第0話1 不吹清正はゲームクリエイターである

エピソード文字数 1,344文字

 不吹(ふぶき)清正(きよまさ)はゲームクリエイターである。

 改造人間ではないし、世界制覇を企んでもいないし、秘密結社で働いてもいない。そして人間の自由のために戦う予定もない。


 もっとも、ゲームの中では改造人間どころか提督になったり、隊長になったり、司令官になったりするし、侵略者を撃退したり、悪の野望を阻止したり、ハーレムを作るために女の子を集めることに勤しんだり、そのためには銃や剣や魔法なんかで戦うのは日常茶飯事だ。


 それはさておき。


 一言にゲームクリエイターといってもいろいろな職種があるが、僕の肩書きはプランナー兼ディレクターである。

 ゲームの企画を考え、仕様や方向性を決め、ゲームを完成させる人だと思ってもらえばいい。


 アシスタントディレクターとして二本、メインディレクターとして二本やらせてもらった。

 今やっているのが三本目だ。幸い好スタートを切らせてもらっている。


 高校時代にアルバイトのデバッガーから始めて業界歴は十年になる。

 二十六歳にしてはそこそこ長いと言えるかもしれない。


 この業界では「会社に就職したのではない。ゲーム業界に就職したのだ」なんて言う人もいる。

 毎年のように所属する会社は変わるけど、やっていることはずっとゲーム関係の仕事ばかり。

 だから「一つの会社に就職したのではなく、ゲーム業界に就職したのだ」と(うそぶ)くわけだ。

 まあ、そんな考え方も悪くはないかなと思う。


 もともとゲーム開発に興味があったし、ゲームで遊ぶのも好きだ。毎月一万円まではゲームに課金をしていいという自分縛りで楽しんでいる。

 ただゲーム業界に入ると、どうしても視点がクリエイター寄りになってしまう。

 だから純粋にプレイヤーとしてゲームを楽しむことは難しい。


 そういう事情もあるので、妹に市場調査のアルバイトを個人的に依頼している。毎月一万円までの課金を肩代わりするのがアルバイト代だ。

 純粋なプレイヤーである妹からの意見はゲームクリエイターになってしまった僕からするとなかなか貴重で、いつも参考にさせてもらっている。


 今の僕の仕事や生活環境はかなり恵まれていると思う。

 仕事仲間も気のいい人が多いし、お金もそれなりにもらえている。

 もう少し休みが欲しいとは思うけど、それは贅沢な話なのかもしれない。


お兄ちゃんって彼女いないの? 

服のセンスはあんまりないけど清潔感はあるし、いろんなこと知ってるし、顔もそんなに悪くないし、話だって面白いのに

 そんないらぬ世話を焼いてくれる妹と二人暮らしをしている。


 十年前に両親は交通事故で亡くなった。

 二人で十年生きてきた。

 大変なこともあったけど、なんとか無事にやっている。

 きっと妹がいてくれたおかげだ。僕一人では途中で人生を投げ出していた。


 僕には一つ決めていることがある。

 お兄ちゃんは妹が結婚するまで仕事一筋に生きるのだ。

 脇目も振らず働いて、これまで他人より苦労をしてきた妹が幸せな生活をできるように妹のための結婚資金を貯めるのだ。

 そんな密かな僕の決意を、おそらく妹は知っている。

だからお兄ちゃんって彼女ができないんだよ

 そんなことを訳知り顔で言われたりするけど、悔しくなんかない。

 本当だ。悔しくなんてないんだからねっ。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

不吹清正(ふぶき・きよまさ)

本作の主人公で元の世界ではゲームクリエイターをしていたが、自分の作ったゲームによく似た世界へ微妙に若返りつつ転移してしまう。

好奇心旺盛な性格で行動より思考を優先するタイプ。

連れ合いの機巧姫は葵の君。

葵の君(あおいのきみ)

主人公の連れ合い(パートナー)である機巧姫。髪の色が銘と同じ葵色で胸の真ん中に同色の勾玉が埋め込まれている。

人形としては最上位の存在で、外見や行動など、ほとんど人間と変わりがない。

主人公のことを第一に考え、そのために行動をする。

淡渕澪(あわぶち・みお)

関谷国の藤川家に仕える知行三百石持ちの侍で操心館に所属する候補生の一人。水縹の君を所有しているが連れ合いとして認められてはいない。

人とは異なる八岐と呼ばれる種族の一つ、木霊に連なっており、癒しの術を得意とする。また動物や植物ともある程度の意思疎通ができる。

大平不動(おおひら・ふどう)

操心館に所属する候補生の一人で八岐の鬼の一族に連なる。

八岐の中でも鬼は特に身体能力に優れており、戦うことを至上の喜びとしている。不動にもその傾向があり、強くなるために自己研鑽を怠らない。

直情的で考えるより先に体が動くタイプで、自分より強いと認めた相手に敬意を払う素直さを持つ。

紅寿(こうじゅ)

澪に仕える忍びで、八岐に連なる人狼の少女。オオカミによく似たケモノ耳と尻尾を有している。

人狼の身体能力は鬼と並ぶほど高く、その中でも敏捷性は特に優れている。忍びとしても有能。

現在は言葉を話せないもよう。

翠寿(すいじゅ)

澪に仕える忍びで、紅寿の妹。人狼特有のケモノ耳と尻尾を有する。

幼いながらも誰かに仕えて職務を果たしたいという心根を持つがいろいろと未熟。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色