茨姫(いばらひめ)

エピソード文字数 4,180文字

「急に太った(ねずみ)はさすが、貪欲(どんよく)なものだな」
 離宮客間で(くつろ)ぐヴァーリから溜息(ためいき)が漏れた。
 その(かたわ)らでは褐色の肌の、眉雪(びせつ)も豊かな老大人(ろうたいじん)が、(あふ)れんばかりの笑顔でレヴィアを見守っている。
 レヴィアはその熱視線に、「おじい様」と呼ぶ機会を(のが)して困惑していた。
「レヴィア。マハディおじい様に、…僕がおじい様とお呼びするのは、失礼でしょうか?」
 満面の笑みを浮かべているマハディにクローヴァが尋ねる。
「何の。リーラの手紙によく書いてあった、“ヴァーリにとても似ている可愛い神さま”はお前さんだろう、軍神クローヴァよ。リーラと仲良くしてくれたそうだな。お前さんが離宮を訪ね来るのが楽しみだと手紙にあった。リーラの義息子(むすこ)なら、私の孫だ」
「ありがとうございます」
 ヴァーリに似た紺碧(こんぺき)の瞳が柔らかく微笑む。 
「ほら、レヴィア」
 兄に(うなが)され、レヴィアはおずおずと茶碗を差し出した。
「おじい、様…。どうぞお茶、を…」
 マハディの顏が喜びにくしゃりと(ゆが)む。
「本当にリーラに生き写しだ。しかもあの堂々たる戦いぶりっ!ヴァーリの血も引くというのに、よくぞここまで良い男に育った」
「孫を()めるために、婿(むこ)(おとし)めるのは止めて下さい」
「リーラをかっさらった男だからな」
 マハディからしかめっ面を向けられ、ヴァーリはふとその瞳を伏せた。
「そのとおりです、テムラン大公。本当に、」
「何だと!」
 ヴァーリの言葉を強く(さえぎ)った虎の瞳から、滂沱(ぼうだ)の涙が(あふ)れ落ちる。
「お前は私の義息子(むすこ)だろう。テムラン大公とは何事だ!義父(ちち)上と呼ばんか!」
 一瞬うんざりした表情を浮かべたヴァーリだが、すぐに真顔に戻って頭を下げた。
義父(ちち)上、貴方(あなた)の大切な姫を守れず、申し訳ありませんでした」
「お前のせいではないだろう」
 マハディは長衣(ながごろも)(そで)で涙を(ぬぐ)う。
「当時のトーラ情勢では、懸念(けねん)された事態だった。それを承知でお前のそばにいたいとリーラが望んだのだ。最後の手紙にリーラは(つづ)っていた。“愛しい伴侶と息子に出会えて幸せだ”と。クレーネ」
 マハディはレヴィアを見つめる。
「…クレーネ?」
 首を(かし)げるレヴィアに、マハディがうっかりしたという表情でうなずく。
「アガラムではな、泉の神は、万物(ばんぶつ)の命を(つかさど)る、高位神(こういしん)クレーネだ。お前はトーラならレヴィア。アガラムならクレーネだ」
 レヴィアは小さく息を飲んだ。
「僕の名前は、そんな由来が…。(はし)くれ神の名前というわけでは…」
「誰がそんなことを言った?」
 マハディの顏が不快にしかめられ、その迫力にレヴィアはたじろぐ。
「いえ、あの…」
「愚か者がいたのです」
 ロシュを竜舎に戻し、ヴァーリに呼ばれたアルテミシアが客間に入ってきた。
「ご安心下さい、テムラン大公。その者共(ものども)は、私がぼっこぼこにしておきましたから」
「リズィエ、アガラム大公の御前(ごぜん)です」
 後に続くジーグが(いさ)める。
「はは!ぼっこぼこか!それは愉快だ!」
 マハディが顔を口にして笑う。
「マウラ・サイーダ!見事であった。だがひとつ、不満があるな」
 力強い黒い瞳にじっと見据(みす)えられ、アルテミシアが尋ね顔をする。
「テムラン大公、などと水臭い。そなたも今日からテムランだろう。私の娘になるのだ。お父様と呼ばないか」
「そのお年でお父様とは、またずうずうしい。バリエスに“老いぼれ”と呼ばれていたではありませんか。どう見ても”おじい様”でしょう、義父(ちち)上」
 先ほどの仕返しとばかりにからかうヴァーリに、マハディの太眉(ふとまゆ)不興気(ふきょうげ)に寄せられた。
「あれの処遇(しょぐう)はどうする。トーラに必要なければ、うちで引き取ろう。治水(ちすい)の人手が足りぬのだ。

