天使と悪魔の聖書漫談

5.サマリア攻囲戦

エピソードの総文字数=1,039文字

アラムの王、ベン・ハダドは全軍をもってサマリアを攻囲した。

サマリア内は物資不足にあえぎ、自らの子を食べる者まで出た。

自分の子供を?
サマリアの悲惨な状況が目に浮かぶようだね。

とある女が別の女に持ちかけたのさ。

自分たちの息子を食べようとね。

初日は声をかけられた方の女の息子を煮て食べた。

しかし次の日、声をかけた女は息子を隠してしまった。

最初から騙すつもりで近づいたのか。

それともいざとなって怖気づいたのか。

それにしても王ヨラムを何をしているのかしら。

さっさと敵の攻囲を断ち切るべきでしょうに。

こちらはギュスターヴ・ドレによる「サマリアの飢饉」

ギュスターヴ・ドレは19世紀のフランスで活躍した画家だったね。

なんやろ。

なんか、違和感あるなあ……。

ああ、分かったわ。

飢饉や言うてるのに、倒れとる人らがえらいむきむきなんやな。

あと一週間は余裕で生き延びれそうな肉体ですわね。
まあ、これは本の挿絵だから。

あまりリアルにやせこけた人を描いたらクレームが来るんだよ。

たぶん。

女たちの悲惨な状況を聞き、王ヨラムはエリシャを殺そうとする。

こんな状況に陥ったのは、エリシャが奉じる神のせいではないかと言ってね。

情けない!

己の不甲斐なさを神の責にするなんて。

気持ちは分からんでもない。

うちもしょっちゅう、「神様、なんでやねん」思うとるからな。

な……、なんでやねん……。
エリシャは王ヨラムに、飢饉は明日にも終わると預言を与えた。

主は大軍の音を鳴らしアラムの陣営に響かせた。

アラム人たちは援軍が来たと思い、夕暮れに逃げていった。

アラム人たちの陣営は物資がそのままであった。

イスラエルの民たちはその陣営を略奪し、食糧を手に入れた。

エリシャが告げた言葉の通りになった。

イスラエル王国は危機を脱した。

しかもアラム王ベン・ハダドは病に倒れる。

これでしばらくはサマリアも平和になるな。
ベン・ハダドが病の時、エリシャはダマスカスにいた。

なんでそんなとこに来たんだよって突っ込み入れたいところだね。

ベン・ハダドはエリシャに病が治るかどうか……。

アラムの高官ハザエルに聞いてくるように命じた。

ハザエルがエリシャに王の病は治ると言った。

しかし同時に王は死ぬとも告げた。

病やのうて死ぬ……。

暗殺か。

ご明察。

エリシャはハザエルこそが次のアラム王になると言った。

このハザエルがアラム王ベン・ハダドを殺すのさ。

ハザエルは王ベン・ハダドに病は治ると伝えた。

その次の日、水に濡れた布で王の顔を覆って殺した。

ハザエルが彼に代わり王となった。

TOP