天使と悪魔の聖書漫談

1.旅を振り返って

エピソードの総文字数=1,050文字

あれ。

ミカちゃん、またどっか行っちゃったな。

と言うことはひょっとして……。
あら。また会ったわね、サタニャエル。
ビヨンデッタ。

ミカエルには会えたのかい?

それがどこにも見当たらないのよね。

お姉さまったら、いったいどこに行かれてしまったのかしら。

ところでサタニャエルはずっと何をしているの?

あの草どもを眺めて何か楽しい?

そうだね。

なかなか興味深いもんだよ、人間って。

そうなの?

そこの爺さんなんか、今にも死にそうだけど。

そんなののどこが興味深いのかしら。

今この瞬間だけで彼らを見ても仕方ないさ。

流れの中でもがき苦しむ様こそ見所だよ。

あらそう?

なら、サタニャエルの言葉に従って、少し付き合ってあげましょう。

……。
(ま、いいか。)
モーセは神様に命じられたことを全てイスラエルの子らに告げた。

アモリ人の山地、近隣の土地すなわちアラバ、シェフラ、ネゲブ、海辺……

カナン人の地、レバノン山、そしてユーフラテス川まで。

これはアブラハム、イサク、ヤコブとその子孫らに与える土地であると。

何よ。この草ども、神に祝福されているの?

それでいてこんなぼろぼろなんだから、救いようもないわね。

救われるまでは誰だってぼろぼろさ。
まずばらばらだったイスラエルの民をまとめるため、組織作りに着手した。

裁き手、つまり各単位における責任者を任命したのだ。

そして敵を知るため、ヨシュアを含む偵察者を派遣した。

草がどれほど集まろうとも、何をしようとも、所詮は草。
このビヨンデッタ様に勝てるとお思い?
別に彼らもビヨンデッタと戦いたいとは思わないだろうね。

(敵だとは見なしているだろうけど)

イスラエルの民は神様を疑い、不平を言った。

それゆえに罰が下された。

アモリ人との戦における敗北がそれである。

罰って何よ。

ただの戦争でしょ?

弱いから負けた。

それだけのことでしょう!

勝つのは神様のおかげ、負けるのは神様に逆らった自分たちのせい。

まあ、ある意味で潔いかな。

私たちは紅海の道を通り、荒れ野に来た。

荒れ野には様々な部族が暮らしており、争いを避けて進んだ。

神様は言った。

「アモリ人シホンとその土地をあなたの手に渡した」

「占領し始めよ。彼に戦いを挑め」

侵略! 侵略!
いい不謹慎っぷりだね。
だって悪魔なのよ?

当たり前でしょう。

イスラエルの民はシホンの民を滅ぼし尽くした。

家畜と略奪品は戦利品とした。

また、バシャンにあるオグの王国でも同じようにした。

この草ども、意外にやるわね。

見直したわ。

これはダイジェストだからね。

本当はもっと長い道のりで、苦難の連続だったよ。

TOP