第21話4

エピソード文字数 644文字

ミオさまとキヨマサさまはなかよしでしょ? だからキヨマサさまならいいかなって思ったの。

コウおねーちゃんからききました。

キヨマサさまはすっごく強いけど、とってもへんな人だって。いろんなことを知ってるけど、知らないこともある人なんだって。

それにね、キヨマサさまはおつきもいないみたいだし、あたしでもお役にたてるかなあって思ったの

 うん? それって僕の方が澪より人間的に情けないから活躍の場所がありそうだってことだよね?

 否定はしないけど、ちょっと悲しいですよ、神。

……どうして?
 ひやりとしたものが背筋を撫でるかのような冷たい声だった。
……澪?
どうしてそういうことを言うの。

私、スイジュのこと大事に思ってるのに

うん、しってます
だったらどうしてなの。

私のこと……嫌い?

きらいじゃないです
なんで、なんでなの……私、ちゃんとやろうと思ってるのに。みんなのために頑張ってるのに。

どうしてそなこと言うのよ……

 澪の両手が伸びて翠寿の肩を握り締める。
コウジュと一緒じゃ嫌なの? もしかしてケンカしちゃった? 

だったら私がコウジュに命令する。

スイジュと仲良くしなさいって。お仕事を分担してやりなさいって

コウおねーちゃんはあたしを大事にしてくれてます。

それにおねーちゃんのお仕事をとっちゃだめです

私だってスイジュのこと大事にしてるのに……私に仕えるのが嫌なら領地に戻ってもいいから。あっちにもたくさんやらないといけないことがあるから。

それでいいじゃない。ね。ね?

 困ったような顔をして翠寿は澪を見つめていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

不吹清正(ふぶき・きよまさ)

本作の主人公で元の世界ではゲームクリエイターをしていたが、自分の作ったゲームによく似た世界へ微妙に若返りつつ転移してしまう。

好奇心旺盛な性格で行動より思考を優先するタイプ。

連れ合いの機巧姫は葵の君。

葵の君(あおいのきみ)

主人公の連れ合い(パートナー)である機巧姫。髪の色が銘と同じ葵色で胸の真ん中に同色の勾玉が埋め込まれている。

人形としては最上位の存在で、外見や行動など、ほとんど人間と変わりがない。

主人公のことを第一に考え、そのために行動をする。

淡渕澪(あわぶち・みお)

関谷国の藤川家に仕える知行三百石持ちの侍で操心館に所属する候補生の一人。水縹の君を所有しているが連れ合いとして認められてはいない。

人とは異なる八岐と呼ばれる種族の一つ、木霊に連なっており、癒しの術を得意とする。また動物や植物ともある程度の意思疎通ができる。

大平不動(おおひら・ふどう)

操心館に所属する候補生の一人で八岐の鬼の一族に連なる。

八岐の中でも鬼は特に身体能力に優れており、戦うことを至上の喜びとしている。不動にもその傾向があり、強くなるために自己研鑽を怠らない。

直情的で考えるより先に体が動くタイプで、自分より強いと認めた相手に敬意を払う素直さを持つ。

紅寿(こうじゅ)

澪に仕える忍びで、八岐に連なる人狼の少女。オオカミによく似たケモノ耳と尻尾を有している。

人狼の身体能力は鬼と並ぶほど高く、その中でも敏捷性は特に優れている。忍びとしても有能。

現在は言葉を話せないもよう。

翠寿(すいじゅ)

澪に仕える忍びで、紅寿の妹。人狼特有のケモノ耳と尻尾を有する。

幼いながらも誰かに仕えて職務を果たしたいという心根を持つがいろいろと未熟。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色