天使と悪魔の聖書漫談

2.モーセ逃亡

エピソードの総文字数=882文字

成人したモーセはある日、同胞のヘブライ人たちの強制労働を目の当たりにした。

モーセは同胞を鞭打つエジプト人を殺し、砂の中に埋めた。

次の日、ヘブライ人同士の諍いを止めようとすると、一人のヘブライ人が言った。

「お前はエジプト人を殺したように、私も殺そうというのか」

モーセはファラオの娘に育てられて、エジプト人の仲間として育った。

おそらく、ヘブライ人が強制労働をさせられていることを知らずに。

でも成人して、現実を見てしまった。

そんで、自分の同胞が痛めつけられてるのに怒って、

監督役のエジプト人を殺してしもうたんやな。

気持ちは分からんでもないけど、これは悪手やな。

監督役はただの監督役で、別に悪いことしとったわけやないし。

そうだね。

実際、モーセからすれば助けたつもりのヘブライ人にそのことを指摘されている。

ファラオはこのことを聞き、モーセを捜し求めて殺そうとした。

モーセはファラオのもとから逃れて、ミディアンの地にたどりついた。

ファラオからしたら殺人犯は処刑せなあかんからな。
ちなみに古代エジプトでは猫を殺せば死刑だからね。
九つも魂を持ってる猫を殺すのは難儀なことやで。

サタニャエルくんを殺すには好奇心でもくすぐればええんか?

ミディアンの祭司レウエルには7人の娘がいた。

娘たちは羊に水を飲ませようとしたが、羊飼いたちと揉めて追い払われてしまった。

モーセは彼女らを助け、羊の群れに水を飲ませた。

なんとなく暗示に満ちた場面って感じやな。
神話の解釈は神話を読む醍醐味でもあるね。

この場面はこれこれこういう意図があるんじゃないかって。

仮説を立てて、状況証拠を2~3個も提示できれば立派な説だよ。

よく分からないものを何でも「祭祀」でひっくるめるようなのも多いけどね。

あとは無理やりな解釈とか。

この場面も羊は喩えで、小国家同士の対立があったとか言えそうだよね。

言うてるだけならええけどな。

それこそが「真実」とか言い始めたらちょっと困るか。

レウエルはモーセに感謝し、娘のツィポラを彼に与えた。

ツィポラに男の子が産まれ、ゲルショムと名づけた。

女の子を助けて、その女の子と結婚する。

王道やで。

TOP