天使と悪魔の聖書漫談

2.ソロモンの富

エピソードの総文字数=1,273文字

『列王記』に登場したシェバの女王は『歴代誌』でも顔を見せる。

彼女はやはりソロモンの知恵を試し、彼に財宝を与えた。

多少の違いはあるけれど『列王記』と『歴代誌』の内容はほぼ同じ。

その多少の違いにはまりだすと泥沼だから、ここはさっさと先に進もう。

1年間にソロモンのもとに入ってくる金の重量は666キカルであった。

ソロモンは延べ金の大盾200を造った。

大盾1つには600シェケルの金が使われた。

666て……。
気になっちゃうよね。

でもたぶん心配しなくていいよ。

ここでの666は「獣の数字」とは無関係だ。

この数字を見て「ソロモンは反キリストだ!」なんて言っちゃう人もいるけどね。

さすがに言いがかりだよ。

ところで、666キカルとはどの程度の金なのかしら?
1キカルは3000シェケルと言われている。

シェケルは通貨にも用いられている単位だね。

1シェケルが現代で言う何グラムなのかはいくつかの資料がある。

古代イスラエルの発掘調査で4分の1シェケルの分銅が見つかったんだ。

ほんなら重さはばっちりやな。
ただ、当時の技術力では同じ重さの分銅は作れなかったんだろうね。

いくつか見つかっているけれど、どれも微妙に重さが異なっている。

ユダヤ電子図書館(JEWISH VIRTUAL LIBRARY)の記載によると、

2.63グラム、2.49グラム、そして2.54グラムの分銅が見つかったらしい。

そしてそれらは亀と熊の形をしていたのだとか。

ではその3つの重さを平均いたしましょう。

およそ2.55グラムで、1シェケルはその4倍、10.2グラムですわ。

1キカルが3000シェケルということは、3000×10.2

すなわち30,600グラム、およそ31キログラムとなりますわね。

それが666キカルやろ?

666×31で20,646キログラム……

20トン超えとるやないか。
金の価格は動くから一概には言えないけれど。

2018年1月の田中貴金属小売価格平均はグラムあたり4,786円だ。

つまり、1キログラムなら4,786,000円。

20,646キログラム(666キカル)×4,786,000円

98,811,756,000円となる。

めんどくさいから、ざっくり1000億円くらいってことでいいかな。

1000億円か……。

そんだけあったら何が出来るんやろ。

わたくしにお任せを。

1000億円を10倍、100倍の価値にしてさしあげますわ。

マジか。

夢が広がるなあ。

(これ絶対、周りを不幸にして相対的に価値を上げるやつだな)
ともあれ、これはあくまで金に限っての話だ。

それ以外の財宝も沢山集まり、銀は「価値の低いもの」になるくらいだった。

それくらい金銀財宝が溢れていたってことだね。

『歴代誌』ではソロモンの1000人の妻たちが見当たりませんわね。
もちろんだとも。

ソロモンが偶像崇拝をする原因を作ったのは大勢の外国人妻だった。

『歴代誌』において、そんな人たちに出てきてもらっては困るのさ。

『歴代誌』のダビデとソロモンの統治はまさにイスラエル黄金時代だ。

しかしその夢のような時代も、国家の分裂によって切り裂かれてしまう。

TOP