天使と悪魔の聖書漫談

2.汚れた動物たち

エピソードの総文字数=1,219文字

汚れた動物か。

そういや、イスラム教徒は豚食べたらあかんのやっけ。

実はユダヤ教徒にとっても豚肉はタブーなのさ。

最近は「ハラール」という言葉も知られてきたよね。

これはイスラム教で「合法」ということなんだけれど。

ユダヤ教では似たような意味で「コーシェル」と言うんだ。

腹をすかせて飢え死にしそうやってのに。

これは食べたらあかんとか、拷問やろ。

汚れた動物については色んな理由が考えられる。

よく言われるのは、豚を食べると食中毒になりやすい、とかかな。

でもこれはあくまで推測でしかない。

当のユダヤ教徒の大半は受け入れていない説だね。

豚が異教の祭式に用いられたからっていう説の方が強いかも。

説得力はあると思うけどな。

それゆえにたちが悪い、ってこともあるかもしれん。

動物のうちで、ひづめが割れて完全に分かれているもの、そして反芻するもの。

それら全てをお前たちは食べることができる。

らくだは反芻するが、ひづめが割れていないから汚れた動物である。

岩タヌキ、野ウサギも反芻するが、ひづめが割れていないので汚れた動物である。

豚はひづめが割れているが、反芻しないので汚れた動物である。

お前たちはこれらの肉を食べたり、死骸に触れたりしてはいけない。

らくだって砂漠の非常食ってイメージあるんやけどなあ。
豚と違って、イスラム教徒はらくだを食べることが許されているんだ。

そうでなければ、広い砂漠を生き残ることは出来なかったろうね。

逆にそれ以外の地域では、らくだは育てるのに時間のかかる、効率の悪い動物だったんだ。
そういうのが理由で汚れた動物に分類したんかもな。

タヌキとかウサギとかはなんやろ。

世界中で狩って食べてる動物やのに。

よく分からないよね。

タヌキやウサギは実のところ反芻する生き物じゃない。

でも、ひづめが割れていない動物でもあるから、やっぱり汚れていることになる。

水に棲む生き物のうち、ひれとうろこのあるものは全て食べることができる。

水中に群がるすべてのもののうち、ひれとうろこのないものは忌むべきである。

「群がるすべてのもの」ってどういう意味なん?
「群れをなすもの」全てってことかな。

集団で移動する昆虫、魚、小動物のことらしい。

そんで「ひれとうろこのないもの」って具体的には?
貝とかエビとかかな。

コーシェルに従うと日本人の食生活に大打撃だろうね。

モーセはん、牡蠣にでも当たったんやろかな。

そんで「これは悪魔の食いもんや!」とか言うたんかもしれん。

美味しいよね。牡蠣。
鳥のうちで次のものは忌むべきもので、食べてはならない。

ハゲワシ、ハゲタカ、トビ、ハヤブサ……そしてコウモリ。

鳥については具体的な名前を出して「食べちゃダメ」って言うんだ。

その最後にコウモリが出てくるのは、当時は鳥の一種と思われていたってことだね。

虫は全て忌むべきものである。

ただし、蝗(いなご)は食べても良い。

やっぱ蝗(いなご)食うとるやんけ。
栄養価が高く、農作物の被害を食い止める、一石二鳥なのさ。

TOP