天使と悪魔の聖書漫談

6.イスラエル王国分裂

エピソードの総文字数=1,275文字

上の緑色の箇所がイスラエル王国。

下の赤色の箇所がユダ王国。

南のユダ王国を支配したのが、ソロモンの子レハブアム。

彼はソロモンの死後、民たちに圧政を敷いた。

それに反発したイスラエルの民はヤロブアムを王とした。

そして北のイスラエル王国を支配するようになったんだ。

せっかく皆で団結して強かったイスラエルやのに。

分裂してもうて大丈夫なんやろか。

大丈夫ではないだろうね。

イスラエル全体では12の部族がある。

けれど、イスラエル王国の10部族は現代に残らなかった。

いわゆる、イスラエルの失われた10支族(または部族)ってやつさ。

ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、

アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、マナセ族、エフライム族、

これらの部族は周辺諸国に吸収されて消えてしまった……とされる。

なるほど。

ユダ王国のユダ族とベニヤミン族だけが残ったっちゅうことか。

実際には失われず、多くの住民がユダ地方に移住したなんて説もあるけどね。

いずれにせよ部族の概念は失われて、まとめてユダヤ民族と呼ぶようになる。

ヤロブアムから王国を取り戻すため、レハブアムは兵をそろえた。

そこに神の人シェマヤが現れ、戦ってはならないと告げた。

彼らは主の言葉に従い、帰っていった。

急に現れて「戦争するな」ですって?

何ものかしら。

いえ、何様かしら、と言うべきね。

ここで言う「神の人」は預言者の尊称だね。

ただ「神の人」と言ってそれが全て預言者を意味するわけではない。

解釈も様々で、プロテスタントだとクリスチャンは全て「神の人」になる。

誰か知らんけど、発言に影響力のある人やったんやろな。

その人のおかげで戦争は回避できたわけや。

そん代わり、国が一つになるチャンスを逃してもうたけどな。
ヤロブアムは民の心をレハブアムから完全に引き離そうとする。

そのためにアシェラ像を造り、宗教的な離反を起こした。

するとそれは主の怒りを呼び、ヤロブアムの子アビヤは病に倒れた。

その後ヤロブアムは死に、子のナダブが代わって王となった。

アシェラはウガリット神話における豊穣の女神アシェラトを指す。

最高神エルの妻だね。

イスラエル人の神が元々このエルだったとすれば……。

その奥さんを持ってくるのは面白いよね。

ユダ王国とイスラエル王国の夫婦喧嘩。

……と、いうことかしら。

なかなか迷惑な夫婦喧嘩やけどな。
ユダ王レハブアムの治世は荒廃した。

民はバアルやアシェラを祀り、神殿売春を行う者までいた。

エジプトの王シシャクの侵略なども受け、ヤロブアムとの争いも絶えなかった。

レハブアムは死に、子のアビヤムが代わって王となった。

なんや。

こっちでもアシェラを祀っとるやないか。

ユダ王国は民が勝手にやっていることだからね。

ぎりぎりセーフ……ということにしよう。

ちなみに神殿売春についてだけどね。

売春と言うと女性のことだと思うだろうけど、

これは男女両方が行う宗教行為なんだよ。

神殿における性行為は豊作祈願でもあるのさ。

豊穣の女神アシェラトに捧げる儀式だったんだろうね。

それ聞いたら、今からでもアシェラトに乗り換えよう思う連中が出てきそうやな。

TOP