錯綜(さくそう)する策謀 -2-

エピソード文字数 2,700文字

 イハウ軍に痛撃を与えていたマハディの動きが突然止まった。
「…大公?」
 その不自然さに、ラシオンも攻撃の手を緩める。
「退却だっ!スライっ!追うなっ!」
 焦りさえ感じさせる太い怒鳴り声に、スライが素早く手綱(たづな)を引く。
 同時にイハウ兵士が固まっていた場所から、耳障(みみざわ)りな断末魔が重なり響きだした。
「ぎゃあああああ!」
「わぁっ…ぐがっ…」
 急いで馬を遠ざけながら、ファイズは悲鳴の上がる方向を見遣(みや)る。
「…何だ?」
 イハウ兵がばたばたと倒れていた。
 そして。
「なん、だ、ありゃ…」
 さすがのラシオンも声が震える。
 鋭い爪のある大きな足が、倒れたイハウ兵を踏みつけた。
 ねちょりとした粘り気のある音とともに、かろうじてまだ息のあった兵士の体が潰れ、血飛沫(ちしぶき)が上がる。
 生えそろわない羽。つぶらな緑の瞳。短い足。
 大きさはロシュほどもあるのに、雛鳥(ひなどり)の姿をした「イキモノ」がそこにはいた。
「ネェェェェェェェェ」
 短く黄色い(くちばし)が顔いっぱい開かれ、妙に甲高い鳴き声が耳をつんざく。
 羽もまばらな露わな皮膚が、ぬらぬらする液体で(おお)われ光っていた。
「サァァっ!」
「ふがぁっ!」
 鳴き声がするたびに、付近にいる兵士が倒れていく。
 イハウもスバクルもアガラムも。
 敵味方関係なく、その地獄を形にしたような「イキモノ」から逃げ惑っている。 
「前に立つな!毒息を吐く!」
 遠くから聞きなれた竜の足音とともに、ディアムド語の忠告が聞こえてきた。
 ラシオンが退却しながら振り返ると、深紅の羽を柔らかになびかせた赤竜が目に入る。
 異様で異質な光景が広がる中、その優美な竜は天からの使いのように見えた。
 地獄の「イキモノ」の後ろを、馬でつけ走るニェベスの顏が(ゆが)む。
「酔いどれじゃねぇほうだっ。…じゃあ隊長はどこにいんのよ。…やっべぇなぁ」
 赤竜騎士が一瞬ニェベスと目を合わせた。その微妙な表情の変化で、ニェベスが誰だかを察したようだとわかる。
 だがそのままスバクル領主軍へと竜を走らせていく。
「無視しやがったっ」
 なぜ見逃されたのか。
 赤竜騎士の考えはわからない。
 だが今さら逃げ隠れるするわけにもいかないだろう。このまま計画を推し進めるしかない。
「おっかねぇ」
 ニェベスは(いびつ)な笑顔でつぶやいた。
 
 ロシュよりも小柄で、尾に飾り羽を持たない赤竜に騎乗する竜騎士が怒鳴った。
「ディアムド帝国赤竜副隊長、カイ・ブルムだ!トーラ国へつながる者はいるかっ!」
 ラシオンがディアムド語で応える。
「ラシオン・カーヤイだ!トーラ国、レヴィア殿下の直属隊所属だ!」
 カイがエリュローンの首をラシオンへ向けた。
「トーラ竜騎士のところまで案内してくれ。あれは生半(なまなか)では倒せない“異形の竜”だ。帝国の双璧(そうへき)、サラマリスたちがいるところへ!”帝国騎竜軍にサラマリス在り”!」
「サラマリスっ…?!」
 ジャジカは耳を疑う。
 帝国と交戦経験のないスバクルでも、サラマリスと赤竜の力を恐れ(たた)える(ことば)を知らぬ軍人はいない。
 ラシオンの言った「帝国の竜騎士」は、サラマリス家の者なのか。その縁をもって、ラシオンはここに戻ってきたのか。
「ラシオン殿!行ってください!」
 スライの声が届く。
 マハディも散り散りになったアガラム兵士たちをまとめながら怒鳴って寄こす。
「疾風!テムランの娘と我が孫を頼むぞ!」
「行け!ラシオン!ここは任せろっ!お前は“可愛娘(かわいこ)ちゃん“とともに戦えっ!お前はまだ、トーラの将だっ!」
「ファイズ…。よし!帝国の竜騎士!こっちだ!」
 ラシオンの騎乗する馬が、戦士たちの群れから飛び出した。
 異形の竜はその丸い体型に似合わず、かなりの速さで迫ってきている。
 その後ろにいるニェベスをちらりと確認しながら、カイはラシオンに声を掛けた。
「真後ろにつけられるな。蛇行して進め!」
「りょーかいっと!それにしても赤竜隊が来たってことは、“赤の惨劇”がらみっ?」
 必死で馬を走らせながら、ラシオンは軽い口調で問う。
「リズィエから聞いてるのか。まぁ、そんな感じ、…おおっとぉ!」
「ジャァァァァァ!」
 異形の竜が二人との距離を詰め、毒息を吐きながら鳴いた。
「エリュっ!右っ!」
 カイの指示に、軽やかにエリュローンは方向を変える。
「それにしても!」
 カイは腰帯に付けられた物入からおがくずを固めた物を取り出すと、後ろに向かって放り投げた。
 おかくず玉は空中で分解して粉じんとなり、毒竜の鼻先に散らばる。
 毒竜の短い(くちばし)が細かく振られ、その速度が一瞬落ちた。
「お、あれで少しは弱るわけ?!」
 巧みな手綱(たづな)さばきで毒息を()けていたラシオンが、期待を込めて怒鳴った。
「ただの竜除け、気休めだ。なぁ、”可愛娘(かわいこ)ちゃん”ってさっき言ってたけど、それってまさか…」
 カイはエリュローンをラシオンの馬に近づけた。
「え?赤毛の可愛い()だよ。うっへぇ!」
 再び毒竜が二人の背後に迫る。
 二人の乗る馬と竜が左右へと分かれた。
「ありゃりゃ。うちの大将のへそが曲がるな!」
 カイが指笛を吹く。エリュローンの速度が上がった。
「ちょーぜつ箱入りにしてたからなぁ」
 毒竜が迫る緊迫した状況下で、カイは大笑いをする。
「マァァァァァ!」
 巧みに左右交互に入れ替わりながら走る赤竜とスバクル馬に、毒竜は狙いを定め切れずにイライラと地団太を踏む。
「大将?誰だそれ」
 ラシオンの問いかけに、カイが怒鳴って寄こした。
「赤竜軍第一隊隊長、ディデリス・サラマリス!難攻不落の鉄壁の赤竜、なんて呼ばれてるけど…」
 短い指笛が響く。エリュローンが振り返り口を開けた。
「噴けっ!」
 カイは号令とともに着火装置を引く。
 エリュローンが吐いた揮発息が渦巻く炎となり、毒竜の肌を焼いた。
「ぎゃあっ!」
 苦しそうに顔を反らせて空を仰ぎ、毒竜は羽もまばらな翼をばたつかせる。体中を(おお)う粘液がびちょびちょと飛んだ。
「上手いぞエリュ!…あとどのくらいだ?」
「もーうちょっと、かな!」
 ラシオンはエリュローンの前に馬を出した。
「よし!気張れよエリュローン!とっくに陥落してる、鉄壁殿のところへ行くぞ!」
 スバクル馬とエリュローンは、渾身の力を振り絞りその足を速めた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み