天使と悪魔の聖書漫談

2.ダビデの勇士たち

エピソードの総文字数=1,163文字

いきなりだけれど、ダビデに従う勇士の話をしよう。
ほんまにいきなりやな。

『歴代誌』はアダムの系図とかあるんやなかったか?

長々と系図を見続けるのは疲れるんだ。

こういうので聖書通読を断念する人も少なくないらしいよ。

誰が誰の子だの延々語られても、知ったことではないわね。
もちろん研究対象としては重要だ。

けれど僕らは悪魔なんだから、もっと聖書を楽しまないとね。

うちは天使やけどな。
はい。

まだ、そのようですわね。

そういうわけで色々飛ばして「ダビデの勇士たちの名簿」を見てみよう。

『サムエル記』にも書かれている話だけれど、内容が微妙に異なっているんだ。

『サムエル記』におけるダビデの三勇士

・イシュバアル(ヤショブアム)

・エルアザル

・シャンマ


『歴代誌』におけるダビデの三勇士

・イシュバアル(ヤショブアム)

・エルアザル

・アブシャイ

メンバが一人代わっとるな。
『サムエル記』でのアブシャイも勇士に名を連ねている。

けれどイシュバアル、エルアザル、シャンマの三人には及ばなかったとあるんだ。

しかし『歴代誌』ではその内容ががらりと異なる。

アブシャイは三勇士の中でも誉れ高く、格が違っていたらしい。

三人ごぼう抜きの高評価やんけ。

いったいアブシャイに何があったんやろ。

正直、よく分からない。

アブシャイの兄は総司令官ヨアブだけれど、それが関係しているのかも。

単なる書き間違い……。

にしては、「格が違う」などと明言するのは変ですわね。

カブツェル出身のベナヤは多くの功績を残した。

モアブ人アリエルの二人の子を殺した。

巨漢のエジプト人に棍棒で立ち向かい、槍を奪って殺した。

三勇士には及ばないが、ダビデは彼に護衛を司らせた。

ヌードの多い歴史画に定評のあるイギリス人画家ウィリアム・エッティだよ。

19世紀初めに活躍し、ルーベンスを研究していたらしい。

パンツ一枚で戦う戦場など、滑稽ですわ。
「クレオパトラの勝利(Cleopatra's Arrival in Cilicia)」

なんか見てると、ここはヌーディストビーチかって雰囲気あるね。

おすすめは「Male Nude, with Arms Up-Stretched」

日本語に訳すと、「腕を上に伸ばされた男の裸体」かな。

えもいわれぬ、いやらしさがいい感じだ。

サタニャエルくんはむっつりすけべやからな。
ベナヤについての記述は『サムエル記』『歴代誌』でさほど違いは無い。

エジプト人との戦いは、どことなくダビデとゴリアテの戦いを思わせるね。

やはり決定的な違いはシャンマの存在だ。

彼は三勇士どころか、『歴代誌』全体を通しても姿が見えない。

それはそれは。

またなんか、裏がありそうやな。

小説家であれば妄想を働かせるところだね。
ともあれ、注目すべき勇士はこれくらいだ。

他にも大勢の勇士の名が挙げられるけれど、系図を読むのと変わらないかな。

TOP