錯綜(さくそう)する策謀 -1-

エピソード文字数 4,125文字

 イハウ連合国、元首(げんしゅ)副官の一人であるパウドーロ・グリアーノは、馬上で思わず間抜け面をさらしてしてしまった。
 隣で手綱(たづな)を握る将官と目が合い、同じ顔をしているのだろうと気づいて真顔に戻る。
「パウドーロ様!スバクルの領主軍がっ!」
「見ればわかるっ!」
 焦りをにじませた兵士からの報告に怒鳴り返し、パウドーロは(うめ)く。
「…なぜだ…」
 スバクルと国境を接しているこの高台。
 ここはレゲシュ軍がトーラ王子軍と交戦している平原へと進軍するための、ただの通過点のはずだった。
 先日戻った内偵からも、国境は通常の警備兵が数人詰めるだけ、がら空き状態だとしか聞いていない。
 ところが。
「あの軍旗(ぐんき)、ユドゥズ家かっ。それに三日月に(ふくろう)?十字星に白鳥(しらとり)?!追放になったはずだっ」
 パウドーロの目の前で、失脚した二家の軍旗(ぐんき)が、柄杓(ひしゃく)星とカササギの軍旗とともに風をはらみ、なびいている。そしてほかに三家の軍旗(ぐんき)がはためき、その下に兵士たちが(つど)い展開していた。
「すまぬな」
「何がですか?」
 ラシオンがユドゥズ家宗主を振り返る。
「もっと多くの領主を()たせたかったのだが」
 穏やかな瞳の奥に苦みをにじませ、ジャジカは国境の友軍を眺める。
「えぇっ!この短期間に三家なら、賞賛に値しますよ。反逆家がともにいると聞いて、なお賛同を得られるとは。さすがユドゥズ公です」
 実際ラシオンたちには、ジャジカでさえ説得できるかどうかも賭けに等しかった。
「それに勝つ必要はない。ここに足止めするだけでいい」
 イハウ軍を見澄(みす)ましているラシオンの背中に、ジャジカが声を掛ける。
「それほどまでに信頼しているのか。抑えさえすれば…」
「そ。必ず。トーラが来ます。俺たちに加勢するために」
「そうか。…早く会いたいものだな。スバクルの疾風がそれほどまでに信を置く、トーラの盟友たちに」
 カーヤイをスバクルに置き換えて呼んだジャジカを、ラシオンが驚いて振り返った。
 ジャジカが意気込みにあふれた笑顔を見せている。
「この騒動を一日も早く収束させ、ヴァーリ王にお会いしよう。行くぞ!スバクルの疾風!サイレルの宗主!」
「応!」
 ラシオンとファイズが騎乗する、二頭の見事な駿馬(しゅんめ)が疾走を始めた。 
 
