みえるセカイ(仮)

作者 朔冬瑠

[ミステリー]

3

122

0件のファンレター

日常を毎日すごしていて、平和に過ぎていくこと。
それを人は「普通」だと思っている。
その普通のある日、いつもと違う事が起きても、たまにある「事故」だったとしても、それが何かのスイッチだで、その日から少しずつ普通が普通じゃなくなっていくとしたら。

大きく分けると2部構成です。
主人公ビジョンと、警察ビジョンで書いてます。

ミステリーを読む事が好きなので、気張って前回頑張って書いたのですが、なんか味をしめてしまいもう一つ書いてみたくなりました。
うまい文章を書けず、どうしても最後まで見ていただいて「え?」っていう形になってしまい、冒頭の部分でなかなか掴みをかけないので、面白くないなら本当に申し訳ありません。

暇な時にでもよかったら、読んでみてください。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

みえるセカイ(仮)

朔冬瑠  rapocinna

執筆状況
連載中
エピソード
15話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
ヒューマン・ドラマ, 事件モノ, 少しファンタジー, 非日常, 刑事モノ, シリアス, 日常, サスペンス, 毎日更新
総文字数
9,091文字
公開日
2021年04月21日 13:22
最終更新日
2021年05月12日 01:00
ファンレター数
0