第10話4

エピソード文字数 555文字

ところで敵の機巧武者について何か覚えていることってある? 

使っていた武器とか鎧の色とか、なんでもいいんだけど

武器は槍だった。鎧の色は緑っぽかったかなあ。

ああ、そういえば旗を背中に差している奴がいたぞ。たしか鳥みたいな絵だったような

鳥ってどんなの? 

数とか形って覚えてる?

こんな感じかなあ

 羽を広げた鳥が二羽、向かい合っている絵を地面に描く。

 ゲームディレクターたるもの、この程度の絵は描けて当然だ。簡単な絵が描けないとイメージを他の人に正しく伝えられないからな。

これは……(むか)白鳩(しろはと)

白相国、オクトノ家の家紋だわ。

どうして? 霧峰と白相の仲はよくなかったはずなのに……

 白相国はゲームのスタート地点となる国だった。だから当然、霧峰との仲は悪い。

 この設定が生きているとして、霧峰と白相が足並みを揃えて関谷を攻める可能性はあるだろうか?

 ないとは言えないだろう。霧峰の矛先が関谷に向いている間は白相は無事と考えることもできるのだから。

 でも関谷が攻め滅ぼされたら次は白相になる可能性は高い。

もしかしたら偽の家紋をつけていたかもしれないよ。

霧峰が白相と同盟したと見せかけて関谷を動揺させる意図があるとか

へぇ、そういう可能性もあるんだ。

すごいね、キヨマサ君って。

私なんかよりずっと頭がいいみたい

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

不吹清正(ふぶき・きよまさ)

本作の主人公で元の世界ではゲームクリエイターをしていたが、自分の作ったゲームによく似た世界へ微妙に若返りつつ転移してしまう。

好奇心旺盛な性格で行動より思考を優先するタイプ。

連れ合いの機巧姫は葵の君。

葵の君(あおいのきみ)

主人公の連れ合い(パートナー)である機巧姫。髪の色が銘と同じ葵色で胸の真ん中に同色の勾玉が埋め込まれている。

人形としては最上位の存在で、外見や行動など、ほとんど人間と変わりがない。

主人公のことを第一に考え、そのために行動をする。

淡渕澪(あわぶち・みお)

関谷国の藤川家に仕える知行三百石持ちの侍で操心館に所属する候補生の一人。水縹の君を所有しているが連れ合いとして認められてはいない。

人とは異なる八岐と呼ばれる種族の一つ、木霊に連なっており、癒しの術を得意とする。また動物や植物ともある程度の意思疎通ができる。

大平不動(おおひら・ふどう)

操心館に所属する候補生の一人で八岐の鬼の一族に連なる。

八岐の中でも鬼は特に身体能力に優れており、戦うことを至上の喜びとしている。不動にもその傾向があり、強くなるために自己研鑽を怠らない。

直情的で考えるより先に体が動くタイプで、自分より強いと認めた相手に敬意を払う素直さを持つ。

紅寿(こうじゅ)

澪に仕える忍びで、八岐に連なる人狼の少女。オオカミによく似たケモノ耳と尻尾を有している。

人狼の身体能力は鬼と並ぶほど高く、その中でも敏捷性は特に優れている。忍びとしても有能。

現在は言葉を話せないもよう。

翠寿(すいじゅ)

澪に仕える忍びで、紅寿の妹。人狼特有のケモノ耳と尻尾を有する。

幼いながらも誰かに仕えて職務を果たしたいという心根を持つがいろいろと未熟。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色