天使と悪魔の聖書漫談

5.勇士ギデオン

エピソードの総文字数=975文字

イスラエルの子らはまた神様の目に悪と思われることを行った。

神様は怒り、イスラエルの子らはミディアン人の侵入を受けた。

さすがにもう慣れたわ。

次はどないな士師さんがいらっしゃるんやろなあ。

今回登場する士師の名はギデオン。

「破壊者」という意味を持つ、勇猛な戦士だよ。

あら?

天使が降りてきましたわ。

神様のみ使いが来て、ギデオンに語りかけた。

「勇士よ、主があなたとともにおられる」と。

「勇士」と呼ばれる士師は5人目のギデオンと8人目のエフタだけ。

ギデオンは後世においても力強き者の象徴となる。

有名なところで、第二次エチオピア戦争で活躍したイギリスのギデオン部隊がある。

彼らは少ない補給を受けながら、現地レジスタンスの協力を受け、イタリア軍を駆逐した。

なんでそんなことまで知っているのかしら。
サタニャエルくんはオタクやからな。
……。
と、とにかく続きを見てみよう。
主はギデオンに言った。

「父ヨアシュのバアル祭壇を破壊しろ」

「そばにあるアシェラ像を切り倒せ」


ギデオンがそれに従い、ヨアシュは町の人々に告げた。

「自分の祭壇を破壊されたバアルがギデオンと争うだろう」

人々はギデオンを「エルバアル(バアルが争う)」と呼んだ。

バアルは相変わらずの人気者やな。
わたくしにはお姉さまお一人で十分だと言うのに。
うちは別に「お姉さま」ってわけやないねんけど……。
性別など!

どうとでもなりましてよ。

お姉さまがお望みなら、ビヨンデッタ(女)はビヨンデット(男)となります。

バアルとアシェラの像が倒されて町の人たちは怒ったんだ。

それもギデオンを殺さんばかりに。

でもギデオンの父ヨアシュが「バアルが争う」と言った。

そうすることで、ギデオンの命を実質的に救ったんだね。

とは言え、士師の名前に「バアル」が付くのは不思議やな。

「バアルが争う」言うのもなんかよう分からんし。

そうだね。

聖書学者のレスター・L・グラビーは「エルバアル」とは「バアルを偉大にせよ」といった意味ではないかと言っている。

全然意味ちゃうやん。
そして現代の学者たちは、ギデオンとエルバアル、二つの物語が組み合わさっているのではないかと考えているんだ。
ああ、そういうこと。
一人の神が複数の名前を持つ。

世界中の神話で見られることさ。

なるほどなあ。

ほんで、ギデオンの活躍はどないなったんや?

ちょっと長くなっちゃったから、次回に回すね。

TOP