美しく危険な男 -1-

エピソード文字数 3,621文字

 夜明け。
 分厚い布に(くる)まり、アルテミシアとレヴィアがいる天幕の外で座り込んでいたジーグが、前に立つ人の気配で目を開けた。
「…終わったか」
 問われ、ジーグを見下ろすラシオンが首を横に振る。
「捕縛した奴らすべて調べたが、レゲシュ宗主とカーフ、セディギアの姿が見当たらねぇ。けど、収穫もあった」
 ラシオンのいつになく重い瞳が、立ち上がったジーグを見つめた。
「お嬢曰くの“陰険無礼”の本名がわかったぞ。カーフレイ・セディギア。もしくはアヴール」
「アヴール?」
「スバクルでは有名な、間諜(かんちょう)生業(なりわい)とする一族だ。あいつの母親は間者(かんじゃ)としてセディギア家へ入り込んでいた。その伝手(つて)で、セディギア家とレゲシュ家がつながったんだろう」
「では、カーフは…」
 意外な事実に、ジーグは言葉が続かない。
「そ。美貌(びぼう)で鳴らしていたあいつの母親は、セディギア家の使用人として働いているうちに見初められて、前当主の愛人になった。その末にあいつが産まれたんだよ。あいつこそ、スバクルとトーラの“混じり者”なんだ」 
「カーフの母はその後どうした」
「その辺りはレゲシュの奴らも知らねぇようだったよ。ただカーフ自身、セディギアを名乗らせてもらってねぇだろ。こっちにも帰って来てねぇってんなら、な」
 レヴィアへ向けていた、カーフの憎々しげな(さげす)みの視線。
 ジーグはラシオンの話しを聞きながら、あの(なまり)の瞳を思い出していた。
「あと、あの厳重に監視させてる帝国のチンピラがな」
「ニェベスか」
「そんな名前なのか。何聞いても答えねぇんだけど」
「聞くなど生温い。吐かせればいい」
 ジーグとラシオンは、いつの間にかすぐ後ろに立っていた美貌(びぼう)の男をぎょっとして振り返った。
「吐かせるって…」
 ラシオンは警戒の目で赤竜隊長を眺める。
 ただ立っているだけなのに、まったく(すき)がない。男から見ても美しいと思うほかはないその顔からは、考えや感情が一切伝わってこなかった。
「拷問でもするわけ?」
「スバクル語はあまり得意ではない。ディアムド語で失礼する」
 流暢(りゅちょう)なスバクル語で伝えた後、品のあるディアムド語でディデリスは続けた。
「通常の拷問など、竜族の者には意味がない。今回の一件は貴国とトーラ国間の問題だが、竜族の病巣(びょうそう)と深く(から)んでもいる。ご許可いただければ、私が直接尋問しよう」
「竜族?!」
 ラシオンの声が思わず大きくなる。
「あのどチンピラが?竜族は、帝国じゃ貴族中の貴族だろう?」
「あれは竜族のうちでもニェベス家の者だ。竜族一家と言えども、さまざまだ。それでいかがだろうか。貴公が聞きたいことは、すべて聞き出そう」
 当たり前のように、ディデリスは「すべて」と断言する。
「…じゃあ、お願いするかな」
 あまりに自信に満ちたディデリスの態度に、ラシオンはそれ以上問うのをやめた。
「その間俺たちは、行方不明の三巨頭を探せますしね」
 ディデリスは表情を変えずにうなずく。
「何を聞こう」
「まず、レゲシュとイハウの関係かな。それから…」
 ラシオンはディデリスに依頼を伝え、ニェベスが監禁されている場所を教えた。
「了解した。カイ・ブルム副隊長!」
「はっ!」
 部下の顏をしたカイが、ルベルとエリュローンの手綱(たづな)を引いてやってくる。
 ディデリスは腰帯に付けた物入(ものいれ)から取り出した、スバクル地図の一点をカイに示す。
「ルベルと先に出る。場所はここだ。到着後周辺警護にあたれ。不審な者は捕縛。抵抗の度合いによっては最終手段を取れ」
「了解です」
 カイの敬礼を受け、ディデリスはルベルに騎乗して指笛を吹く。その背中があっという間に見えなくなっていった。
 カイもすぐにその後を追っていく。
「…依頼も場所も、さらっとしか俺言ってねぇけど、大丈夫なのかね」
 ラシオンが呆気に取られながら竜騎士二人を見送った。
 ジーグからはため息が漏れた。
「あれで十分だ。依頼などは言わなくてもわかっていただろうし、それ以上のことを聞き出してくる。そういう男だ」
「はぁ~ん」
 ラシオンの焦げ茶の瞳が細められる。
「そりゃおっかねぇ奴だな」
(ボジェイク老師が、同じことを言っていたな)
 頼もしくなったスバクルの若き将の横顔を、ジーグが見るともなく見ていると、背後から細い声が掛けられた。
「…ジーグ」
 ジーグとラシオンが同時に振り返る。
 レヴィアが天幕入口から顔をのぞかせていた。青ざめ面やつれしたその姿は、まるで幽鬼のようだ。
「まだ、目は覚めていないけど…」
 うつむくその横顔に、黒髪が濃い陰を作っている。
「入って。会って、声を掛けて。ジーグの声になら、応えるかも」
 ジーグはラシオンと顔を見合わせた。
「じゃ、俺は探索に出てくる。…お嬢によろしくな」
 ジーグの肩を一度ぐっとつかみ、ラシオンは背を向け歩き去っていった。
 
