天使と悪魔の聖書漫談

15.バビロン捕囚

エピソードの総文字数=1,583文字

長きに渡るイスラエル、ユダ王国の歴史が閉ざされようとしている。

イスラエル王国はすでに無く、ユダ王国も弱体化の一途だ。

エジプト王ファラオ・ネコ2世に殺されたユダ王ヨシヤの子ヨアハズ。

彼は父と違って偶像崇拝に傾倒するようになる。

しかしその治世はたったの3ヶ月。

彼はファラオ・ネコ2世にエジプトに連行され、弟のエルヤキムがユダの王になった。

その際、ネコ2世はエルヤキムの名をヨヤキムと改めている。

なんで名前変えられてもうたんやろ。

エルヤキムもええ名前やん。

名前を変える行為には宗教的な意味がある。

例えば紀元前1300年中ごろのことだ。

ファラオのアメンホテプ4世は名をアクエンアテンと改めた。

これは信仰をアメンからアテンへと切り替える試みでもあった。

なるほど。

ほんなら、エルキヤムからヨヤキムってのも、そういう感じやろか。

これは僕の勝手な想像になることを承知してもらいたい。

エルヤキムは「神が立たせる(God rises)」という意味だ。

対するヨヤキムは「ヤーウェによって立たされる(raised by YAHWEH)」となる。

あら。

それなら、たいして意味が変わることもないのではなくて?

イスラエルの民が崇める神こそヤーウェでしょう。

「神」ではなく「ヤーウェ」という固有名詞を持たせる。

これによって、ヤーウェが唯一絶対の神ではないと言っている。

……そんな風にも見えないかい?

なるほどなあ。

「神」で唯一絶対なら、他の神々は許されへん。

せやけど「ヤーウェ」なら、ぎょうさんおる神の一つに過ぎん。

そういう狙いがあったんやないか……。

ちゅうのが、サタニャエルくんの考えなんやな?

勝手な憶測だよ?

あんまり「こうだ」と言い切ると、偉い人に怒られるからね?

サタニャエルくんに怒る偉い人て誰やろ。
アザゼルさんかしら。
ヨアハズはネコ2世にエジプトに連行され、そこで死んだ。

ヨアハズの弟エルヤキム、名を改めヨヤキムがユダの王となった。

新バビロニア王ネブカドネツァル2世の侵略に屈し、3年間彼に服従した。

その後ヨヤキムはバビロンに反抗し、戦いが続いた。

そしてその頃、エジプトは新バビロニアによって占領された。

アッシリアだの新バビロニアだの、エジプトも大概ですわね。
ヨヤキムの死後、彼の子ヨヤキンがユダ王国の王となった。

しかし3ヶ月の後、ネブカドネツァル2世によってバビロニアに移送された。

ヨヤキンのおじであるマタンヤの名をゼデキヤと改め、彼をユダの王とした。

もうユダ王国に自由は無いな。

バビロニアに従うだけの属国や。

服従し続けるのは誰だって嫌だろうさ。

ゼデキヤは反旗を翻した。

しかし国力の差は圧倒的だ。

エジプトもすでにバビロニアの支配下にある。

孤立無援のユダ王国に抗う力なんか無い。

カルデア軍、すなわちバビロニアの軍はゼデキヤを捕らえた。

彼の子を目の前で殺し、彼の両眼をえぐり、足かせをはめてバビロニアに連行した。

エルサレムは陥落した。

王ゼデキヤも死に、ユダ王国は滅亡した。

ここまで頑張ってきたんやけどな。

終わる時はあっちゅう間や。

王の居なくなったユダの地はゲダルヤが監督官に任命される。

彼自身もユダの民で、バビロニアに従うことで土地を安定させようとした。

しかし王の血を引くイシュマエルがゲダルヤを打ち殺した。

イシュマエルはそのままエジプトに逃げていった、と書かれている。

そして後日談として、以前捕囚となったヨヤキンが解放されたことが記されている。

その時のバビロニア王はアメル・マルドゥーク。

ネブカドネツァル2世の息子だ。

ヨヤキンは解放後は一生食うに困らない生活を与えられた。

高い地位を得て、アメル・マルドゥークの前で食事をしたという。

フランスの画家ジェームズ・ティソ。

彼は水戸藩第11代(最後)の藩主、徳川昭武の肖像画を描いたことでも知られる。

この絵はまさにバビロン捕囚の様子を描いたものだね。

TOP