寄り添う想い-1-

エピソード文字数 3,998文字

 小さな滝が落ちる泉で無心に泳ぐ。
 ここは以前、レヴィアと遠出したときに見つけた場所だ。
 夏を迎える前の湧き水は、()みつくように肌を冷やした。
 息苦しさを感じるまで潜り続ける。
 何も考えたくなかった。
 
 息つぎに顏を上げたとき、思わぬ声が耳に飛び込んできた。
「ミーシャ」 
 いつの間に来ていたのだろう。
 少し離れた岸辺にレヴィアが立っていた。
「風邪、ひくよ?体をふく布は、持ってきた?」
 アルテミシアは無言で脱いだ衣服が置いてある岩場まで泳ぎ、泉から上がる。
 レヴィアが慌てて後ろを向く気配がした。
 一糸(いっし)まとわぬアルテミシアは、木の枝に掛けておいた布を頭からかぶった。
「ジーグがいたら、怒るよ?」
 戸惑う声が届く。
 そうかもしれない。
―どうしてそう無頓着なのですか―
 苦々しい声が聞こえてくるようだ。
 だが自分の髪は長い。見えはしないだろう。何も問題はない。
 
 着替え終えると雑に髪を()きながら、アルテミシアはレヴィアの待つ場所まで歩いた。
「よく、ここがわかったな」
 レヴィアはアルテミシアの手から布を取り上げると、雫の落ちる長い髪を包み込んだ。
 その手には、たくさんの引っかき傷ができている。
「わからなかったよ。ミーシャと一緒に行った場所、全部、探したんだ。途中にキイチゴの(やぶ)があってね、お土産にしたかったんだけど、もう全部食べられちゃったみたいで、持ってこられなかった」
 レヴィアに髪を預けながら、アルテミシアは静かに微笑む。
 顔を合わせたこともなかった自分に、レヴィアが届けてくれた真っ赤なキイチゴの実。
 もう一度生きようと思わせてくれた、あの甘酸っぱい味が舌によみがえる。
「泳いだら疲れた」
「少し休む?」
 アルテミシアは無言でうなずく。
「…くしゅっ!」
「ほら、体が冷えたんだよ。…あっち」
 泉を囲む岩場の向こう。陽光が降り注いでいる草地をレヴィアが指差す。
「あっちで休もう」
 すっかり冷えてしまった手をレヴィアが握ってくれたとき、その温かさにアルテミシアの目尻が緩んだ。
 
 燦燦(さんさん)と陽射しが降り注ぐ日向(ひなた)に着くと、アルテミシアは(ひざ)を抱えて座り込む。
「くしゅっ!」
 再びくしゃみをするアルテミシアの隣に座り、レヴィアはおずおずと、その肩に手を回した。
「泳ぐには、早かったんじゃない?…あの、嫌、じゃない?」
 寒気(かんき)が戻った夜の畑では、アルテミシアの腕が自分を包んでくれた。
 あの温もりを返したい。
 レヴィアの腕にすっぽりと、アルテミシアの肩が収まった。
「嫌なわけがない。腕の傷は痛まないか?」
「かすり傷、だったよ。もう大丈夫」
「ならばよかった。…でも、まだ寒いな」
 ふるり、とアルテミシアの肩が震える。
「そっか…。じゃあ」
 レヴィアは少し考え、アルテミシアの背後に回った。そして両腕と両足の中に、その体を(かかえ)えこんだ。
「ああ、うん。…温かい」
 湿った長い髪がレヴィアに触れないように体の前にまとめ、アルテミシアは背中をレヴィアに預けた。
 レヴィアの体温が伝わってくる。
 陽射しとともに、凍えたアルテミシアを溶かしていく。
 長い沈黙の後、アルテミシアは口を開いた。
「…フロラは、落ち着いた?」
「うん。お礼を言いたいって。ヴァイノも、謝りたいって」
「謝ることなんてないのに。怖かったろう。可哀想なことをした。謝るのはこっちだ」
 レヴィアの腕に思わず力が入った。
「ミーシャは、悪くない。ミーシャがやらなければ、僕がやってた」
「お、一端(いっぱし)のことを言うようになったな」
 アルテミシアが首を回してレヴィアを振り仰ぐ。
 若草色の瞳が笑っていた。
「殿下、だからね」
「ははっ!」
 アルテミシアが陽気な笑い声を上げ、肩に入っていた力がすべて(ほぐ)れていった。
「ふわっ…。ちょっと眠いな」
 小さなあくびを漏らすアルテミシアを、レヴィアはのぞき込んだ。
「少し、寝たら?起こしてあげる、よ」
「ん。ありがとう」
 しばらくのち、レヴィアの腕にもたれたアルテミシアの寝息が聞こえ始めた。
 滝が落ちる音に(まぎ)れ、時おり小鳥の鳴き声が聞こえるほかは静かだった。
 春が往き過ぎようとしている。
 夏の気配を含んだ風が木々を揺らす。
 レヴィアはアルテミシアに風が当たらないように、腕を回して深く抱き込んだ。
 アルテミシアの体は、もう冷たくはなかった。

