンティオコス7世シデテスに賠償金を払うことになった。

しかしその後、シデテスはアルサケス朝パルティアとの戦争に負けて死んでしまう。

ヨハネはその隙にユダヤの勢力を拡大したとされる。

まこと、パワーバランスの読めない地域ですこと。
中東事情は複雑怪奇。

何千年と繰り返されるこの争いはいつ終わるとも知れない。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

【ミカ】(性別:無性 時々 男性)

神様の命令で人々を見守ることになった大天使ミカエル。サタニャエルくんに色々教えてもらう生徒役。ただ何も知らないお馬鹿ではなく、それなりに常識人。特に戦争に関することはなかなか詳しい。無意味な殺戮は嫌うが、戦争そのものは悪と見做さない。ビヨンデッタの作った「ケーキ」にトラウマがある。


(うんちく)

その名は「神に似たるものは誰か」という意味を持つ。ミカエルはMa-Ha-Elと分解され、「偉大なる神」の意味ともされる。天軍の総帥であり、右手に剣を持った姿で描かれる。


聖書において天使の翼に関する記述は無い。その造形はギリシア神話における勝利の女神ニケ(Nike)が由来であると考えられている。


ミカエル、最大の見せ場は新約聖書『ヨハネの黙示録』12である。そこには以下のような記載がある。

「かくて天に戰爭おこれり、ミカエル及びその使たち龍とたたかふ。龍もその使たちも之と戰ひしが、勝つこと能はず、天には、はや其の居る所なかりき。かの大なる龍、すなわち惡魔と呼ばれ、サタンと呼ばれたる全世界をまどはす古き蛇は落され、地に落され、その使たちも共に落されたり。」

おそらくは翼の生えた勝利の女神と、戦争における戦士の姿とが融合され、現代におけるミカエルのイメージを形作ったのであろう。

【サタニャエル】(性別:???)

ミカちゃん一人だと心配なので付いて来た。色んなことに詳しい黒猫。「サタニャエル」を名乗っているが、悪魔サタナエルと同一視されるかは謎。ビヨンデッタから「サマエル」と呼ばれてもおり、そうであれば楽園でイヴを誘惑した蛇であるとも言える。非常に好奇心旺盛で勉強熱心。たまに悪魔っぽいが、基本的には常識的。


(うんちく)

「猫に九生有り」のことわざは、高いところから落ちてもうまく着地してしぶとく生き残る、タフさから来ていると考えられる。何故「九生」なのかは定説は無いが、エジプト神話の猫頭の女神バステトが九つの魂を持っていたことに由来するのではないか、と言われる。そのようにしぶとい猫を殺すには「好奇心」が効果的であるとことわざは言う(「好奇心は猫を殺す」)。つまり人に知恵を与えたサマエルが、その罪によって神の罰を受けることの暗示として、サタニャエルというキャラクタは造られている。


サマエルは「神の悪意」という意味を持つ。12枚の翼を持つことから、堕天使ルシファーとも同一視される。

【ビヨンデッタ】(性別:男性 or 女性)

ミカを「お姉さま」と慕う悪魔の少女。その正体はソロモン72柱序列第1位ともされる魔王ベルゼブブ。ニーチェを好み、強き者が強くある世界こそが最も美しいと考えている。人間を「草」と呼び、その愚鈍さを嘲笑する。


(うんちく)

作中にあるように、ベルゼブブの由来はウガリット神話における豊穣の神バアル・ゼブル。バアルの信仰は旧約聖書において偶像崇拝として忌み嫌われ、度々敵対した。バアル・ゼブルをバアル・ゼブブと読み替えることで、その意味を「気高き主」から「蠅の王」へと貶めた。


「ビヨンデッタ」の名前は幻想小説の父J・カゾットの『悪魔の恋』に由来する。主人公のアルヴァーレは知的好奇心により悪魔ベルゼブブを呼び寄せ、そのベルゼブブは「ビヨンデット」という名の少年として彼に仕えた。やがて「ビヨンデット」は「ビヨンデッタ」という少女となり、アルヴァーレに強く愛を語る。そしてアルヴァーレは苦悩の末にビヨンデッタを愛してしまう。あまりにあっけない結末についてはここで語らない。


ウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』は死の象徴として蠅が描かれる。また、理性を凌駕する闘争心は豚の首として表れた。作中でビヨンデッタが豚肉を好んでいるのも、そうした背景による。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色