リズィエの采配

エピソード文字数 4,091文字

 服で隠れているほとんどの場所には、(さらし)が何重にも巻かれていた。下着の下に、さらに(さらし)を着こんでいるような有様だ。
 痛みと炎症を抑える塗り薬は良く効いているが、自由に歩けるまでにはいたっていない。
「申し訳ない…」
 深々と頭を下げるジーグを前に、ラシオンは苦笑いを浮かべている。
「いや、俺が悪かっ、いてっ!アスタ!そこすっごい痛いから!」
「ごめんなさい!」
 ラシオンの肩に新しい(さらし)を巻き直していたアスタが手を止める。
「…このくらいなら?」
 慎重になった手つきに、ラシオンがほっと体の力を抜いた。
「あー、そんくらいで。すまねぇな。手間かけさせて」
「いえ、姉弟子がごめんなさい。本当に、こんな大切な時期に」
 沈痛な淡墨色の瞳が伏せられる。
「いやいや、純情お嬢をからかっちゃった、俺が悪かったからさ」
 (さらし)を巻き終えたスバクルの旗頭(はたがしら)は、上衣(うわごろも)をそっと羽織りかけてもらいながら笑った。

 鷹と虎に付き合った末の二日酔いが治まったラシオンに、アルテミシアは容赦ない手合わせ指導を行った。
 新生スバクルのために奔走(ほんそう)する毎日で、鍛錬からは遠ざかっている。その鈍ったラシオンの体に雨霰(あめあられ)と、アルテミシアの(こぶし)や蹴りが浴びせられた。
「え?え?何、お嬢、何でこんな?!」
 逃げることさえ許されない素早い攻撃に、ラシオンの背中には脂汗が流れ続ける。
「余計なこと教えたろうっ!」
 アルテミシアの重い蹴りが、見事にラシオンの鳩尾(みぞおち)に入った。
「ぐえっ!…余計な、こと?」
「レヴィにっ!」
 鋭い肘拳がラシオンの胸を撃つ。
「ぐっ…。え?レヴィア?…ははぁ~ん」
 何とか距離を取ったラシオンの口角が、にまりと上がった。
「あー、そっかぁ。デンカに試されちゃったんだぁ。

だったろう?何しろ、俺が教えたんだからな」
「~っ!」
 真っ赤になったアルテミシアは倍速の攻撃を繰り出し、スバクルは危うく優秀な領主を失うところであった。 

 立ち上がろうとしたラシオンの顔が(ゆが)む。すかさずジーグが手を差し出して、ゆっくりとその体を支えた。
「あと三日後だが…」
 ギクシャクと歩く盟友に肩を貸しながら、ジーグが気遣(きづか)わしそうにつぶやく。
「ああ、いいよ。俺は座ってるからさ。仕切りはユドゥズ公がやってくれるし、ほかは任せとけって、トーラ王とアガラム大公が請け負ってくれたから」
 トーラ王国、スバクル共和国、アガラム王国、チェンタ族長国。そしてディアムド帝国。
 大陸の歴史始まって以来の大合議が、もうすぐ、この「ノアリエ」の街で始まろうとしてる。
 その意義を、アルテミシアがわかっていないはずがない。
 ラシオンを支え歩きながら、ジーグはふっと考え込んだ。

 ラシオンをカーヤイ領の屋敷へ送った後、ジーグはノアリエの竜舎に顔を出した。
「随分と派手にやりましたね」
 アルテミシアの背中に声を掛ける。
 (あるじ)は上機嫌でロシュの世話をしていた。
「ラシオンの腕があんなに鈍っているとはな」
 笑いながら言い訳をして、アルテミシアは従者を振り返った。
「でもヴァーリ陛下とマハディ大公が、大役を買って出て下さった。スバクル側は、ユドゥズ公お一人で十分だ。ラシオンはのんびりしていればいい。ついでにクローヴァ殿下とレヴィアも、のんびりできる。トーラ国とアガラム国を代表する豪傑お二人の采配に、若輩者が口を出す必要はない。王子が表舞台に立たない以上、その竜騎士も裏方に回ろう。私は竜守番でもしているよ」
 なるほど。
 ジーグはアルテミシアの意図を悟った。
 ディアムド皇帝代理として来訪する上級大臣と、赤竜隊長率いる竜騎士たちの目から、極力隠しておきたいわけか。
 さすがリズの愛弟子だ。
 その配慮は、かなりの痛みをともなってラシオンに与えられた。
 確かに一国の王と大公が前面に出るのならば、王子の存在感は薄まるだろう。そして動けないラシオンも当然。
「皇帝代理は、エンダルシア公がお務めになられるのだな」
 アルテミシアの声が硬くなった。
「はい」
 ジーグも重くうなずく。
「また相当な人物を寄越すな。当然といえば当然でもあるが、ディデリスとの遺恨(いこん)は水に流したんだろうか…。この人選は、彼ではないな」
 ロシュの首をなでていた手を止め、鮮緑(せんりょく)の瞳がふっと考え込む。
 
