24.アグリッパ2世

エピソード文字数 1,342文字

聖書においてはアグリッパ王と書かれているのが、アグリッパ2世。

正式な名を、マルクス・ユリウス・アグリッパと言う。

彼こそはヘロデ朝最後の統治者。

ユダヤ戦争では後にローマ帝国皇帝となるティトゥスに味方している。

アグリッパはユダヤ教徒やろ。

なんでユダヤ戦争で敵になっとんねん。

アグリッパ2世の父親、ヘロデ・アグリッパはローマと友好関係を結んでいた。

若いころはずっとローマで過ごし、そこで得た知己も大きいんだ。

さらに有力なローマ人と親戚関係になっている。

彼の妹ドゥルシラは先のユダヤ総督フェリクスの第二婦人だ。

そして聖書にもその名を記されたベルニケはティトゥスの愛人だったとされる。

ローマ市民がユダヤ人妃に反対したため結婚には至らなかったけどね。

ベルニケとティトゥスの悲恋は数多くの物語が紡がれましてよ。

ジャン・ラシーヌやピエール・コルネイユといった劇作家が題材としました。

20世紀にはロベール・ブラジヤックが『女王ベルニケ』を書いていますわね。

ローマの皇帝とユダヤのお姫様か。

確かにロマン溢れる組み合わせやな。

ちゅうか、そこまで深いお付き合いしとったんか。

それやとローマの味方に付かんわけにはいかへんな。

さて、ここらで聖書の続きに戻ろうか。

カイサリアでのパウロは総督フェストゥスに身の潔白を訴えた。

そして自分は「皇帝の法廷に立っている」と主張したんだ。

フェストゥスは「皇帝に上訴したのだから、皇帝のもとに行け」と応じた。

その数日後に現れたのがアグリッパ王と妹のベルニケだった。
アグリッパ王とベルニケとが、フェストゥスに敬意を表するために来た。

フェストゥスはパウロのことをアグリッパ王に伝えた。

イエスが生きていると主張するパウロを、ローマに送るまで留めているのだと。

アグリッパ王はパウロの話を聞いてみたいと言った。

都合よく、ユダヤの有力人物に話す機会を得られましたのね。

しかしこれは、まるでイエスがヘロデ・アンティパスに語った時のよう。

あちこちで奇跡を起こし、ユダヤ人と対立しながら、潔白を主張する。

イエス・キリストの行程を辿る旅といった趣がありますわね。

19世紀から20世紀のロシア人画家、ニコライ・コルニロヴィッチ・ボダレフスキー。

「使徒パウロの裁判」だ。

左側中央に座っているのがアグリッパ2世だね。

彼の右手にいるのがフェストゥスで、左手の女性がベルニケだ。

せやけど、こんな仕事場にまで妹連れてくるとか。

めっちゃ仲良し兄妹やん。

実はそれがために、ユダヤ人から近親相姦の疑いがかけられていたらしい。

近親相姦はもちろん罪深い行いだ。

実際は知らないけれど、そんな風に言われる程度に信用は低かったんだろうね。

パウロの弁明を受けて、フェストゥスは大声で言った、

「パウロよ、お前は気がふれている。博学がお前を狂わせたのだ」。

それに対してパウロは「真理と良識の言葉」を語っているのだと言った。

王たちは退場し、互いに語り合って、

「あの男は死や投獄に値することは何もしていない」と言った。

アグリッパ王はフェストゥスに、

「あの男が皇帝に上訴していなければ、釈放されることができたであろうに」と言った。

まあ、釈放されたところで、ユダヤ人に命を狙われるのでしょうけれど。
そしてパウロはローマへと向かうことになる。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

【ミカ】(性別:無性 時々 男性)

神様の命令で人々を見守ることになった大天使ミカエル。サタニャエルくんに色々教えてもらう生徒役。ただ何も知らないお馬鹿ではなく、それなりに常識人。特に戦争に関することはなかなか詳しい。無意味な殺戮は嫌うが、戦争そのものは悪と見做さない。ビヨンデッタの作った「ケーキ」にトラウマがある。


(うんちく)

その名は「神に似たるものは誰か」という意味を持つ。ミカエルはMa-Ha-Elと分解され、「偉大なる神」の意味ともされる。天軍の総帥であり、右手に剣を持った姿で描かれる。


聖書において天使の翼に関する記述は無い。その造形はギリシア神話における勝利の女神ニケ(Nike)が由来であると考えられている。


ミカエル、最大の見せ場は新約聖書『ヨハネの黙示録』12である。そこには以下のような記載がある。

「かくて天に戰爭おこれり、ミカエル及びその使たち龍とたたかふ。龍もその使たちも之と戰ひしが、勝つこと能はず、天には、はや其の居る所なかりき。かの大なる龍、すなわち惡魔と呼ばれ、サタンと呼ばれたる全世界をまどはす古き蛇は落され、地に落され、その使たちも共に落されたり。」

おそらくは翼の生えた勝利の女神と、戦争における戦士の姿とが融合され、現代におけるミカエルのイメージを形作ったのであろう。

【サタニャエル】(性別:???)

ミカちゃん一人だと心配なので付いて来た。色んなことに詳しい黒猫。「サタニャエル」を名乗っているが、悪魔サタナエルと同一視されるかは謎。ビヨンデッタから「サマエル」と呼ばれてもおり、そうであれば楽園でイヴを誘惑した蛇であるとも言える。非常に好奇心旺盛で勉強熱心。たまに悪魔っぽいが、基本的には常識的。


(うんちく)

「猫に九生有り」のことわざは、高いところから落ちてもうまく着地してしぶとく生き残る、タフさから来ていると考えられる。何故「九生」なのかは定説は無いが、エジプト神話の猫頭の女神バステトが九つの魂を持っていたことに由来するのではないか、と言われる。そのようにしぶとい猫を殺すには「好奇心」が効果的であるとことわざは言う(「好奇心は猫を殺す」)。つまり人に知恵を与えたサマエルが、その罪によって神の罰を受けることの暗示として、サタニャエルというキャラクタは造られている。


サマエルは「神の悪意」という意味を持つ。12枚の翼を持つことから、堕天使ルシファーとも同一視される。

【ビヨンデッタ】(性別:男性 or 女性)

ミカを「お姉さま」と慕う悪魔の少女。その正体はソロモン72柱序列第1位ともされる魔王ベルゼブブ。ニーチェを好み、強き者が強くある世界こそが最も美しいと考えている。人間を「草」と呼び、その愚鈍さを嘲笑する。


(うんちく)

作中にあるように、ベルゼブブの由来はウガリット神話における豊穣の神バアル・ゼブル。バアルの信仰は旧約聖書において偶像崇拝として忌み嫌われ、度々敵対した。バアル・ゼブルをバアル・ゼブブと読み替えることで、その意味を「気高き主」から「蠅の王」へと貶めた。


「ビヨンデッタ」の名前は幻想小説の父J・カゾットの『悪魔の恋』に由来する。主人公のアルヴァーレは知的好奇心により悪魔ベルゼブブを呼び寄せ、そのベルゼブブは「ビヨンデット」という名の少年として彼に仕えた。やがて「ビヨンデット」は「ビヨンデッタ」という少女となり、アルヴァーレに強く愛を語る。そしてアルヴァーレは苦悩の末にビヨンデッタを愛してしまう。あまりにあっけない結末についてはここで語らない。


ウィリアム・ゴールディングの『蠅の王』は死の象徴として蠅が描かれる。また、理性を凌駕する闘争心は豚の首として表れた。作中でビヨンデッタが豚肉を好んでいるのも、そうした背景による。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色