天使と悪魔の聖書漫談

7.ギデオンの罪

エピソードの総文字数=724文字

ギデオンはヨルダン川を越え、ミディアン人を追撃した。

ミディアンの二人の王、ゼバとツァルムナはカルコルにいた。

10万を超える軍勢はすでに1万5千ほどに減っていた。

しかし彼らはなお油断し、ギデオン300人の部隊に打ち破られた。

ギデオン強すぎやしませんかねえ。
もしくは、ミディアン人弱すぎ、ですわね。

9割も兵を減らされてなお油断するだなんて。

ギデオンはゼバとツァルムナを殺した。

そして彼らのらくだの首に掛けてあった三日月形の飾りを取った。

ミディアン人の信仰については定かじゃない。

けれどきっとこの三日月形の飾りがヒントになると思う。

豊穣の神バアルと共に崇拝された女神アシュトレト。

三日月は彼女の象徴とされるんだ。

そんなら、この頭の飾りが三日月っちゅうことか?
いや、これは牛の角だとされている。

牛の角もまた彼女の象徴なんだ。

イスラエル人はギデオンに王となることを求めたが、彼はこれを固辞した。

ギデオンは分捕り品の金細工を集めてエフォドを作った。

エフォドって何ですの?
仏教の僧侶が着る袈裟みたいなものかな。

ユダヤ教大祭司が身に付けるものだよ。

ギデオンはエフォドを自分の町オフラに置いた。

全イスラエルはそれを慕ってそこで姦淫を行った。

いや、意味分からへんのやけど。
自由にさえなってしまえば、厳しい宗教なんか無視してしまえ。

人というのは、そうそう自分を律し続けることは出来ないのさ。

ギデオン自身、大勢の妻を持って70人もの息子を得たと言う。
イスラエルの子らはまたバアルを慕って姦淫を行う。

そして主を心に留めず、ギデオン家族への誠意も示すことはなかった。

何度捨てようとも、何度でも受け入れましょう。
わたくし、バアル・ゼブルは慈悲深いのです。

どこぞの神とは違ってね!

TOP