天使と悪魔の聖書漫談

7.サウルの息子ヨナタン

エピソードの総文字数=999文字

初代レイトン男爵フレデリック・レイトンによるヨナタンとダビデの絵だね。

左がヨナタンで弓を持っている。

彼は弓の名手なんだ。

そして右の少年がダビデ。

後にイスラエル国王となる。

少年らしい、筋肉質だけどどこか艶かしい足が魅力的に描かれているね。

なんか知らんけど、どことなくエロティックな感じするなあ。
それもそのはずさ。

なんせ二人は愛し合っているのだから。

男同士やのに?

それって聖書的にあかんのちゃう?

伝統的にはプラトニック・ラブだと言われている。

聖書で描かれるのは二人がキスをするところまで。

肉体的な関係は無かったろうということさ。

ただ近年は肉体的な愛も含まれていると考える向きがある。

リバプール司教ジェイムス・ジョーンズは「ダビデとヨナタンの間には、感覚的、精神的そして肉体的な友情が見られる」と2007年のエッセイに書いた。
同性愛は死刑ではなくて?
悪魔のわたくしには、どうでも良い議論ですけれど。
聖書をもって同性愛を叩く人も、日曜日に仕事をする人を非難しないさ。

人は自分に都合の良いものばかり見る癖があるね。

で?

肝心の戦はどうなったのかしら。

ヨナタンは父サウルに告げず、兵を連れてペリシテ人の前哨部隊に攻めかかった。

ペリシテ人の部隊は混乱し、恐慌に陥った。

サウルはそれを知り、戦闘に加勢し、イスラエルが勝利した。

追い詰められたり、サムエルに怒られたり。

散々やったけど、息子の活躍に助けられたな。

戦いはまだ続く。

ペリシテ人に追い討ちをかけるんだ。

その前にサウルは断食命令を発する。

神に誓うことで、何かしら力を得ようとしたんだろうね。

しかしその命令はヨナタンに届いていなかった。

彼は蜂蜜を食べてしまう。

サウルは追撃について神様に伺いを立てたが返事が無かった。

返事が無い理由を占うと、それはヨナタンが罪を犯したからであると分かった。

ヨナタンは死を覚悟した。

蜂蜜を食べた罪で死刑!

草どもの考えることはいつも愉快ですわ。

蜂蜜食べたからやのうて、断食を破ったからやけどな。

それにしても死ぬほどかって思うわ。

これが死ぬほどの罪なのか。

イスラエル人たちもそう感じたらしい。

特にヨナタンと苦楽を共にした兵士たちならなおさら。

兵たちはサウルにヨナタンの助命を願った。

イスラエル勝利の立役者を殺すことは、決して神の意に沿うものではない。

彼らの熱意に折れて、サウルはペリシテ人追撃を諦める。

深追いは禁物。

正しい判断やと思うで。

TOP