天使と悪魔の聖書漫談

2.斥候と娼婦

エピソードの総文字数=916文字

ヨシュアはシティムから二人の斥候を遣わした。

エリコという町を探るためである。

エリコはとても古い町で、紀元前7000~8000年にも遡る。

世界最古の町、と呼ばれることもあるんだよ。

エリコという名前は元々、「良い香り」や「月」という意味なんだ。

そしてその名はカナン人の月の神ヤリク(Yarikh)に由来する。

そういうわけで、エリコは「月の町」とも呼ばれる。

斥候は出発し、ラハブという名の娼婦の家に泊まった。
……。
ええんか?
褒められた行為ではないかもね。
ただ、このラハブという娼婦もなかなか面白いキャラクターでね。

なんと新約聖書『マタイによる福音書』にイエスの系図として登場する。

彼女はユダ族のサルモンと結婚し、ボアズを産んだとされている。

かなりの重要人物なんやな。

でもそんな重要人物が娼婦ってのも不思議やで。

宗教的に褒められた仕事ではないからね。
けれどラハブの名は4つある最も美しい女性名の一つ、とされてもいるんだ。

あくまでミドラーシュという聖書解釈文学の中での話なんだけどね。

ちなみに他の3つは、サラー、アビゲイル、エステルだよ。

ミカは含まれてへんのか。

残念やな。

ある者がエリコの王に告げて言った。

「イスラエル人の何ものかが侵入しました」

さっそくばれとるやないか。

女にうつつをぬかした罰やで。

けれどここでラハブが二人をかくまうんだ。

見逃す代わりに、自分を含めた家族を殺さないでほしいと願う。

娼婦で、しかも裏切り者?
それゆえかは知らないけれど、一部の学者は娼婦じゃないと言う。

色んな面で謎多き女性なのさ。

ラハブは二人を窓から綱でつり下ろした。

イスラエル人が攻めかからない目印として、窓に赤い紐を結ぶ約束をした。

それゆえに後世の娼館では赤い看板を窓に取り付けるようになった。

日本でかつて公認で売春が行われていた地域を俗に「赤線」と言うだろう?

警察が地図で赤い線を引いたからと言われているけれど、英語のRed-light districtが語源という説もある。

英語由来であれば、まさにこの聖書が由来とも言えるわけだ。

何気ない日常の言葉が遠くはなれた古代に繋がる。

そう思うとなかなかええんちゃうか?

「赤線」が日常の言葉かどうかは置いといてね。

TOP