「起こしてくれるって言ったじゃないか!」
 日が暮れそうな山道を、アルテミシアとレヴィアは急いでいた。
「…ごめん…」
 太陽の光と腕の中のアルテミシアが温かくて、いつの間にかレヴィアまで寝込んでしまったのだった。
 ほぼ同時に二人が目を覚ましたときには、陽はかなり傾いていた。
「ジーグが怒ってるな」
「…うん」
「二人ともお説教だな」
「…うん」
 横目で視線を交わしながら、二人は同時にふっと笑い合った。
 
 案の定。
 急いでロシュとアルバスに(えさ)を与えてから屋敷に戻ると、ジーグが腕を組んで待ち構えていた。
「ヴァイノとフロラも心配していました。ヴァイノなどは、“自分のせいで副長が出て行ったらどうしよう”と、涙ぐんでいましたよ」
「おやおや」
 お説教が何ひとつ効いていない(あるじ)に、ジーグは深いため息をつく。
「…どちらへいらしていたんですか」
「ちょっと、頭を冷やしに」
「レヴィアはどうした。お前らしくもない」
 珍しくジーグの険しい目が、レヴィアにも注がれていた。
「えっと…。一緒に、お昼寝、しちゃって…」
「昼寝?」
 ジーグは(まゆ)を寄せる。
「レヴィは悪くない。ずいぶん歩いて私を探してくれた。疲れもする」
 レヴィアをかばうアルテミシアを、ジーグがむっと力を入れて見据(みす)えた。
「では、悪いのはリズィエですね」
「そうだな。私が未熟だった。巻き込んで悪かったな、レヴィ」
 アルテミシアが小さくぺろっと舌を出してふざけ、レヴィアが吹き出して笑った。
「ミーシャは悪くない、よ」
 その前でジーグはしきりに(あご)を触っている。
「あの…、副長は、ミーシャというお名前ですか?」
 かつての使用人休憩室の片隅(かたすみ)で、アスタはリズワンの耳に口を寄せて(ささや)く。

 しばらく行動をともにするようリズワンから申し付けられたアスタは愚連隊と離れ、師匠と一緒に休憩室に入ったところへ、旅装束を着忘れたアルテミシアが戻ってきたのだ。 
 二人を見て驚くアスタに気がついたレヴィアは、急いでその背中にアルテミシアを隠した。
「私が連れてきたんだ」
 全身の針を逆立てているハリネズミのようになっているレヴィアに、リズワンが経緯(けいい)を説明する。
「そう、なんだ」
 リズワンの話を聞くうちに、レヴィアの針は収められていったが、冷たい警戒を浮かべた王子の姿は、強烈な印象をアスタに刻みつけた。

「本名は違う。レヴィア坊がディアムド語を苦手としていたときに、トーラ(なま)りでああなったらしい。少しディアムド語を習っておけよ。でないとお嬢が本名を明かしたときに、坊と同じになる。()ねるぞ」
()ねる?…どなたがですか?」
 アスタの淡墨(あわずみ)色の瞳がリズワンを見上げる。
「坊が」
「…え?」
 アスタは首を(かし)げた。
 自分が知る限り、レヴィアは感情の起伏が激しい人間ではない。ヴァイノがどんなに無礼な態度をとっても、いつも穏やかに笑っている。()ねることなど想像がつかない。しかし…。
「二人とも、あまり所在不明になるのはおやめ下さい」
「はいはい」
「はい」
 (あきら)めを帯びたジーグの説教の()めに、アルテミシアとレヴィアの返事が(そろ)った。
 ジーグが大きなため息を吐き出し、二人はまた(そろ)って笑い合っている。
(殿下は、こんなにも表情豊かな方なんだわ。それに副長も…)
 なるほど。これはラシオンもレヴィアもかばうはずだ。
 屈託(くったく)なく笑っている素のアルテミシアは、自分と何も変わらない、一人の少女でしかなかった。
(このお二人が、剣をとって、私たちを守って下さった)
「副長」
 アスタがリズワンの横から一歩進み出た。
「先ほどは、本当にありがとうございました。リズワンさんのもとで頑張ります。二度と皆さんの足手まといにならないように。あの、私のような者が弓兵(きゅうへい)になりたいなどと、身の程知らずだとは思いますが…」
 不安そうに、だが直向(ひたむき)に訴えるアスタに、アルテミシアは花のような笑顔で応えた。
「身の程知らずのわけがない。自分の命の価値は、自分で決めていい」
 揺れていたアスタの瞳から迷いが消え、淡墨(あわずみ)色が銀色に光り輝いていく。
「アスタは私の妹弟子になるんだな!姉妹の(ちぎ)りでも交わそう。レヴィ、果実酒を作っていただろう?何かおススメはあるか?」
「えー、俺もお嬢と兄妹(きょうだい)(ちぎ)り交わしてぇな。あ!駄目か!」
 ラシオンは大げさに片手で顔を(おお)った。
兄妹(きょうだい)になったら恋人にはなれねぇ!」
「…キイチゴの果実酒がある、けど」
 レヴィアは無表情で、薬草棚にある果実酒の(びん)を指した。
「へえ、そりゃ美味そうだ。(ちぎ)りは交わさねぇけど、俺にもくれよ」
「…あげない」
「え!何でだよ?!」
 不機嫌に顔を(そむ)けたレヴィアの横顔を、ラシオンは唖然(あぜん)として、ただ凝視するばかりだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み