 スバクル領主軍と同時にグリアーノも動いた。
 初手呆気に取られたとはいえ、イハウ軍はスバクル領主家軍の倍以上の兵力を(そろ)えている。
「蹴散らせっ!(にわか)同盟など潰してしまえ!」
 イハウの軍勢がスバクル側に雪崩(なだ)れ込む。
 だがスバクルの若き将二人は、それを(しの)ぐ勢いで剣を振るった。
「ファイズっ!」
「任せろっ!」
 背中を預け合ったラシオンとファイズの前に、イハウ兵が次々と倒れていく。
「…あれはカーヤイの疾風と、サイレルの跡取りだな…。戻ったか」
 パウドーロがつぶいた。
「レゲシュが(うと)んじるはずだ。…軍勢を回せ!あの二人を止めろっ!」
「っちくしょっ!」
 スバクル領主家軍を牽引(けんいん)するラシオンとファイズを、イハウ兵が十重二十重(とえはたえ)と取り囲む。
「ぐっ!」
 ファイズの利き腕に矢が刺さった。その手から剣がこぼれ落ちる。
「何のぉっ!」
 ファイズは顔を(ゆが)めながら矢を引き抜き、予備の小剣を腰から抜き去った。そしてここぞとばかりに攻め込んできたイハウ兵を逆に突き刺し倒す。
「へっ、これしき」
 にやりと笑ってみせるが、ファイズは肩で息をしていた。
(さすがに数が多い)
 ラシオンの腹には焦燥が湧き始める。
「気を抜くなっ!攻め込め!攻め込めぇっ!」
 イハウ将校たちの怒号が迫っていた。
「…ふっ」
 パウドーロは片頬(かたほほ)で笑う。
 数で劣る、スバクル領主軍の陣形が崩れ始めている。
「よし!一気に、」
 命令を下そうとしたパウドーロの目が南に釘付けになった。
「あれ、は…」
 ラシオンの耳に、(ひづめ)(とどろ)きとともに、太く風格のある声が届いた。
「久しいなっ疾風よっ!」
 目を向けると、躍動する見事なアガラム馬を操る古強者(ふるつわもの)の姿が見える。
 その先陣を切って、油断のない黒い瞳を光らせた練熟の戦士が、イハウ軍へと踊り込んだ。
「かかれっ!スバクル軍の援護をっ!」
「さすがっ!オウザイ卿の兄上だ。きっちり間に合わせてきたな」
 ファイズがにやりと笑う。
「なっ、アガラム軍?!」
 思いもよらぬ勢力の出現に、イハウ兵たちには動揺が広がる。
 陣風(じんぷう)が運ぶ群雲(むらくも)のように、アガラム馬に乗る白長衣の戦士たちが駈け込んできた。突撃の喊声(かんせい)が、怒涛(どとう)のごとくイハウ軍勢を囲み始める。
「風雲、猛虎っ」
 パウドーロの鼻に憎々しげなしわが寄った。
 自らも剣を振るいながら戦士たちに活を入れ、思いのままに馬を()り戦場を走る堂々としたその姿は、まさに天駆(あまか)ける虎のようだ。
 ジャジカは束の間、自分がどこにいるのかも忘れてその光景に見入ってしまった。
 アガラム軍とは南国境でにらみ合う、一触即発の事態に陥った際に相見(あいまみ)えている。
 その友好とはほど遠い関係であった国の軍勢が、自国兵とともにイハウ軍と戦っていた。
「少し見ぬ間に男っぷりが上がったな、疾風よ」
 イハウ兵を二、三人まとめて薙ぎ払いながら、マハディはにやりと笑って見せる。
「大公自らご光臨とはありがたい!」
 ラシオンの剣が(ひるがえ)った。イハウ兵を乗せた馬が泡を吹きながら倒れていく。
「クレーネへの厚情を今返そう!アガラムの報恩(ほうおん)をとくと見ておけっ」
 マハディが三日月(みかづき)の形をした剣を振り上げた。
「豪勇無双たる我が戦士たち!見せよその力!撃破せよっ!」
 マハディの呼号(こごう)に、戦士たちの気焔(きえん)が上がる。
「若っ!」
「ファイズ若っ!」
 アガラム軍の中からスバクル語が聞こえた。
「お前、たち…」
 絶句するファイズを、アガラム兵士の格好をした一団が取り囲む。
「生きていたかっ!」
 ファイズの瞳が見る間に潤んでいく。
「マハディ大公に拾っていただいておりました」
「若を置いて…。すぐにお探しもできず、申し訳、」
「話はいい!後で聞く!」
 申し訳なさそうな同朋に、ファイズはひとつ笑顔を向けた。
「スバクル一恐れられた、サイレルの剣を見せてやろう!遅れを取るなっ!」
「応!」
 大音声で発破(はっぱ)をかけるファイズを先頭に、スバクル剣士一団がイハウ軍勢へと切り込み、打ち破っていく。
「何だ、これは…。どういう状況だ…」
 あっという間に自軍が劣勢に転じている。
 パウドーロは愕然として見守るばかりだ。
 理解が追いつかない。次の手を考えようにも頭も回らない。
「あーらら。やっぱバレてんだ?」
 この緊迫した戦況に似つかわしくない、薄呆(うすぼ)けたほど間延びした声が背後から聞こえた。
 血走った目でパウドーロは振り返りにらむ。ならず者のような青年が、ヘラヘラと笑っていた。
「八つ当たりは困るねぇ」
 漆黒の装束を身にまとった細身の青年が、馬鹿にした風情で鼻を鳴らした。
「んで?どーすんのよ。援軍でも呼ぶ?その間にそちらさんは全滅かもしれねぇけど?」
 にやにや笑っている青年は、答えをわかっていて茶化している。
 その底意地の悪さを腹立たしく思いながら、パウドーロは(うな)った。
「…竜を、出せ」
 青年はげらげらと笑い出す。
「それが人にものを頼む態度かよ」
 憤怒(ふんぬ)に顏を真っ赤にさせながら、パウドーロは青年に頭を下げた。
「頼む。ニェベス公。騎竜して、スバクル軍を撃破していただきたい」
「乗れっかよ、あんなもん。連れてきてはいるよ」
 真顔になったニェベスが吐き捨てる。
 パウドーロの眼光が鋭くなった。
「貴公は黒竜騎士であろう」
「ありゃ黒竜でも何でもねぇ」
(聞いていた話と違う)
 青年の態度と言葉に、パウドーロは警戒感を深める。
「予定では、貴公の活躍はトーラ軍制圧後であるはずだ。ずいぶんお早い到着だな」
「え~、だってさぁ」
 ニェベスは陣形も何もなく、ただ逃げ惑うイハウ軍を面白そうに見渡した。
「どーもあの酔いどれ隊長にバレてるっぽいんだよなぁ。トーラ会談前にとっくに。やっべぇよなー」
「なっ!」
 パウドーロの顔色が変わった。
「なぜ伝えてこない!」
「え~?」
 ニェベスはとぼけた顔をパウドーロに向ける。
「イハウさんほどの強大国、知らなくったって屁でもねぇだろ?それに知らせる時間もなかったしぃ?連れてきちゃったほうが早ぇじゃねぇか。…ヤられずに一緒にいるだけで精一杯だよ、こっちは」
 凶悪に目を細めて、ニェベスはたどたどしい指笛を吹いた。
 湿った重い足音が、二人の背後からゆっくりと近づいてくる。
 薄気味悪そうな顔をしているパウドーロを見て、ニェベスが薄く笑う。
「な、いろいろ無理だろーが。じゃ、ちょっくら行ってくっけど、イハウさんに死人が出ても、四の五の言うなよー」
 酷薄(こくはく)な瞳は、実に楽しそうだ。
「アガラム出張(でば)ってくるとか、さすがにとんでもねぇけど、トーラみてぇな弱小国にいいようにされて、イハウも大したことねぇな。ははっ」
 荒い息を吐く大きな影が、ニェベスの脇を通り過ぎた。
 パウドーロは思わず大きく馬を後退させる。
 ニェベスが再度指笛を吹いた。
 大きな影は、揺れながら疾走を始める。
「うへぇ、気持ちわりっ。帰りてぇ」
 文句を言いながら、ニェベスは用意した馬に飛び乗った。
「親分に報告しろって言われてっからなぁ。くっそめんっどくせっ!」
 ニェベスの愚痴を乗せながら、馬が影を追い始める。
 見送るパウドーロの額は、脂汗でぎらぎらと光っていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み