過去との対峙 -2-

エピソード文字数 3,999文字

 黒の軍服を着たアルテミシアが颯爽と、大きな歩幅で客間に入ってきた。
 ディデリスはその姿を目で追い続ける。瞬きをする間さえ惜しい。 
 アルテミシアはそのままジーグの横に立った。
「トーラ国フリーダ隊竜騎士、アルテミシア・テムラン、お呼び出しに応じました」
 ディアムド帝国の騎竜隊服に比べ、体の線が出る意匠のトーラ軍服が女性らしさを際立たせている。軍服の(あか)の縁取りと鷹の紋章が、深紅(しんく)の髪によく映えていた。
(テムラン?)
 アルテミシアの名乗りに不審を感じながらも、ディデリスはその姿を見つめ続ける。
(…アルテミシアだ)
 期待はあった。だが確信はなかった。
 実際にその姿を目にしても、まだ信じられない思いがする。
 この二年近く、一日たりとも忘れたことのない大切な従妹(いとこ)
 深い紅色(べにいろ)の巻き髪が、簡素な軍服をまとう身体に流れ落ちている。深紅の長いまつ毛に縁どられた若葉色の瞳は、素っ気ない猫のようだ。
 あの惨事の中、命拾いしたとしてもどれほどの怪我を負っただろうかと心配していたが、見る限りではどこにも傷跡は見当たらない。
「テムラン。トーラ国の竜のいきさつを」
「かしこまりました」
 アルテミシアはジーグの言葉にうなずく。
「トーラの竜は、トーラ国にいた私のもとへ、縁あって届いた野生種の卵を孵化(ふか)させ育てたものです。盗んだと言われるのは心外。ヴァーリ国王陛下から国民の籍をいただいた今、トーラ国民が育て上げた仔がトーラの竜であることは当然です」
 クラディウスが驚愕(きょうがく)と不審の表情をする。
「トーラ国民?お前はサラマリスだろう!その(あか)い髪、緑の目!(たぐい)まれなる竜術の体現者だ。帝国の重職を担う者だ。第一、竜の育成は皇帝陛下のご承認がいるはずっ!陛下はご存じなのか?このままではぎゃくぞ、」
「私はすでに、帝国臣民ではありません」
 高飛車なクラディウスの物言いを、アルテミシアの硬い声が(さえぎ)る。その()()えとした声色に、議場の温度までが下がったようだ。
「バシリウス・サラマリス一家は滅ぼされたのです。私は帝国を追われたのです」
 「逆賊」と言いかけたクラディウスが、ぐっと口を閉じる。
「帝国内においては、竜家が皇帝陛下のご英断に従うことは言うに及びません。しかしディアムズは他国にも生息します。そこで

