竜仔(りゅうご)-1-

エピソード文字数 2,499文字

 レヴィアは屋敷からだいぶ離れた、川沿いの森に二人を案内する。
 雪深い中、人ひとりやっと通れる幅の細い雪道が続いていた。
 
 しばらく進むと、貴重な玻璃(はり)をふんだんに使った、贅沢(ぜいたく)な造りの建物が忽然(こつぜん)と現れた。
 近くを流れる川からは湯気が立ち(のぼ)り、周辺には雪もない。
「トレキバは温泉が湧くのか。トーラは火山国だったな。地熱を利用した温室とは…」
 ジーグは感服して建物を見上げた。

「わあっ、温かいな!」
 室内に入るなりアルテミシアははしゃぐ。
 温室内の水場には、温泉と川の水の両方が引き込まれていた。
 二本の引込管(ひきこみかん)には流れ込む量を調節する弁があり、流水量で室内の温度管理ができるようだ。
 今は温泉の量が最大になっていて、冬の装いでは暑いくらいに感じる。
 数羽の白鳩(しろはと)が飛び交っている明るい室内は掃除が行き届き、レヴィアがまめに通っていることがうがえた。
「ここなら竜を育てられる!サラマリス領より条件はよいくらいだ」
 アルテミシアが目を上げて見回すと、繊細な玻璃(はり)造りの建物だというのに、換気用の窓もきちんと設置されている。
「温かくて、湿度も保たれてる。理想的だな」
 鮮緑(せんりょく)の瞳が輝いた。
「先にこの温室を見ていたら、レヴィアの父上が只者ではないと、もっと早くに気がついただろう。この温室はいつ建てられた?」
 ジーグの質問に、レヴィアの首が傾く。
「知らない。だいぶ前に父上がいらっしゃったとき、地図だけ渡されたんだ。“(はと)がいるから、止むに止まれぬ場合は飛ばせ。屋敷の者には絶対に知られるな”って、走り書きを添えて。僕も、あんまり寒い時期には、森じゃなくてここにいたんだ」
「だいぶ前、か」
(そのわりには建付けがしっかりしている。レヴィアの様子を探らせがてら、ここの修繕もさせていたのか。(はと)のためだけでなく、レヴィアがここを隠れ家として利用することも想定していただろう)
 ジーグがレヴィアをじっと見つめた。
「陛下には一度お話をしなければならないな。竜をトーラで育てるご承認も頂戴(ちょうだい)しないと。いつまでも隠しおおせはしないだろう。…知られれば必ず、帝国は口を出してくる」
「竜を他国で育てることを禁じた法も(おきて)もないぞ。サラマリスが帝国を追われるなんて、予想もしなかったんだろうな」
 寂しそうに笑いながら、アルテミシアはジーグを振り返る。
「それでも、です。竜は帝国のもの。その認識は、大陸全土のものでしょう。国力を盾に何を言ってくるか。しかもあの惨劇は解決されていない。心構えは必要です」
「横槍を入れられる前に騎竜(きりゅう)隊を形にしないとな。そうだ、レヴィ!」
「なあに?」
 声を掛けられたレヴィアは、片耳から卵を外しているアルテミシアに歩み寄った。
孵化(ふか)の時期が近くなったら、この温室を貸してくれ。でもその前に、この卵は貴方(あなた)にあげる」
 アルテミシアは卵に差し込んである(くだ)の反対側を、レヴィアの耳たぶに刺した。
 チクリとした微かな痛みを耳に感じたと同時にどくん!と、全身が鼓動(こどう)を打ったような衝撃が走る。
「え…あの、いいの?僕、大丈夫?」
―このやり方は注意が必要だ。人に悪影響が出る場合もある。最悪死ぬ―
 アルテミシアはそう言っていた。
 うろたえているレヴィアに、アルテミシアはにっと笑ってみせる。
孵化(ふか)しても育てるのは難しいかと、諦めていたんだがな」
 アルテミシアは何を言い出したのか。
「卵の調節をするときに、ちょっとその血を採取してレヴィの食事に…」
「ま、混ぜた…の…?」
「混ぜてみた」
 笑顔のままうなずくアルテミシアに、レヴィアは口をあんぐりと開ける。
 いつの間に。
「全然、知らなかった。…僕、大丈夫、だった?」
「大丈夫だったじゃないか。気がつきもしなかったのだろう?私ですら、多少は動悸(どうき)眩暈(めまい)が出たものだが」
 (くだ)の留め具で卵とレヴィアの耳を固定しながら、アルテミシアは独り言のように続けた。
「万が一のことを考えて、少量から始めはしたけれど」
 何度か試されたらしい。
「…痛くはないか?」
 留め具を調整しながら、アルテミシアはレヴィアを見上げる。
「ほら、お(そろ)いだ」
 自分の耳を示してアルテミシアは微笑んだ。
「僕は、サラマリスの人じゃないけど、いいの?」
 レヴィアは耳につけられた卵にそっと触れる。
竜仔(りゅうご)が拒絶していない。それに、貴方(あなた)は私の(あるじ)だ」
 アルテミシアの瞳がふと曇った。  
「相性さえ合えば、本当は誰でも竜の卵を育てられるのだろう。門外不出としたのは、悪用しようとする人間に知られないようにするため。だがそのために、サラマリス家の特徴である、赤髪と緑目(りょくめ)が鮮やかな者は“竜術(りゅうじゅつ)体現者(たいげんしゃ)”、なんて呼ばれて、特別視されるようになったんだ。卵から人の血で育てた竜仔(りゅうご)は、特別な能力を持つことが多いから。ついでに竜族では(くせ)髪の者が好まれる。ディアムズの冠羽が巻いているから、らしい」
 若草色の瞳が伏せられる。
「私は全部持っているだろう?だから外見のことを言われるのは嫌いだった。竜族の者は、いや、帝国の者は

を見ないんだ。赤竜と同じ色の、髪と瞳のことばかり口にする。それを一切言わずに一緒にいてくれたのは、家族とディ…」
 アルテミシアは突然、口を(つぐ)んだ。
 そのまま長く黙り込んだアルテミシアを心配して、レヴィアはおずおずと声をかける。
「…ミーシャ?あの、大丈夫?のぼせたり、した?」
 心配そうにのぞき込んでくるレヴィアに、アルテミシアが我に返った。
「ああ、ごめん。何でもない。大丈夫」
 アルテミシアは何かを振り切るように、少し無理をしているようにも感じるほどの、大きな笑顔を見せた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み