 帝国屈指の外務官であるエンダルシア公の娘は、「アマルドの花」と呼ばれるほどの美貌(びぼう)を誇る才女であった。だがディデリスは皇帝主催の夜会において、大輪の花の誘いを無下(むげ)にも(そで)にしてしまったのだ。
 至高の令嬢ですらディデリスを振り向かせることはできない。
 首都は一時その(うわさ)でもちきりとなり、それ以来、ディデリスは「難攻不落の鉄壁の赤竜」などという二つ名で呼ばれるようになったのだ。

「外交手腕は確かな人物です。(わきま)えた行動を取るでしょう。それよりもあの男が了承した、せざるを得なかったというのならば」
 広まった(うわさ)については、エンダルシア公は意に介さない姿勢を貫いた。だが、すぐに娘をサラマリス家と同等の地位を持つ貴族に嫁がせ、(おい)の婚約者としてアルテミシアを打診してきたのだから、相当腹は煮えていたに違いない。
 そして、その当て付けるようなエンダルシアの動向を知ったディデリスは、本気で外務官を失脚させるための行動を起こした。アルテミシアが気がついたときには、すでに半分成功していたも同然であった。
 アルテミシアの取り成しがなければ、今ごろエンダルシア家は、取り潰しの憂き目に遭っていただろう。両者の遺恨が完全に消えているとは思えない。
 そんな過去がある、帝国で屈指の力を持つ二人を黙らせることができる人物。それは帝国では、いや、大陸広しといえども、たった一人しかいない。
 ディアムド帝国、皇帝テオドーレ。
 (あるじ)と従者は同じ人物を脳裏に思い描きながら、声に出すことはしなかった。
 アルテミシアは軽いため息をついて話題を変える。
「エンダルシア公もだが、ディデリスが何も考えずに来るはずがないな。特に竜に関しては…」
 声を落とした(あるじ)に、ジーグは体を寄せた。
「何を仕掛けてくるとお思いになりますか?」
「竜の頭数制限は提案してくるだろう。ニェベスのことがあったから、当然帝国でもその話し合いはなされているはずだ。元々黒の増やし方については、疑問視する声があった。これがいい機会になっているだろう。当然、黒竜軍の戦力にも、制約が掛かってしまうがな」
領袖(りょうしゅう)家マレーバの抵抗はいかがでしょうか」
 答えがわかっているだろう従者を、アルテミシアは可笑しそうに見上げた。
「本来、帝国はこの合議に参加する必要はない。異形(いぎょう)の竜の始末は済んでいる。四ヶ国同時に対立するならばともかく、個々の国としては帝国の相手にはならない。それなのになぜ、参加してくると思う?」
 ディデリスが来る一番の理由は、アルテミシアがいるからだろう。
 だがその答えは飲み込み、ジーグは口を開く。
「これだけの国と和平協約を結ぶことができれば、軍事力拡張を主張し続けてきた黒竜家への、強い牽制(けんせい)となります」
「そのとおり」
 アルテミシアはうなずくが、顔色は冴えない。
「そこまでは私ですら考えつく。だが相手はディデリスだ」
 アルテミシアにもわかっていた。
 自分がトーラ国にいることを、ディデリスは理解を示してみせたが、納得はしていないだろう。
「…アルバスを、知られてしまったからな…」
「リズが、ボジェイク老に話をつけてきてくれました」
 頼もしい名前を聞き、アルテミシアの瞳が輝いた。
「それは心強い」
「必要があれば、私はイハウに潜ります」
「その必要がないように心がけよう。ジグワルド」
 アルテミシアが、サラマリスのリズィエの顔をしていた。
 ひざまずこうとしたジーグをアルテミシアは止める。
貴方(あなた)は従者かもしれないが、トーラではまず、師匠でいて欲しい」
 レヴィアと同じ願いを口にするアルテミシアに、ジーグの表情が緩む。
「それでも、私の(あるじ)は生涯、リズィエ・アルテミシアです」
「ありがとう。では師匠で従者の、ジグワルド・フリーダ・バーデレ。私の決意を、貴方(あなた)に最初に話そう。私は、竜仔はもう育てない。トーラはこれ以上竜の力に頼らない。頼るのは人の力。築くのは国を越えた絆。そういう国であって欲しいし、そのために尽力しようと思う」
「素晴らしいご決断です」
 ジーグの大きな手が、幼いころのような仕草でアルテミシアの頭をなでた。
「力を笠に着て相手を牛耳(ぎゅうじ)ることは容易(たやす)い。英知を信じることは困難ですが、それこそが、人のあるべき姿でしょう。リズィエの歩む道がどれほど茨に囲まれていても、私はともに参ります」
「レヴィアも賛成してくれるだろうか」
 不安そうなアルテミシアの声に、ジーグが珍しく声を上げて笑った。
「母上の教え、”持つ者は持たない者と分け合う“。あの精神こそ人の英知です。心配はいりません。それに…」
 本当に珍しいことが続く。
 長く従者でいてくれたジーグの、こんなふざけた顔を見たことがない。
 アルテミシアは目を丸くして、稀代の剣士を見つめた。
「レヴィア王子は、リズィエの決断に反対はなさらないでしょう。…できないでしょう。場合によっては、説得を試みるかもしれませんが。恋に落ちた男なんて、そんなものですから」
 紅色(べにいろ)の髪と見分けがつかないほど、(あるじ)の顔は赤く染まっていった。
 ジーグは笑いながら、幸せそうに恥じらうリズィエを見守り続けた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み