天使と悪魔の聖書漫談

2.ソロモンの大岡裁き

エピソードの総文字数=1,124文字

着物を着たソロモン?

なんやこの妙ちきりんなタイトルは。

これはアメリカ陸軍士官のI.G.エドモンドが1956年に書いた話の表紙だよ。

吉川英治の小説『大岡越前』で有名な、大岡忠相(ただすけ)についての本なんだ。

出版元は星条旗新聞(Stars & Stripes)。

アメリカ国防総省内で編集され、主にアメリカ軍に関する記事を載せている新聞だよ。

その大岡なんとやらが、ソロモンとどう関わりますの?
「大岡裁き」という有名な物語がある。

様々な問題を上手に解決していく話だよ。

中でも子供を取り合う二人の母親の話が有名だね。

ある子供の母であると名乗る二人の女がいた。

両者一歩も譲らずに言い争う。

そこで町奉行の大岡忠相は子供で綱引きをするよう提案したんだ。

最後まで子供の手を握っていた方が真の母親だと言ってね。

ええんか、そんなことして。

子供ちぎれてまうで。

ミカちゃんが心配するよう、子供は痛くて泣き叫ぶ。

それを見た一方の女が慌てて手を離すんだ。

決着つきましたわ。

最後まで手を掴んでいた女が真の母親ね。

……とはならない。

大岡忠相は泣き叫ぶ子供を憐れに思う心こそ母親の情だと考えた。

だからこの場合、手を離した方の女こそが真の母親なのさ。

あら、つまらない。

勝負のルールを途中で変えてしまうなんて。

いや、これは勝負じゃなくて裁判だからね。

そこを履き違えてはいけない。

この「大岡裁き」の源流が、ソロモンの物語ではないか。

法学者の尾佐竹猛(おさたけ たけき)、文学評論家の木村毅(きむら き)

この辺の人たちが、詳細は異なれど提唱したんだ。

上述の着物を着たソロモンもそういう流れから来たんだろうね。
そして問題の場面を描いた絵がこれだよ。

ピーテル・パウル・ルーベンスによる作品だね。

赤ん坊がひっくり返されとるな。

何してんねん、こいつら。

赤ん坊を真っ二つに切り裂こうとしているところだよ。
……。
二人の娼婦が、赤ん坊は自分の子であると主張し譲らなかった。

一方の子は死んでしまったが、二人は同室にいたため混乱を招いたのだ。

そこで王は剣を持って来させ、「半分に切って二人に与えよ」と命じた。

子の母親は「赤ん坊をその人にやって、殺さないで」と願った。

もう一方の女は「切り分けて、誰のものにもしないで」と言った。

王は先に「殺さないで」と願った女こそ真の母親であると裁いた。

自分のものにならないなら壊してしまいたい。

もしくは、最初から殺すつもりだったのかしら。

いと、あさましき人の業よ。
これにより、イスラエルの人々はソロモンを知恵者とみなすようになった。

神の知恵がソロモン王のうちにあると信じたんだ。

なるほどなあ。

ちゅうことはあれやな。

大岡忠相もソロモン並みに賢いっちゅうことやろ。

かくあれかし。

TOP