蛍の車輪 仙千代ものがたり【3】

[歴史]

2

426

0件のファンレター

『蛍の車輪 仙千代ものがたり』第三部です。

 (第一部はこちら)
     ↓
 https://estar.jp/novels/25818568

 (第二部はこちら)
     ↓
 https://estar.jp/novels/25871517/viewer?page=1

 (以上エブリスタでの掲載です。
 ノベルデイズでも【1】【2】を投稿しています)


 信長の謎の寵臣、万見仙千代。

 安土城家臣団屋敷に於いて最大規模の邸を与えられ、
信長の最側近として、
八面六臂の活躍が『信長公記』に数年間、
記されています。
 『信長公記』同様、
やはり第一級史料とされる『興福寺文書』には、
「万仙(万見仙千代)ハ一段信長殿儀ヨシニテ」とあり、
信長の仙千代への特別な寵愛が日誌に記されています。
 
 出世街道を突っ走り、
若くして散った万見仙千代。
 物語は、謎多き仙千代の青い時代を、
史実と妄想でエロティックに描いています。

 純愛、嫉妬、叶わぬ想い、友情、その先の死……

 明日をも知れぬ戦国の世を必死に生きる……
仙千代の青春が熱く悩ましく、燃えたぎる!

 第一部:
 幼い仙千代が、
様々な経験を乗り越え、
大人の世界の入り口に……。
 
 第二部:
 長島一向一揆征圧戦、長篠の戦……
天下布武に向け、信長の合戦の日々。
 血飛沫、弾雨の戦場で仙千代は何を見るのか。

 第三部:
 信長の「平安楽土」の夢の城が、
安土山に築かれる。
 前だけを見て突き進もうと、
信長に従って、
仙千代も岐阜を後にする……

 仙千代を、
見守るように読んでいただけたら嬉しいです。
 描いてくださったファンアートも是非、
ご覧になってみてください。
 
 *戦国時代が舞台ですので、
倫理、道徳、社会制度が今とは異なっています。
現代とは違うモラルで成立していた社会での物語として、
受け容れてくださると助かります。
 濃厚性描写が含まれる頁にはタイトルに、
*を付けてあります。
御都合次第で飛ばしてお読みください。


 参考資料
 ・太田牛一著 中川太古訳『信長公記』
 ・ウィキペディア

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

蛍の車輪 仙千代ものがたり【3】

ボスコベル  Yukitaka3311

執筆状況
連載中
エピソード
24話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
戦国, 万見仙千代, 織田信長, 豊臣秀吉, 織田信忠, 徳川家康, 長谷川秀一, 堀秀政, 衆道 男色, 切ない
総文字数
26,299文字
公開日
2022年07月22日 02:53
最終更新日
2022年08月11日 08:00
ファンレター数
0