その4

文字数 576文字

定期入れ はなんとかかばんの奥に見つけて、流れに沿って改札を通る。

すぐ後ろで改札に誰かが引っかかったような音が聞こえたが、そんな事はよくあるので、人々は僕も含めていちいち気にも止めずにホームへと向かった。

7時台。
家が好きな人の大半が、何処かへと立ち寄ったとしてもより多く帰りを急ぐ時間帯だ。

そういう意味では、雨でも変わらない。

いつもどおりに帰る人、雨のせいで時間をずらした人、様々な理由で今ここで電車を待っているに違いない。

ただホームに人は結構が多いが、自分が乗る進行方向は、混み合う方と反対方向へと進むので、どの時間であっても座れないということは殆どなかった。

いつもの車両から乗り込むと、だいたいいつもの場所があいていたので、いつものように座る。

いつもと違うのは、きちんと朝から天気予報を確認してきた人が、女性中心ではあるものの、おしゃれなレインコートを着ていたり、撥水加工をしっかりしているから、水滴が服の上に乗っているようふくを着て、おしゃれなレインブーツやシューズを履いていいる人が多く乗っていて、僕の座った両隣もそういう服を着ているということぐらいだろう。

最寄り駅までの電車と、今日この後雨だから多分乗るはずのバスを合わせると、帰り着くまで約40分もあるので、僕としては座れないなら運動量が落ちて筋力も学生時代よりはないからなかなかしんどい。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み