 ジーグはゆっくりと天幕に足を踏み入れ、アルテミシアの枕元に(ひざ)をつく。
「リズィエ…」
 血の気のない唇が薄っすらと開き、小さな呼吸が漏れている。
 レヴィアはこの頼りない音に、一晩中ずっと耳を傾けていたのだろうか。
「レヴィア。少し寝ろ」
 すぐ後ろに立つレヴィアに、ジーグが低い声で命じた。
「眠れなくても目をつむっていろ。心が死ぬぞ」
「…怖くて…」
 レヴィアの声が震えている。
「怖くて、目を閉じることができなかった。ミーシャの息が、止まっちゃうんじゃ、ないかって…」
「私が見ている。少し休め」
 レヴィアは小さくうなずいて隅に下がり、ほどなくして、苦しげな寝息がジーグの耳に届く。
 愛弟子二人の生きている(あかし)を聞きながら、やり切れない思いを(かか)えたジーグはきつく目を閉じた。
 
 夕方になっても、「レゲシュ家騒乱」の首謀者の行方はつかめなかった。
 ディデリスはニェベスを尋問した内容をラシオンに伝え、「帝国はこれ以上関与する立場にはないのだが」と言いながら、さらに続けた。
「だがあれは帝国竜族の者。然るべき手続きで裁く必要がある。貴国で用済みになり次第、連れ帰りたい。しばらく竜舎で待機させてもらう」
「もう少しいたいんだろ」
 カイが友人に戻り、呆れたため息をついた。
「っとに素直じゃない。…悪い。もう少し邪魔をさせてくれ。当面の物資は足りている。竜だけ世話になる」
 大らかで感じのよい副隊長の横で、表情ひとつ変えずにディデリスも目礼をする。
「遠慮せずに何でも言ってくれ。今回お二人の活躍がなければ、スバクルはイハウが寄こした、あの“異形の竜”にやられていた。あいつの尋問も礼を言う。俺たちではお手上げだったからな。こっちは今から集まりがある。その内容は必ず伝える」
 誠意あるラシオンの返答に、カイが白い歯を見せた。
「容態はどうだ」
 唐突に、まるで天気を聞くような平坦さでディデリスが尋ねた。
 察したラシオンの表情が曇る。
「変わらないみたいだ。レヴィアとアガラム医薬師が付きっきりで診ている」
「そうか」
 ディデリスは穏やかにうなずくが、一瞬のち、強いまなざしがラシオンに向けられた。
「貴公は、敬称をつけずに名を呼ぶほど、トーラ国第二王子と親しい間柄なのか」
「まあ、スバクル追われている間、世話になってましたからね」
「そこに彼女もいたのか」
「彼女?…お嬢、アルテミシアのことか?」
 ラシオンがその名を呼び捨てにした途端(とたん)、ディデリスの表情に不快の色が差す。
(結構わかりやすい奴なんだな)
 その表情の変わりように、ラシオンは内心微笑ましくさえ思ってしまった。
 油断のならない男だとばかり思っていたが、カイのような男が友人でいるだけのことはあるのかもしれない。
「彼女の容態も逐一(ちくいち)伝える。竜舎に簡易だが寝台を入れさせてもらった。ゆっくり休んでくれ」 
「ありがたい」
 カイがやれやれと笑う。
 しかしそれに続く言葉は、その明るさがかえって不気味で不自然に感じられ、ラシオンの背には寒気が走った。
「そうだ。ニェベスに自害阻止の暗示を掛けた。見慣れない様子だとは思うが気にしないでくれ。気持ち悪いだろうから、世話はしなくていい。見なくてもいい。放置で」
 ほかの者が言ったのならば、どれほど冷酷に聞こえるだろうかという内容だ。それを副隊長は、遊びの説明をするような気軽さで口にする。
「しばらくは死なない。死んだほうが楽なんだろうがな」
 そう言って、カイ・ブルムは爽やかに笑う。
 ああ、やっぱりこの二人は似た者同士だ。
 そう痛感したラシオンは、曖昧な笑顔を二人に向けた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み