闇に差す光-1-

エピソード文字数 4,133文字

 ごつい体格の男が警備兵に引っ立てられていき、動かなくなった魚の浮かぶ水槽(すいそう)も大勢の使用人の手によって片付けられた。
 だが広間のざわめきは増すばかりだ。
「第二王子は毒薬に詳しいのね」
「アガラムの姫が輿入(こしい)れしたとき、外道(げどう)が毒を()いたとかいう…」
 トゥクース焼打ちの噂話(うわさばなし)(ささや)く声も聞こえだした。
 その中には、レヴィアを心から歓迎してはいない響きも混じっている。
「止まれ!」
 突然、鋭い声が広間を貫いた。
 独特の刺繍(ししゅう)(ほどこ)された短上着を身に付けている男が、広間入り口で警備兵の剣によって制止させられている。
 男は臆することの態度で深く頭を下げながら、はっきりとしたトーラ語で挨拶をした。
「このたびは王子の凱旋会開催、誠におめでとうございます!」
「その衣服、スバクルの者か」
 歩み寄っていくヴァーリの声は警戒をはらんで硬い。
「はい。すでにお調べのこととは存じますが、昨年のトーラ王への襲撃。あれはスバクルの民などではございません。スバクルの国名を汚す、山賊まがいの者共」
 男はもう一度深く頭を下げる。
「休戦中の貴国にそのような真似をしたと疑われては国の名折れ。我がユドゥズ家当主からの謝意にございます」
 男は小脇に下げていた皮袋から深緑色の瓶を取り出し、目の前に掲げた。
「ユドゥズ家か。スバクルの民から信頼厚い、ジャジカ殿がご当主だな」
「はい。和平賛成派の旗手にございます」
「お心遣いに感謝する。ただ現在、我が国は(いささ)か騒がしい。中身を改め、」
「これは素晴らしい!」
 ヴァーリが警備兵に合図を送ろうとした矢先、その動作を止める声が広間に響き渡った。
「陛下の融和政策が正しいと証明されましたな。狼藉者(ろうぜきもの)など、どこにでもいるというのに。わざわざ国を代表して謝罪に来て下さるとは。私はスバクル国を誤解していたようだ。実に恥ずかしい」
 貴族たちの間から姿を現したジェラインが、ヴァーリに対して深く優雅な礼を取る。
 広間に驚きの小声が(さざなみ)立った。
 現王の融和政策に、ジェラインが誰より異を唱え続けてきたこと。そしてレーンヴェストと並ぶ由緒ある名家当主としての気位の高さ。これを知らぬ者はいない。
 そのセディギア当主が、国王に礼を捧げた。
 驚嘆の声は、今や大波のように広間を満たしている。
 衆人環視の中、ジェラインはユドゥズ家を名乗る男に歩み寄り、その手の中の瓶を受け取った。
「これは?」
「はい。スバクル産の果実酒でございます」
「ほう。逸品(いっぴん)と名高い特産物だな。ならば是非、此度(こたび)一番のご功績を上げた王子に召し上がって頂かなければ!」
 ジェラインは振り返り、王子たちに向かって酒瓶を掲げ上げた。
「殿下は地方でお育ちですからご存じないでしょう。トーラとスバクルは、本当に長きに渡り難しい関係にありました。その相手国のご領主が、自家の不始末でもないのに詫びの品を持たせてきて下さった。これを無下(むげ)にすることは許されません」
 すぐ(かたわ)らを行過ぎるその背中を、ヴァーリが警戒した瞳で見送る。
 ジェラインの優雅な手が、美しい模様のある深緑色の瓶を(うやうや)しくレヴィアに差し出した。
「ユドゥズ?本当にスバクルの者か?」
 アルテミシアがジーグに(ささや)く。
「ラシオンがまだ戻らないので何とも。スライも別行動中ですし」
 ジェラインから目を離さず、アルテミシアがジーグに肩を寄せる。
「ラシオンはしくじらない。信じて待とう。…時間稼ぎが必要だな」
 ジェラインの薄い笑みがレヴィアへ向けられていた。
「殿下がお召し上がりになれば、ユドゥズ家への一番の(ねぎら)いとなりましょう」
 ジェラインは給仕に杯を持ってこさせると、戸惑っているレヴィアに半ば強引に握らせる。
「どうぞ。隣国の尊いご配慮をお受け取りなさいませ」
 瓶の(ふた)を開けながらジェラインは笑みを深め、レヴィアが持つ杯にその口を傾けた。
「待て」
 (いど)むような春告げ鳥の声に、ジェラインは忌々し気に振り返った。
「何だ、トカゲ目。王子の務めを邪魔するつもりか」
「邪魔をするつもりなどない」
 アルテミシアは控えていた壁際からジェラインの前へと出ていく。
「だが貴殿と私は、まだ和解が済んでいない。私はレヴィア殿下の騎士。(あるじ)に敬意を払うというのならば、武で(すす)ぐ前に許しを与えよう」
 小娘の尊大な態度に、ジェラインの淡水(あわみず)色の瞳に憎悪に近い不快の色が差した。
(あるじ)の前に、私に和解の杯を」
 ジェラインの美しい亜麻色の(まゆ)がぴくりと上がる。
私如(わたしごと)きを許せないほど、トーラ国の重臣は狭量(きょうりょう)ではあるまい?」
 アルテミシアが当てこするように笑った。
 ジェラインの整った顔が屈辱に引きつる。
