天使と悪魔の聖書漫談

6.禁断の愛と復讐

エピソードの総文字数=1,002文字

ダビデは人妻を奪ってその夫を死に追いやった。

イスラエル王国ではさらなるスキャンダルが続く。

ダビデとマアカの間に生まれた王女タマルとその弟アブサロム。

そしてダビデとアヒノアムの子、アムノン。

アムノンが異母妹であるタマルに恋をしたことから悲劇が始まるんだ。
悲劇の恋。

なんと好奇をかき立てる響きでしょう。

草どもはいつもそれで右往左往するの。

思い出しますわ、わたくしに懸想したアルヴァーレ様のことを。

アムノンは病と偽り、異母妹のタマルに看病させるよう父ダビデに言った。

そして看病に現れたタマルにアムノンが迫って言った。

「妹よ、わたしと寝ておくれ」

タマルは拒んで返事した。

「いけません、お兄さま。愚かな振る舞いはなさらないで」

しかしアムノンは力ずくでタマルを辱めた。

殺すしかないな。
はい、お姉さま。

お任せあれ。

蠅の王が出てきたら大ごとだから、やめてねビヨンデッタ。
まんまとタマルを手篭めにしたアムノンだけど、今度は無性に彼女が憎くなった。

愛憎は表裏一体と言うけれど、激しい気性の持ち主だったんだろうね。

とんでもない、じこちゅーやな。

こんなんが王子でイスラエルは大丈夫なんか?

どうかな。

でもその心配はきっと杞憂に終わるよ。

タマルの弟アブサロムは復讐を決意した。

酒宴を開き、アムノンが酔ったところを従者に殺させた。

ダビデは嘆き、アブサロムは逃走した。

なんや、さくっと死んでもうたんか。

ビヨンデッタの出番あらへんかったな。

ダビデはアムノンの所業も知っていた。

取り立ててアブサロムを罰しようとは思わなかったみたいだ。

ダビデの腹心ヨアブが計らって、アブサロムが帰ってこれるようにした。

アブサロムはエルサレムに戻り、息子三人と娘一人をもうけた。

その娘の名は、タマルと言う。
自分の娘に、姉の名を与えた、ということ?
なんでそんなことしたんやろ。
アブサロムの娘タマルについては記述がほとんど無い。

だから真相については知りようがないんだ。

たまたま同じ名前だった、という可能性もある。

けれどここでそう判断するのは人情として難しい。

これはアブサロムが愛した姉のタマルを忘れないため。

そういった理由から付けた名前なんじゃないか……。

『ユダヤ聖書季刊誌(Jewish Bible Quarterly)』

ウィリアム・ローゼンブラムという人の記事にはそんな風に書かれていたね。

悲しくも切ない話やったな。
そのアブサロムは謀反を起こす。
なんでやねん。

TOP