8.聖山事件

エピソード文字数 1,426文字

ちょっと時間を巻き戻して、共和制ローマのとある昔話をしよう。

紀元前500年くらいの頃、アグリッパ・メネニウス・ラナトゥスという政治家がいた。

当時のローマには、パトリキとプレブスという階級が存在していた。

一般的にパトリキは「貴族」、プレブスは「平民」と訳される。

ただその源流は定かではなく、共和制ローマ後期には両者の区別は曖昧になる。

力を持ったプレブスとパトレスが融合し、ノビレスという階級が生まれたりしてね。

ノビレス(Nobiles)は英語のノビリティ(貴族)に通じますわ。

フランス語の「ノブレス・オブリージュ」などもよく聞く言葉でしてよ。

このパトリキとプレブスの間に、どうも諍いがあったらしい。

パトリキに対して不満を持ったプレブスたちが、平民のみの国家を作ると宣言したんだ。

これを「聖山事件」「プレブスの反乱」と呼ぶ。

個人的にはどっちの日本語訳も分かりにくいし、誤解を招きやすい。

「第一次プレブス離脱運動」とでもした方がいいんじゃないかな。

英語だと「First secessio plebis」となっているよ。

自分らだけの国か。

日本で言うところの山城国一揆みたいなもんかな。

あれは8年間も自治を維持できたすごい一揆やってんで。

聖山事件はそこまで過激じゃないさ。

彼らはモンテ・サクロ(聖山)に立てこもったけど、最後は話し合いで決着している。

その交渉の主役が最初に言ったアグリッパ・メネニウス・ラナトゥス。

彼の活躍はおよそ500年後の歴史家、ティトゥス・リウィウスに書かれている。

500年も経っていては、もはや信ぴょう性は期待できないのでは?
事実かどうかを疑う学者もいるね。

ともあれ、ここではリウィウスによる、ラナトゥスの活躍を見よう。

彼は分離独立を求めるプレブスに説得を試みた。

その説得の内容は次のような感じだ。

・社会を人体に喩える。

・パトリキは腹であり、プレブスはその他の部位である。

・その他の部位は腹を「食べるだけで何もしない」とみなした。

・そして食べるのをやめたが、すぐにその他の部位は飢餓状態で機能しなくなった。

・腹は単に「食べるだけ」ではなく、血を全身に送る重要な働きをしている。

つまり、パトリキはパトリキで働いているんだってことさ。

その役割を無視して勝手に国を作ってもうまくいかないぞってことかな。

少々詭弁めいて聞こえますが……。

草どもは自分の知らない仕事を過小評価しがちですものね。

「〇〇は役に立たない」「〇〇は仕事をしていない」とか。

聖山事件もそうした不満がベースにあると思えば理解しやすくなりますわ。

まあ、よう分かる話やで。

そんで、これは聖書に何か関係する話なんか?

パウロがこの寓話を知っていて、それを自分なりに使ったのではないか……。

という説があるのさ。

『コリントの人々への第一の手紙』第12章18-21節

ですから、神はお望みのままに、体に一つひとつの部分を備えてくださったのです。

もし、全部が一つの部分であったら、体はどこにあるのでしょうか。

ところが実際、部分はたくさんあっても、体は一つなのです。

目が手に向かって、「お前はいらない」とは言えず、

あるいはまた、頭が足に向かって、「お前たちはいらない」とも言えません。

確かに似た表現ですわね。

影響を受けたと言えなくもない、といったところかしら。

そしてこの喩えを通じて教会の秩序維持をすすめた。

ラナトゥスが喩えで国の秩序を保とうとしたようにね。

様々な役割は、どれも大事だと言うわけだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

【ミカ】(性別:無性 時々 男性)

神様の命令で人々を見守ることになった大天使ミカエル。サタニャエルくんに色々教えてもらう生徒役。ただ何も知らないお馬鹿ではなく、それなりに常識人。特に戦争に関することはなかなか詳しい。無意味な殺戮は嫌うが、戦争そのものは悪と見做さない。ビヨンデッタの作った「ケーキ」にトラウマがある。


(うんちく)

その名は「神に似たるものは誰か」という意味を持つ。ミカエルはMa-Ha-Elと分解され、「偉大なる神」の意味ともされる。天軍の総帥であり、右手に剣を持った姿で描かれる。


聖書において天使の翼に関する記述は無い。その造形はギリシア神話における勝利の女神ニケ(Nike)が由来であると考えられている。


ミカエル、最大の見せ場は新約聖書『ヨハネの黙示録』12である。そこには以下のような記載がある。

「かくて天に戰爭おこれり、ミカエル及びその使たち龍とたたかふ。龍もその使たちも之と戰ひしが、勝つこと能はず、天には、はや其の居る所なかりき。かの大なる龍、すなわち惡魔と呼ばれ、サタンと呼ばれたる全世界をまどはす古き蛇は落され、地に落され、その使たちも共に落されたり。」

おそらくは翼の生えた勝利の女神と、戦争における戦士の姿とが融合され、現代におけるミカエルのイメージを形作ったのであろう。

【サタニャエル】(性別:???)

ミカちゃん一人だと心配なので付いて来た。色んなことに詳しい黒猫。「サタニャエル」を名乗っているが、悪魔サタナエルと同一視されるかは謎。ビヨンデッタから「サマエル」と呼ばれてもおり、そうであれば楽園でイヴを誘惑した蛇であるとも言える。非常に好奇心旺盛で勉強熱心。たまに悪魔っぽいが、基本的には常識的。


(うんちく)

「猫に九生有り」のことわざは、高いところから落ちてもうまく着地してしぶとく生き残る、タフさから来ていると考えられる。何故「九生」なのかは定説は無いが、エジプト神話の猫頭の女神バステトが九つの魂を持っていたことに由来するのではないか、と言われる。そのようにしぶとい猫を殺すには「好奇心」が効果的であるとことわざは言う(「好奇心は猫を殺す」)。つまり人に知恵を与えたサマエルが、その罪によって神の罰を受けることの暗示として、サタニャエルというキャラクタは造られている。


サマエルは「神の悪意」という意味を持つ。12枚の翼を持つことから、堕天使ルシファーとも同一視される。

【ビヨンデッタ】(性別:男性 or 女性)

ミカを「お姉さま」と慕う悪魔の少女。その正体はソロモン72柱序列第1位ともされる魔王ベルゼブブ。ニーチェを好み、強き者が強くある世界こそが最も美しいと考えている。人間を「草」と呼び、その愚鈍さを嘲笑する。


(うんちく)

作中にあるように、ベルゼブブの由来はウガリット神話における豊穣の神バアル・ゼブル。バアルの信仰は旧約聖書において偶像崇拝として忌み嫌われ、度々敵対した。バアル・ゼブルをバアル・ゼブブと読み替えることで、その意味を「気高き主」から「蠅の王」へと貶めた。


「ビヨンデッタ」の名前は幻想小説の父J・カゾットの『悪魔の恋』に由来する。主人公のアルヴァーレは知的好奇心により悪魔ベルゼブブを呼び寄せ、そのベルゼブブは「ビヨンデット」という名の少年として彼に仕えた。やがて「ビヨンデット」は「ビヨンデッタ」という少女となり、アルヴァーレに強く愛を語る。そしてアルヴァーレは苦悩の末にビヨンデッタを愛してしまう。あまりにあっけない結末についてはここで語らない。


ウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』は死の象徴として蠅が描かれる。また、理性を凌駕する闘争心は豚の首として表れた。作中でビヨンデッタが豚肉を好んでいるのも、そうした背景による。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色