天使と悪魔の聖書漫談

7.エサウとヤコブ

エピソードの総文字数=1,361文字

アブラハムの子イサクは妻リベカとの間に二人の子、エサウとヤコブを授かった。

エサウは巧みな狩人となり、ヤコブは穏やかな人となった。

イサクはエサウを愛し、リベカはヤコブを愛した。

父と母、兄と弟。

なんやしらんけど、不穏な空気を感じるなあ。

その通り。

エサウとヤコブは兄弟間でちょっとした確執を持つんだ。

カインとアベルみたいなもんやな。

あれは兄のカインが弟のアベルを殺したんやったか。

エサウとヤコブの関係は、カインとアベルほど殺伐とはしていないけれどね。

もう少し続きを追いかけてみよう。

ある日やヤコブが煮物をつくっていると、エサウが疲れて帰ってきて言った。

「その赤いものを食わせてくれ。私は飢え、疲れている」

「それでしたら、まずあなたの長子の権利を売ってください」

「私は死にそうだ。長子の権利など何の役に立とうか」

「今すぐ、誓ってください」

こうしてエサウは長子の権利を軽視した。

ん?

つまり、どういうこと?

元々エサウが長子だったけれど、その長子の権利をエサウが放棄したんだね。

長子の権利というのは、ヘブライ人の家庭で長男がもっていた特別の権利。

父親が死んだとき、長男は、父の全財産のうちから、他の兄弟の2倍を相続したらしい。

それと家族全体にかかわる決断をする権利があったんだ。

エサウ、やってしもたな。
イサクは年を取り、目がよく見えなくなった。

ヤコブは母リベカの助言に従い、(イサクの愛する)兄エサウの振りをした。

そうしてヤコブはエサウが得るはずだったイサクの祝福を得た。

ヤコブ……。
騙される方が悪いんだよ。
ただ、今回ばかりはさすがにエサウも黙っていなかったね。

その後、ヤコブを殺そうとするんだ。

やっぱり殺伐としとるやんけ。

そんでまた兄が弟を殺すんか?

残念ながらそうはならない。

ヤコブはエサウの恨みを事前に知って、逃亡するんだ。

それは残念やったな。

て言うか、そんなん恨まれて当然やろ。

ヤコブは東方を旅し、レアとラケルの姉妹を妻とした。

レアとラケルの父、ラバンの元で働き、「まだらとぶちのヤギ全部」を報酬にするよう約束した。

すると神様は産まれるヤギを全て「まだらとぶち」にした。

ラバンの息子たちは怒った。

こいつ、ええかげんにせえよ。
ヤコブはどうにかラバンと不戦の条約を結んで逃げ切る。

でもその先に待ち構えていたのが400人の兵隊を連れたエサウだった。

進退きわまったな。

自業自得やで。

そこでヤコブが取った選択は全面降伏だった。
ヤコブは兄エサウに近づくまでに七度地にひれ伏した。

妻と子どもたちを「神があなた(エサウ)の僕(しもべ=ヤコブ)に恵んでくれた子たち」と言い。

ヤギ、羊、牛の群れを「わがあるじ(エサウ)のご好意にあずかるためです」と言い。

エサウが不要と言えば、エサウを「神の顔」と評し、とにかく受け取ってくれと懇願した。

すがすがしいまでの手のひら返し。
ヤコブは言った。

「子どもたちはか弱く、羊や牛の子の世話もしなければならなりません」

「わがあるじ(エサウ)は僕(しもべ=ヤコブ)より先にお進みください」

「(兵を残そうというエサウに)わがあるじのご好意にあずかれば十分です」

そしてヤコブはエサウから逃れてスコトの地に家を建てた。

……って、逃げるんかーい!
ヤコブは後に神様からイスラエルと呼ばれるようになる。

彼こそはユダヤ人の祖先なんだ。

TOP