の力を貸してもらおうではないか」
「言い分を聞き終わり次第(しだい)、暖かい国での労働を勧めてみましょう」
 片頬で笑うヴァーリに、マハディが満足そうに、ゆっくりとうなずいた。
「うむ、王の判断に任せよう。何にせよ、今日は良い日だ。立派な孫に会え、素晴らしい騎士を一族に迎えられた。しかし…」
 老練の深い瞳が、アルテミシアをじっと見つめる。
「トーラへ(のが)れた事情は聞いたが、帝国の竜家はいくつかあろう。そちらには頼らなかったのか。竜族の結びつきは強いと聞くが」
 何気ないアガラム大公の問いだった。
 だがアルテミシアは視線を大きく揺らし、そのまま言葉を失ったように黙り込んだ。
 部屋にいる皆が心配するほどの沈黙が流れる。
「確かに、伯父の構えているサラマリス別家があります。その家には、第二騎竜隊隊長を務める従兄(いとこ)がいるのですが」
 目を上げずに、アルテミシアはレヴィアが初めて聞く話を切り出した。
不慮(ふりょ)の事故で、長期の療養中でした。そのような伯父の家に惨劇の生き残りなどが逃げ込んでは、サラマリス家の存亡(そんぼう)に関わる。ですから従者は、私を帝国外へと連れ出しました。…それに、私は…」
 アルテミシアの瞳に辛そうな、悲しそうな、それでいて懐かしそうな色が浮かぶ。
「私は、あの場所には…」
 言葉の最後は聞き取れないまま、小さくなって消えてしまった。
 その横顔は遠く、いつも寄り添ってくれている彼女が、透明な壁一枚を(へだ)てた先にいるようだ。
 置いていかれてしまいそうな不安を覚え、レヴィアは思わず一歩、アルテミシアに近づいた。
 その気配に気づいたアルテミシアが、いつもどおりの潔い瞳をレヴィアに向ける。
「私はレヴィア殿下より(たまわ)った縁をもって、ここトーラを我が国と定めました。殿下の竜騎士として、務めさせていただきたいのです」
「かつて」
 柔和に目を細めたヴァーリの声が懐かしそうに語り出した。
「同じことを言ってくれた美しい人がいた。“あなたとともに()る限り、私の(さと)はここトーラです”、とな。しかし…」
 青磁(せいじ)色の瞳に、やるせない(うれ)いが浮かぶ。
「その人にそう言ってもらえる国であったかと自問するたび、苦いものが込み上げる」
 ヴァーリは姿勢をゆっくりと正した。
「今度こそ、その価値ある国にすることを誓う」
 そして、両隣にいる二人の息子を見遣(みや)った。
「今は私一人ではない。心強い味方もいる」
「僕も、誓うよ、ミーシャ」
 レヴィアが力強くうなずき、クローヴァの笑顔が深まる。
「僕も誓おう、リズィエ」
 王家の強い宣言を聞いて、強い瞳をしていたアルテミシアがふわりと微笑んだ。
 凛然(りんぜん)とした竜騎士が、年相応の少女に戻る。
(いつものミーシャだ) 
 レヴィアはほっとして、アルテミシアに歩み寄った。
「この前、竜舎に行ったらね、ロシュに怒られたよ。自分だけ遊んでないって」
 アルテミシアが軽い吐息で笑いながら、レヴィアを見上げた。
「そうそう。水遊びをしてないって()ねてるんだ。アルバスが自慢したらしい。よし!今回のご褒美(ほうび)に、ロシュと遊ぼうか。遠乗りに連れ出してやろう。でもそうすると今度はアルバスがお(かんむり)だな」
「それなら、僕がアルバスに乗る?」
 国王とアガラム大公に黙礼をしたアルテミシアに、レヴィアが寄り添うように並んだ。
「別々だと遠乗りにならないじゃないか。レヴィはそれでもいいのか?」
「よくないよ?ミーシャと一緒のほうがいい」
 二人は肩を寄せ合い、楽しそうに離宮客間を出ていった。
 
 重い音を立てて扉が閉まったのち、国王の尋ね顔がジーグに向けられた。
「あの二人のあれは、“遠乗り”ではなく“逢引(あいび)き”だと、教えてやったほうがいいのではないか?」
「僕も、ずっとそう思っていました」
 クローヴァも肩を揺らせてくつくつと笑う。
「そうなのか。ではクレーネは、テムラン一族の女性と一緒になるのだな。これはめでたい」
 気の早いことを言いながら、マハディはレヴィアの()れた茶を一口味わった。
「ご冗談はさておき」
 それらすべての発言をあっさりと「冗談」で片付けたジーグがそっけなく続ける。
「当人同士の問題です。周囲の口出しは無用と存じます」
「ほぅ」
 ヴァーリの唇の(はし)が上がった。
「アルテミシア殿を迎え入れるために、貴君の許しを得るのは並大抵のことではなさそうだな。それは愛弟子である、レヴィアの家であっても同じだろうか」
 さらりと「レーンヴェストにもらおうか」と言ってのける国王に、ジーグは表情も変えずにうなずいた。
「どんな家であろうとも。ただ、リズィエの心からの望みであるのならば、受け入れます」
「アルテミシア殿はトーラを我が国にと、心から望んでくれたようだがな」
「望んだのは国であって、家ではありません」
「”彼女が望む国にする”と我が息子が誓った」
 ジーグはまじろぎもせず、青磁(せいじ)色をしたその瞳を見つめる。
「失礼ながら、ご相貌(そうぼう)からは想像いたしかねますが、陛下は」
「うん」
 ヴァーリもジーグを凝視し返す。
「かなりの親ばかです」
「お互いにな」
 厳格な青磁(せいじ)の瞳と、思慮深い琥珀(こはく)の瞳がしばし見交わされ、やがて、どちらからともなく表情を緩め合った。
 だが次の瞬間、ジーグの表情には憂いが差した。
 アルテミシアを(しば)るサラマリスの(いばら)は、彼女に当たり前の幸せをもたらしはしないだろう。あの潔さは、諦めと表裏一体だからだ。
「二人の関係は別として」
 低くなったジーグの声に、客間に残った三人の目が集まる。
「ともに大切な存在です。その幸せは、願ってやみません」
 思いを込めたジーグの言葉に、ヴァーリもマハディも、静かな同意のまなざしを返した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み