天使と悪魔の聖書漫談

2.ハゲの怒り

エピソードの総文字数=1,086文字

さあ、みなさんお待ちかね。

ハゲの話だよ。

いやいや、誰がハゲの話なんか待ちかねるんや?
需要はそれなりにあるよ?
ともあれ、預言者の話に戻ろうか。

偉大なる預言者エリヤは後継者を選び、自身は天に上げられた。

その後継者の名をエリシャと言う。

預言者エリシャはエリコの町にたどり着いた。

そこは水が悪く、流産が多いので人々は苦しんでいた。

エリシャは水源に塩を投げ、主の力により水を浄化した。

エリシャはそこからベテルに上っていった。

そこに少年たちが町から出てきて、彼をあざけって言った。

「上って行け、はげ頭、上って行け、はげ頭」

エリシャは彼らをにらみつけ、主の名によって彼らを呪った。

二頭の雌熊が森から現れ、子供らの内42人を引き裂いた。
何しとんねん。
さすが、ハゲは容赦ない!
いやいや、それはさすがに怒られるで。

いくらハゲが寛容や言うても限度があるからな。

この場面は聖書を読んだこと無い人もけっこう知っているね。

全体的に見ても無茶苦茶な展開というので有名なんだ。

確かに、めちゃくちゃインパクトあるしな。

せやけど、この話はいったい何なんや。

雌熊は凶暴だから気をつけろ、ということかしら?
ユダヤの伝統的な解釈はいくつかある。

中世フランスで有名なユダヤ人の学者ラシ。

彼は「少年」とは「不道徳な人」を意味していたのではないかと考えた。

不道徳?

何がやろ。

エリコは水の状態が悪い町だった。

だとすれば町人たちはどのようにして飲み水を確保したか。

そこに高く売りつける水のカルテルがあったのではないかという。

少年たちというのは、そのカルテルを仕切るギャングみたいなものなんだ。

エリシャが水を浄化してしまったせいで、せっかくの稼ぎ口が文字通り水の泡。
そういうことだね。

さらに「上って行け」という言葉は、この世から追い出すという風にも取れる。

要はこの場面はギャングが来て「ぶっ殺すぞ、はげ!」というところというわけ。

「はげ」は比喩ちゃうんやな。
そうではなく、やはりエリシャの行為はやりすぎたという解釈もある。

そしてそれゆえにエリシャは主に罰を与えられてしまう。

さらに別の解釈では、これをある種の寓話と見ている。

「少年たち」は何かの犯罪者で、町から追い出されたのではないかってね。

聖書は荒唐無稽な話が多いけど、まあ「そういうもんか」て思える。

せやけど、これは「いくらなんでもありえへん」みたいになるからな。

あれこれ解釈が出るのも、なんとか説明せなあかんっちゅう気持ちの表れやろな。
難しく考えすぎですわ。

はげを馬鹿にしてはいけない、雌熊を怒らせてはいけない。

これが神の教えでは?

案外、そんなところに真実があるかもね。

TOP