天使と悪魔の聖書漫談

3.バフォメット

エピソードの総文字数=1,104文字

ソロモンの子レハブアムの治世において、イスラエルは南北に分裂した。

『列王記』ではソロモンのせいという書き方だったね。

『歴代誌』ではレハブアムが圧政を敷いたためとただ書かれている。

『列王記』読んでてもそれは分かるけどな。

『歴代誌』やとそこにソロモンが全く絡んでへんってことやな。

王国の分裂後、イスラエルじゅうの祭司とレビ人はレハブアムのもとに来た。

北のイスラエル王国において主の祭司としての務めが果たせなかったからである。

イスラエル王ヤロブアムは、雄山羊の姿をした魔神に仕えた。

なんだかやけに新しいデザインの銅像ではなくって?

バフォメットであることは分かりますけれど。

この銅像がお披露目されたのは2018年のことだからね。

場所はアメリカのアーカンソー州会議事堂前だ。

州会議事堂前て……。

ええんか、こんなん。

アメリカ人はビーフがお好きなのでしょう?

ならば山羊ではなく牛を拝めばよろしいのに。

そういう問題ではないけどね。

当たり前っちゃ当たり前だけど、直前には抗議活動も行われている。

サタンに権利は無し!(Satan has NO rights!)

その通りですわね。

草どもが弱い自分たちを守るためにこしらえた「権利」など悪魔には不要ですわ。

この像を建てたのは悪魔神殿(The Satanic Temple)を名乗る組織だ。

彼らが掲げるのは「多様性」であって、必ずしも悪魔崇拝ではない。

彼らが嫌うのは特定宗教と政治の癒着さ。

宗教家たちの欺瞞を暴くことと、信仰の自由こそを大事としている。

だから信じる神があろうとなかろうと、参加するのは自由なんだ。

意外にちゃんと考えて活動しとるんやな。

てっきり何かの悪ふざけかと思うたわ。

話を戻すと、イスラエルは主ではなく、雄山羊の魔神を崇め始めた。

これはアメリカの例と違って、宗教の多様性とかじゃない。

だから主の祭司はそこから離れてユダ王国に集まってきたんだ。

エジプトの王シシャクがユダ王国に攻め上ってきた。

ソロモン神殿の金の盾は奪われてしまった。

レハブアムは代わりに青銅の盾を造り、護衛隊の隊長たちに託した。

レハブアムが主にへりくだったことで、ユダ王国は全滅を免れた。

しかしレハブアムは悪を行った。

主を心から求めようとしなかったのだ。

うなるほど金があったんに、青銅で造りなおしか。

悲しいなあ。

しかし少々『列王記』とはニュアンスが異なっていますわね。

『列王記』ではアシェラ像を建てていましたが、その様子がありませんわ。

『歴代誌』でレハブアムは律法を捨てて主を求めなかった。

とは言え、積極的に他の神々を拝んだとも書かれていない。

ソロモンほどではないけれど、ここにも著者の意図が見えるね。

TOP