天使と悪魔の聖書漫談

6.ギブオンの降伏

エピソードの総文字数=870文字

イスラエル人の侵略を知り、周辺諸国の王たちは警戒を強めた。

ヘト人、アモリ人、カナン人、ヒビ人、エブス人の王たちは一致団結した。

そらそうやな。

こんだけご近所で好き勝手されとったら、誰かて警戒するわ。

むしろ、まだ力の付いとらん内に叩くべきやった。

まあ、結果論なんやけど。

小国がバラバラに存在している時代。

情報伝達も今とは比べ物にならないくらい遅かったろうね。

そんな中、彼らとは別の動きをする国があった。
ギブオンの民は遠い異国の民を装い、ヨシュアに接近した。

彼らはイスラエルの僕(しもべ)となることを誓い、ヨシュアはそれを受け入れた。

ギブオンは前回破壊されたアイの近くの町やな。

なんで遠い国の住人やなんて嘘言うたんやろ。

もし近くの住人と知れたら、イスラエル人に略奪されると恐れたのさ。

実際、聖書の中でイスラエル人たちは不服申し立てをしている。

ギブオンの民と契約を結んでしまったため、イスラエル人は彼らを攻撃しなかった。

しかしイスラエル人共同体は指導者たちに不平を言った。

略奪しとうてたまらんかったんやな。

血に飢えとるなあ。

主人は戦う戦士たちに褒美をやらなくちゃいけない。

でもお金も何も潤沢にあるわけじゃない。

だから褒美は、略奪品でまかなわれる。

古今東西どこでもそうさ。

日本でだって戦国時代に「乱妨取り」略して「乱取り」が行われている。

それ目当てに戦う奴もおるやろな。
そんなだから、ギブオンの策略は機先を制するものだった。

ヨシュアもイスラエルの民をなだめつつ、ギブオン人に文句を言う。

ギブオン人はカナン人でもありながら、イスラエル人と共存することになった。

これ自体は歴史的事実として、聖書ではそのいきさつを語っているのさ。

エルサレムの王、アドニ・ツェデクは4人の王たちに使いを送った。

彼らは結束し、ギブオンに向かって陣を敷いた。

地図で見てもエルサレムからギブオンは目と鼻の先。

早いうちに奪還なりせんと危険やと思たんやろな。

アドニ・ツェデクの「ツェデク」はエルサレム王の称号と言われている。

その名はウガリット神話におけるカナンの神ツェデクに由来する。

TOP