天使と悪魔の聖書漫談

13.組織改革

エピソードの総文字数=821文字

アマレク人が来て、イスラエルの民と戦った。

ヨシュアはモーセの命に従い、アマレクと戦った。

モーセが手をあげるとイスラエルが優勢に、

モーセが手をさげるとアマレクが優勢になった。

アロンとフルがモーセの手を支え、ヨシュアが勝利した。

なんか急に戦い始めたけど、なんやこいつら。

アマレク?

彼らアマレク人はエサウの子孫だよ。

覚えているかい、ヤコブの兄さ。

ああ、あの!

長子の権利を奪われて、父親の祝福を詐取されて。

あげくに許そうとしたら、とんずらされた、エサウか!

アマレク人はイスラエルの仇敵として登場するんだ。

過去の因縁ってやつだね。

お兄ちゃんの恨みは子々孫々に伝わる……。
そんで、戦ってるやつはモーセやのうてヨシュアか。

これは誰なんやろか。

ヨシュアは今後の超重要人物なんだ。

後の『ヨシュア記』の主人公でもある。

ヨシュアという名前は「主は救う」の意味で、ギリシア語で「イエス」になる。

「イエス」か。

それはそれは……。

モーセは舅(しゅうと:妻の父)であるエトロと再会した。

モーセの話を聞いたエトロは神様への信仰をあつくした。

神様に生贄を捧げ、アロン、イスラエルの長老皆集まり、

神様の前で共に食事をした。

実家に顔出すんは大事やな。
モーセは神の教えにばかり従ってきたけれど、舅も学ぶべき“父”と言えるだろうね。

それを示すのが次の場面。

モーセは民を裁くために朝から晩まで座って民の相手をした。

それを見たエトロは非効率だと指摘した。

そして以下のように助言した。

有能で誠実な人々を選び、隊長として民の上に立たせなさい。

大きな事件はモーセ自身が裁き、小さな事件は彼らに任せて分担なさい。

要するに、今までは全部モーセがやっとったけど、いい加減回し切れんくなったってことやな。

役所とか裁判所とかの仕事を全部一人でやっとったら日が暮れるわ。

ここで、千人隊長、百人隊長、五十人隊長、十人隊長、

という感じに組織作りをしたんだ。

まだ土地は無いけれど、いよいよ国づくりが始まったのさ。

TOP