天使と悪魔の聖書漫談

11.ヨセフの「ざまぁ」展開

エピソードの総文字数=1,269文字

サタニャエルくん。

「ざまぁ」ってなんや?

「様を見ろ(ざまぁみろ)」のことだね。

自分にいやな事をしてきた相手をこらしめて、スカッとする様子のことだよ。

なるほど。

ほんなら、ヨセフにとって復讐したい相手は……

痴漢冤罪ふっかけてきよったおばはんやな。
いや、そっちはたぶんもうどうでもいいんだと思うよ。

それよりももっと人生において大きな問題があったよね。

分かっとる、分かっとる、冗談やがな。

自分を売り払った兄弟たちやろ。

そうだね。その兄弟たちとヨセフが再会を果たすんだ。
豊作の七年間でヨセフは食料を蓄えた。

そして飢饉の七年間が始まり、世界中の人々が買い付けのためにエジプトを訪れた。

その中にはかつてヨセフを売った兄たちの姿もあった。

飢饉で食べ物が無くなったから、それを買いに来たってことか。

しかし兄弟たちもまさか、買いに行ったところの宰相が自分たちの弟とは思わんやろ。

ヨセフは彼らに気付くんだけれど、兄たちは気付かなかった。

そこでヨセフは彼らに言いがかりを付け始めるんだ。

お前ら、スパイやろ!
仕返しタイムのスタートやな。

ほな、続き見てみよか。

兄弟の一人シメオンを人質とし、ヨセフは彼らをカナンの地に帰した。

ヨセフは彼らに末の弟、ベニヤミンを連れて来いと告げた。

ベニヤミンはヨセフにとって実の弟である。

兄弟たちはカナンの地に帰り父ヤコブにそのことを伝えた。

父ヤコブは受け入れがたいと思ったが、兄弟の一人ルベンの説得により了承した。

父イスラエル(ヤコブのこと)は兄弟たちに、贈り物と相場の倍の銀を用意するよう伝えた。

兄弟たちが再びヨセフに会うと、ヨセフは父イスラエルの安否を聞いた。

そして弟のベニヤミンを見て感極まった。

奥の部屋に一度退いて涙を流した。

離れ離れになっても、父親や弟のことは大事に思っててんな。
ええ話やー。
同時に他の兄弟たちへの憎しみも消えてはいないようだね。

この後、皆で食事をするのだけれど、ベニヤミンの袋に銀の杯をこっそり入れるんだよ。

可愛い弟へのプレゼントやな。
残念だけどそうじゃない。

これはヨセフの罠だった。

後から盗みを問い詰めて、犯人を奴隷として引っ張るためのね。

大事な弟を手元に置いておくためか。

なかなかの策士やないか。

ベニヤミンが奴隷にされそうになり、ユダが訴えた。

「申し開きできないことだ。自分たちも奴隷にしてほしい」と。

しかしベニヤミンだけを手元に置きたいヨセフは不要だと突っぱねた。

ユダは父イスラエルの悲しみについて滔々と語り、自らが身代わりになると願った。

ヨセフは耐え切れず、ついに己が弟のヨセフであることを明かした。

ここで正体を明かすんやな。

ユダは例のオナンくんの父親やけど、子を失う苦しさを知って思うところもあったんやろ。

そういう本気の訴えだったから、ヨセフの心を動かしたのかもね。

この後ヨセフは兄弟たちとも和解して、エジプトで皆を養うことにしたんだ。

その中には父イスラエルも含まれているよ。

大団円か。

良かったなあ。

この時点ではまだ、ね。

でもこの大飢饉は次の『出エジプト記』に繋がる、大きな問題を孕んでいたんだ。

TOP