竜を育成した者がいたとして、それまでを帝国の法で縛ることは、いくらディアムド帝国皇帝陛下といえども不可能なことでしょう」
 アルテミシアの言うことはもっともだ。
 クラディウスが青ざめていく。
「第一」
 深い怒りを宿した瞳がクラディウスに向けられた。
「それほど帝国では重要であるはずの、サラマリスを惨殺した犯人は捕らえられたのですか?」
 その場の空気が、アルテミシアの無念と怒りで満たされていく。そのまなざしの激しさにクラディウスが(ひる)む。
「卑怯にも、私の両親を背後より襲った誰か。私の弟妹(ていまい)を、生きながら焼き殺した誰か。そして姿も現さず、私の背を切りつけた誰か。サラマリスの竜術がそれほど大事なのであれば、バシリウス家の者を一人残らず手に掛けた犯人を、まず捕えて下さい。サラマリス?竜族?誰がですか」
 アルテミシアは硬い表情でクラディウスを見つめ続ける。
「アルテミシア・サラマリスは、あのとき一家とともに死んだのです。かろうじて動けたフリーダ卿が、私の体だけ、帝国から連れ出してくれました。そしてトーラで、レヴィア殿下が命をつなぎ止め、生まれ変わらせて下さった」
 レヴィアの名前を口にしたとき、ふっとアルテミシアの表情が和らいだ。クラディウスから視線を外し、何かを思い出して小さく微笑む。
 それはディデリスが知っているアルテミシアだった。その微笑は、かつて自分に向けられていたものだった。
 ディデリスは従妹(いとこ)から目を離さずに唇をかみしめた。
「すでに私はサラマリスではありません。今トーラにいる竜は、トーラ国王陛下より名前を頂戴した、アルテミシア・テムランの竜です。ですが、かつてサラマリスであった私が育てた仔なので、今さら赤竜族の皆さまに申し上げることなどございません」
 (よど)みなく述べるアルテミシアに呆然としながら、それでもまだクラディウスは食い下がった。
「しかしその竜術は、帝国で(つちか)われたものだろう」
「それほど竜が欲しければどうぞ」
 アルテミシアはすげなく言い放つ。
「トーラへ来てお連れ下さい。私の(あるじ)はレヴィア殿下であり、その父君であるヴァーリ国王陛下です。私はトーラ国を離れるつもりはありません」
(竜が初見の者の言うことなど聞くはずもないからな。しかし竜よりも“(あるじ)”を選ぶ、ということか?“レヴィア殿下”。どんな奴だ。アルテミシア・“テムラン”。トーラの騎竜隊が収めたのは、アガラム大公訪問を狙った騒乱だったな。その功績に名をもらったか。…トーラとアガラム。忍んで訪問した大公が、臣下に名を与えるほどの関係なのか)
 自分には目もくれない、胸に(いだ)いていた姿よりも、すいぶんと大人びたアルテミシアをディデリスは視界に(とら)え続ける。 
 これまで北の辺境国であるトーラなど、帝国は眼中にもなかった。まして第二王子は年齢も出自も何もかも。まったく未知の存在だ。その容姿でさえ国王に瓜二つだとか、さすが隠し子、二目(ふため)と見られないだとか。判断の材料にならない噂話(うわさばなし)ばかりが入ってくる。大衆が好みそうな流言が、わざとばらまかれているかのようだ。
 第二王子なのだから、自分より三つ四つ年若いはずの第一王子より、さらに年齢は下だろう。
「それにしても」
 挑発的な粘着性の声がして、ディデリスの物思いが断たれた。
 クラディウス・ドルカが(ねぶ)るようにアルテミシアを見上げている。
「サラマリス領より極寒の地でよく育てたな。さすが竜術の体現者だ。(うわさ)によると、騎乗する竜騎士が隠れるほど大きいそうじゃないか」
 その嫌味で老獪(ろうかい)な視線にアルテミシアは冷淡な横顔を見せた。
「北国で育った仔のせいか、羽毛量は少し多いようです」
「だがお前ほどの竜術の体現者なら、特別な竜を作れるだろう」
 加齢でたるんだシワの目立つ顔の中で、緑混じりの目ばかりが妙に光っている。
 アルテミシアは首を傾け、クラディウスをまじまじと見下ろした。
「おや。まるで“竜の作り方”を知っているような口ぶりですね」
 ぴくり、とドルカの(まゆ)痙攣(けいれん)する。
「いやいやまさか。赤竜一族にお情けで加えていただいているドルカです。竜化方を存じ上げているはずがありませんよ。サラマリスのリズィエ」
 あからさまな謙遜(けんそん)侮蔑(ぶべつ)に近い。
「ただ、ときどきサラマリス舎には、ほかにないような竜が育つ。それがその竜術のせいなのか、と思ってな。その(あか)い髪、緑の目。お前ほどの者なら、特別な竜を作ることがあるのかと」
(また作る、と…)
 クラディウスの言葉と態度にアルテミシアは不審を(いだ)く。
「ラキスとフェティも、私と同じ髪と瞳をしていました。それほど特別な容姿でもありません」
 クラディウスの顔がわずかな一瞬、緊張をはらんだ。アルテミシアの陰で、その一挙手一投足を注視していたジーグの目が細められる。
「そう、だな」
 声を詰まらせたクラディウスは慌てて咳払いをすると、先ほどは目もくれなった薬茶を一気に飲み干した。
「テムラン殿」
 二人のやり取りを慎重に()ていたディデリスが、穏やかな声で呼びかける。
 アルテミシアの瞳がゆっくりとディデリスに向けられた。
 鮮やかな若葉色の瞳と、艶やかな翡翠(ひすい)色の瞳がしばし見つめ合う。
「竜の件も含め、こちら側の数々の発言、どうぞご容赦下さい」
 アルテミシアを見上げるディデリスの瞳に、抑えきれない想いがにじんだ。
「重ねて申し上げます。テムラン殿の竜はトーラ国の所属。そこに帝国は何の異議もありません。もし書面も必要とあればここに」
 ディデリスは準備していた書状を(ふところ)から取り出した。
 卓上に広げられた書面にはディアムド皇帝の署名があり、こう綴られている。
―トーラ国の竜に関し、ディアムド帝国はその権利を主張しない―
 クラディウス・ドルカの顔色が瞬時に変わった。
 この書状によって、自分の発言が皇帝の意向に異を唱えたものだと決定づけられた。こんなものが(はな)から用意されていたとは。
 クラディウスはシミの浮き出た顔を戦慄(わなな)かせながら、領袖(りょうしゅう)家長男、ディデリス・サラマリスをにらんだ。
(さすがだな。用意周到だ)
 ジーグは胸の内で呆れ、感服さえする。
「ありがとうございます」
 アルテミシアはレヴィア張りの無表情で帝国の礼を取った。
「皇帝陛下のご厚情、しかと胸に刻みました。我が(あるじ)にもよい報告ができます。何重にもお礼申し上げます」
 ディデリスはうなずきながら書状を畳み、ジーグとアルテミシアの前に滑らせた。
「どうぞお納め下さい。本来ならば、レヴィア殿下に直接お渡ししなければなりませんが、非礼をお許しいただきたい」
 ディデリスは書状に添えた右手にたったひとつはめている腕輪を、左手でするりとなでてみせる。
 何気ないその仕草に、若葉色の瞳が微かに揺れ動いた。
 勿論、それを見逃すディデリスではなかった。
「どうぞ、よしなに」
 美麗な帝国竜騎士が、くっきりとした笑顔を浮かべた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み