天使と悪魔の聖書漫談

4.ツォバ王ハダドエゼル

エピソードの総文字数=1,013文字

エルサレムを都市とした後、ダビデは様々な人と出会う。

ダビデに助言をする預言者ナタンとか。

ヨナタンの子メフィボシェドとかね。

そして戦いも続く。

その代表格がツォバの王ハダドエゼルだ。

ツォバはアラム人の国。

現在のレバノン南部に位置する。

対するイスラエルは南から勢力を伸ばしてきましたわ。

衝突するのは必定でありました。

ダビデは勢いに乗っとるからな。

けっこううまいこと戦ったんとちゃうか?

ダビデはペリシテ人を討ち、メテグ・アンマを奪った。

アラム人、ツォバの王ハダドエゼルはユーフラテス川流域の支配権を確立しつつあった。

ダビデはハダドエゼルと戦い、これに勝利した。

また、同じくアラム人の住むダマスカスからも援軍があったが、ダビデはこれも退けた。

連戦連勝。

少年の頃から戦い続けたダビデは、向かうところ敵無しだった。

ペリシテ人、アラム人、エドム人の近隣諸国と戦い、常に勝利する。
アモン人の王が代替わりし、ハヌンが王となった。

ダビデは弔問の使節を送ったが、彼らはスパイと疑って追い返した。

その際に髭を半分そり落とし、服を尻のところまで半分切り取るという辱めを与えた。

髭を半分切られたって……。

それがどうしたというのかしら。

服だって半分残してもらえたのだから、ありがたく思いなさい。
『レビ記』に「もみあげ」と「髭の両端」を切り落としてはいけないと書いてある。

髭を切るという行為は、相手の信仰を傷つける行為になるのさ。

アモン人たちはアラム人たちの援軍を得て陣を敷いた。

ダビデはヨアブを派遣し、これに対抗した。

ヨアブは前後挟み撃ちにされていることに気付いたが、精鋭によって撃破した。

相手の作戦とかどうでもようなるくらいに強いな。
ひょっとしたら何かの策で対抗したのかもしれないけどね。

ヨアブはアブネル殺しの件は置きつつ、歴戦の勇士だ。

ツォバの王ハダドエゼルは総司令官ショバクを先頭に援軍を送った。

これにはダビデ自身がイスラエル全軍をもって応戦した。

総司令官ショバクは戦死。

敗走したアラム人はアモン人への助勢を断念した。

この戦争の後、ダビデはアモン人の住む水の町ラバを攻略した。

そしてアモン人全ての町でアモン人をレンガ造りなどの労働に使役する。

これによりアモン人との戦争は終結した、と聖書には書かれている。
王に従うのは、戦争に勝利してこそ。

ダビデはまさにイスラエルの王に相応しかったわけやな。

強い者がその強さを自由に振るう。

なんと素晴らしいことでしょう。

TOP