天使と悪魔の聖書漫談

2.士師オトニエル

エピソードの総文字数=1,235文字

ヨシュアの死後、イスラエルの民を率いたのはカレブであった。

彼はユダ族の長で、かつてヨシュアと共にカナン偵察に赴いた者である。

カレブは言った。

「キルヤト・セフェルを占領したものにわたしの娘アクサを与える」と。

アクサ?

その言葉は「不確実」という意味ではなくって?

彼女を巡る話も短いながら象徴的だね。

キルヤト・セフェルは士師オトニエルが占領した。

だからアクサは彼の妻になった。

その際に父のカレブは娘のアクサにお祝いを贈るんだ。

ネゲブという土地を与えようとする。

するとアクサはさらなる要求をした。

土地をくれるのならため池もくれ、と。

土地だけやのうて池もよこせてか。

なかなかやるやないか。

実際のところ、土地だけもらっても困るのさ。

水が無ければ作物を育てられないからね。

カレブは上のため池と下のため池を娘に与えた。
おとんも娘にちゃんと池を与えたんやな。

ええ話やん。

そういうわけで、この場面は娘のためを思う父の愛情を描いている……

と言う風によく語られる。

でも、僕としては自ら考えて要求すべきを要求したアクサこそ褒めたいと思う。

土地に水が必要であることを知らなければ、ため池が欲しいとも思わなかったはずだ。

言われてみると確かにせやな。

なんも知らん箱入り娘やったら、土地もろて嬉しいで終わりそうやん。

ここからは勝手な解釈だけれど、だから「不確実」という言葉が重く響くんだ。

経済学では「不確実」に近い言葉として「リスク」が使われる。

ここで言う「リスク」とは、不毛な土地を手に入れてしまうということになる。

それは不良債権を掴まされてしまうようなもの。

だから少しでも優良債権になるよう「ヘッジ」をかけなければいけない。

その「ヘッジ」がため池なんだよ。

つまり、リスクヘッジということね。
イスラエルの民がバアルとアシェラに仕えた。

そのため神様は怒り、彼らをクシャン・リシュアタイムの手に渡した。

イスラエルの民はクシャン・リシュアタイムに8年間仕えた。

草!

崇めなさい。

なんやかや言うて嬉しそうやな。
悪魔の名前はサタンの方が有名なのに。

なかなか出てこないんだよね……。

サタニャエルくんは悔しそうやな。
僕はサタニャエルだよ?

まあ、色々混ざってて、自分でも自分がよく分からないんだけどさ。

ややこいことはさて置き。

イスラエルの民はまた圧制に敷かれたってことやな。

せっかくエジプトから逃げて来たっちゅうのに。

『ヨシュア記』の快進撃が嘘みたいだよね。

ようやく約束の地を征服したと思ったら、また支配される側に逆戻り。

イスラエルの民はたびたび苦境に立たされる。

そこで颯爽と登場するのが士師、すなわちショフェートたちなのさ。

イスラエルの子らが叫びをあげると、神様は一人の解放者を起こした。

士師オトニエルである。

彼はクシャン・リシュアタイムを倒し、40年の平和を保った。

また随分とあっさりした活躍ですこと。
そ、そうだね。

次回の士師エフドはもうちょっと丁寧に活躍が描写されてるから。

そうなの?

では楽しみにさせていただくわ。

TOP