天使と悪魔の聖書漫談

8.結婚に関して

エピソードの総文字数=1,376文字

捕虜の中に美しい女がいて、彼女を自分の妻にするとき。

その女はあなたの家で、一ヶ月、父母のために嘆き悲しまなければならない。

この後、あなたは彼女の夫となり、彼女はあなたの妻となる。

男からすれば一ヶ月おあずけ、ということかしら。
アキバ・ベン・ヨセフという紀元1世紀末頃のユダヤ教律法学者がいる。

彼によると、一ヶ月とは実際のところ三ヶ月だったらしい。

その間に、捕虜の女が結婚を決意するのを待つのさ。

わたくしならば、千年でも二千年でも待てるわよ。
もし彼女を気に入らなくなったなら、彼女を自由に去らせなさい。

決して売り渡してはならない。

彼女を奴隷のように扱ってはならない。

しかし捨てるのでしょう?

家族を失った女が捨てられて、どうやって生きていくのかしら。

「奴隷のように扱ってはならない」

けれど行き着く先は娼婦くらい?

聖書は基本的に男を軸にして話しているね。

女も大事にしなさい、と男に向かって言っているんだ。

『申命記』には当然ながら、捕虜以外の結婚についても書かれているよ。
娘を妻として与えたが「処女ではなかった」と言いがかりをつけられた場合。

娘の父母は彼女の「処女のしるし」のついた布を広げなければならない。

娘の夫は鞭打ちと罰金刑を科され、生涯彼女を離縁することはできない。

処女であることがそんなに大事なの?

汚れた過去も含めて愛しぬきなさいな。

この頃の道徳として、婚前の性行為は死刑に値する罪なんだ。

処女でないということは、犯罪行為だとも言えるね。

その、「処女のしるし」が示せなかったらどうなるのかしら。

もちろん女が死刑にされる。

石打ちの刑になるのさ。
不倫は死刑である。
当然ね!
(ミカちゃんと気が合いそうなんだけどなあ……)
町中で男が婚約者のいる娘と寝た場合、二人を殺さなければならない。

男は隣人の妻を辱め、女は助けを求めて叫ばなかったからである。


野原で男が婚約者のいる娘と寝た場合、男だけを殺さねばならない。

女が助けを求めて叫んだとしても、救う者がいなかったのだから。


男が婚約者のいない娘を捕まえて一緒に寝ているのを見つけられた場合、

男は娘の父に金を払い、その娘を妻とし、生涯離縁することはできない。

脅迫されたとしたら?

襲われた時に「抵抗できるはず」と考えるのは頭でっかちではなくって?

今の時代ですらそういう「抵抗できるはず」の判例は見かけるからね。
いずれにせよ女に自由恋愛は望めないというわけね。

男の場合は、強硬手段に訴えることもできたのに。

愛する人の心を慮らないなんて、ナンセンスですわ!
(ミカちゃん、やっぱり戻ってこないな……)
妻に恥ずべきことがあるのが分かり、気に入らなくなった場合。

離縁状を書いて彼女に手渡し、家を去らせる。

彼女が別の人の妻となり、また独り身となった場合。(離縁もしくは死別)

最初の夫は彼女を再び妻として迎えることはできない。

やけに細かいわね。

そもそも、嫌になった女を改めて娶ることなんてあるのかしら。

実際、そういうことがあったんだろうね。

そしてそれは相続に関する問題を孕んでいたんだと思う。

やだやだ。

結婚についての話なのに、愛はどこに行ったのよ。

妻を持つ兄弟が死んだ場合、男はその女を妻として迎えなければならない。

もし彼がそれを拒めば、女は長老たちの前で彼に唾をかけねばならない。

唾をかけられてなお、己の信念を貫く。

かくあるべしね。

TOP