天使と悪魔の聖書漫談

6.テル・ダン石碑

エピソードの総文字数=1,082文字

おっ。

また石碑やな。

現在、エルサレムのイスラエル博物館に所蔵されている遺物だね。

材質は玄武岩で、書かれているのはフェニキア文字の古代アラム語だ。

具体的に何が書かれてありますの?
イスラエルとユダの王を殺したということが書かれている。

イスラエル王はアハブの子で、アハズヤの弟ヨラム。

ユダ王はヨシャファトの子ヨラム、そのヨラムの子アハズヤが王となっていた。

んん……!?

ヨラムとかアハズヤとか、同じ名前多すぎちゃう?

名前が同じなのは、振る舞いの同一性を表している。

ルシアン・ギレス・ベンギギという20世紀イスラエルの学者はそう考えたらしい。

あと、教文館の『旧約新約聖書大事典』

そこにはヨラムは同一人物と言った学者がいた、と書かれているらしい。

とりあえず、ややこしいっちゅうことは分かった。

気にせず先に進もか。

うちらは別に、学校の試験勉強しとるわけちゃうからな。
エリシャの指示を受け、ある若い預言者はイエフのもとに来た。

イエフは軍の司令官である。

その預言者はイエフの頭に油を注ぎ、次のイスラエル王に選ばれたと告げた。

そしてアハブの家を滅ぼし、イゼベルは犬に食われると言った。

神に選ばれしイエフはイスラエル王ヨラムを殺す。

そしてたまたまヨラムを見舞いに来ていたユダ王アハズヤも殺した。

一国の王を殺す下克上は数あれど。

まさか二国の王を一度に殺して王になるとは。

なんと剛毅な。
そんで、聖書の話が、テル・ダン石碑にも書いてあったってことか。
ここから少しややこしくなる。

テル・ダン石碑を解読すると、「私が」イスラエルとユダの王を殺したと書かれている。

ちゅうことは、テル・ダン石碑を書かせたんはイエフか?
イエフが作らせた、という学者もいるけれど少数派さ。

多数派はアラム・ダマスカスの王、ハザエルが作らせたと考えているね。

だから、テル・ダン石碑ではハザエルが二人の王を殺したということになる。

とすれば、イエフが殺したというのは間違いだったと?
そうでもない。

この矛盾するかのような資料の整合性を保つ方法が一つだけある。

1965年生まれのアメリカ人聖書学者、ウィリアム・シュニイードウィンド。

彼はイエフはハザエルの放った刺客だったという説を唱えている。

なるほど。

そんなら筋が通るわ。

ハザエルは人を使って二人の王を殺したっちゅうことやな。

そないすると、預言者がハザエルの使いか?
憶測に憶測を重ねすぎているかもしれないね。

エリシャはこの件に関わらず、聖書の創作という可能性だってある。

深入りを避けて、イエフがイスラエル王になったという理解にとどめよう。
サタニャエルくん。

うちらはとっくに沼の底や。

TOP