天使と悪魔の聖書漫談

1.ソロモン神殿(第一神殿)

エピソードの総文字数=1,128文字

神の命により、ソロモンは神殿を造ることになったという。

けれどその実在を示す証拠は何も無い。

神殿について語るのは聖書のみなんだ。

それはちょっと意外やな。

それこそ穴掘ったら色々出てくるんちゃうか?

日本の古墳と同じだよ。

そこには宗教的、政治的に敏感な部分が絡んでくる。

おいそれと穴を掘り返すことなんか出来ないのさ。

実は無かった、となればがっかりですものね。

ただ、無いことを確定させるのは「悪魔の証明」ですわ。

それが出来るとしたら、わたくしかサタニャエルくらいでしょう。
いやあ……

ちょっと、難しいにゃあ。

『A History of All Nations from the Earliest Times』

和訳すると、「古代諸国家の歴史」といったところかな。

1905年、アメリカの教育学者ジョン・ヘンリー・ライトによって書かれた本だよ。

上の方に「TEMPLE」とあるね。

日本人はこれをお寺と訳しがちだけど、これが神殿のことさ。

ソロモン神殿は英語でSolomon's Templeとなる。

そしてこちらが設計図。

GNU Free Documentation Licenseによって無断複製が認められている。

とても有り難い図面だよ。

設計図下の一番左にある「Holy of Holies」ってのは何のことや?
日本語では至聖所というね。

神殿一番奥の部屋のことで、特に神聖な場所だ。

窓は無く、神の住む場所と考えられた。

右にある変な輪は何かしら?

Brazen Seaと書かれていましてよ。

Brazen SeaまたはMolten Seaという。

日本語では鋳物の「海」と呼ぶね。

この「海」は祭司が身を清めるための場所なんだ。

水溜めに使うんやな。

掃除の時とかめっちゃ大変そうやけど。

画像は1906年にアメリカで発行された「ユダヤ百科事典」のものだよ。

東西南北を3頭ずつ牛が外向きに並んで、その上にあるのが「海」だ。

そしてその周囲に洗盤(せんばん)が置かれていて、そこで捧げ物をすすぐのさ。
神殿が完成した後、祭司たちは神の櫃を至聖所へと運び入れた。

櫃の中にはモーセが入れた2枚の板以外は何も無い。

ラッパの吹奏者と歌唱者は一致して主を賛美し、褒め称えた。

かくして神殿は完成した。

神はソロモンの前に現れ、常に自分だけを信じるように念押しする。

仮にそうしなかったら、人々は土地を追われ、神殿も荒れ果てると言ってね。

実際にそうなった過去を知るうちらとしては、なんとも言えん忠告やな。

『歴代誌』を書いた人ら、読んだ人らはどんな気持ちやったんやろ。

見方によっては『歴代誌』は歴史の改ざんに近いかもしれん。

せやけどうちは、筆者の祈りのようなもんを感じてまう。

今はすでに破壊された神殿への思いも込めてな。

TOP