「…いいだろう。レヴィア殿下の前にお前に、特別に、飲ませてやろう」
 ジェラインは使用人に高圧的な態度で声を掛け、もうひとつ、別の杯を持って来させた。
 アルテミシアが受け取ったその杯に、陽の光をそのまま閉じ込めたような酒が注がれる。
「どうぞ」
「少ないな」
 杯を見つめるアルテミシアの横顔を、ジェラインの怪しんだ瞳が凝視した。
「…何だと?」
「もっとなみなみ注げ。惜しむな」
「若い娘のくせに酒好きか。それほど言うのなら、たっぷり注いでやろう」
 馬鹿にした口ぶりで、ジェラインはさらに酒を注いだ。
「ありがとう」
 なみなみと酒が注がれた杯を、満足げにアルテミシアが掲げてみせる。
「ミ…。…」
 ジェラインの態度を怪しんだレヴィアがアルテミシアに声を掛けようとすると、壁際に控えるジーグがわずかな身振りでそれ止めた。
「では、ディアムド式の和解といこうか。もうひとつ杯を!」
 アルテミシアの指示に、アスタが新たな杯を手にして進み出る。
「どうぞ、セディギア公」
 アルテミシアから促されても、ジェラインは動かない。
「セディギア公へ渡してくれ」
 アスタは手に取ろうとしないジェラインへ向かって杯を差し出した。
 (かしこ)まって奉げられているものを受け取らないわけにもいかない。ジェラインは渋々、酒瓶を持たないほうの手で杯を受け取った。
「まず酒を分け合おう」
 アルテミシアが手の中の酒をジェラインの杯に注ぐ素振りをする。
「もっとこちらへ。酒が注げない」
「な、にを…」
 ジェラインの声が上擦(うわず)った。
「ディアムド式の和解だと言ったろう。注がれた酒の半分を返す。同じ酒を分かち合うことで許しを与え合う」
 アルテミシアに嫣然(えんぜん)とした笑みが浮かんだ。
「それとも、このお酒を受け取って頂けない理由がお有りでしょうか。ジェライン・セディギア公」 
 優雅で美しいディアムド語が、春告げ鳥の声で紡ぎ出される。
「贈られたお酒を、二人で同時に頂きましょう。『杯をこちらへ』」
 微笑を絶やさないアルテミシアのディアムド語を聞いたジェラインの手が、ゆっくりと動き出した。信じられないという顔をするジェラインの杯に、アルテミシアが酒を注ぎ移す。
「どうなされたのでしょうか?セディギア公」
 (つや)めいた微笑から目をそらすことができないまま、ジェラインはディアムド語で応える。
「な、何が…?」
「『手が震えて』いらっしゃいます」
「震えてなどいない」
「いいえ。『貴方(あなた)の手は震えて』いらっしゃいます。ご不安ごとがございますか?」
 アルテミシアが言い終わるや否や、ジェラインの手が大きく震えだし、注がれた酒が波打って床に(こぼ)れた。
「…ジェライン、何故(なにゆえ)震える」
 疑念を含んだヴァーリの声が、ジェラインの背後から飛んだ。
「いや、これは…」
「恐れる理由があるのか」
 ヴァーリが厳しく問い詰めたとき、遠く庭園から、ヴァイノの怒鳴り声が聞こえた。
「ふくちょっ!危ねぇっ!」
 アルテミシアは腰の短剣を両手で素早く抜き去り、振り向きざま、風切り音を立てて迫る矢を切り払った。
「きゃー!」
 広間に悲鳴が響き渡り、庭園側にいる貴族たちが我先にと逃げ出していく。
 ヴァーリが入口を振り返ると、ユドゥズ家を自称する男の姿はいつの間にか消えていた。
 ジェラインに走り寄ろうとしたジーグの脇を、()せぎすの男が素早く駆け抜けていった。
「お察しの通り!これは猛毒入りの酒。ひと舐めでも死に至る。近づいてみろ。浴びせかけてやる」
 ジェラインの手から瓶をむしり取った鉛色の目の男が、辺りを睥睨(へいげい)している。
「カーフ…」
 名をつぶやかれ、鉛の目玉だけがジーグに向かって不審げに動いた。
「覚えがない、という顔だな」
 大柄の剣士は薄く笑う。
「トレキバですれ違っているだろう」
「ああ…、やはりお前らなのか。混じり者に余計な知恵を付けたのは」
「私たちはきっかけに過ぎない。お前は本質を見誤った」
「本質?混じり者が笑わせてくれる。兄上、しっかりして下さい。行きますよ」
「待て!」
 ヴァーリの命令に、カーフはこれ以上ないほどの勝ち誇った笑みを浮かべた。
「いいのですか?外に兵を待機させています。私が合図すれば、すぐにでも攻撃を仕掛けてくる。貴族の皆様方に怪我人が出なければよろしいですね。最も、怪我で済めば幸いでしょう」
 カーフがいう兵の規模はわからない。
 だがこの場には、武器を持たない貴族たちが大勢いる。攻撃を受ければ必ず被害が出るだろう。王子凱旋会において、死傷者を出すわけにはいかない。 
 厳しい目でカーフをにらみながら、ヴァーリはゆっくりとその剣を引いた。
「そう。それでいいのです。この世界の正しい在り方が、もうすぐわかります」
 カーフはそう言い捨て、まだ手を震わせているジェラインを(うなが)すと、悠々と正面から出て行った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み