今日の彼、明日のあたし ~Me and My Boy~

[恋愛・ラブコメ]

350

15,661

9件のファンレター

業平(なりひら)くんと井筒(いづつ)ちゃんというお気楽バカップルの、しょうもない日常をだらだら描いたラブコメディです。
じつは『伊勢物語』の現代版になっています(全125段)。なのでときどき哀しいですが、基本は幸せと愛があふれてというかだだ漏れです(笑)。
最近(2020年)出版された有名女流作家先生の力作と違って、読んでも『伊勢物語』や当時の歴史について正しく学べません。ごめんなさい。学べませんが、在原業平という人がどんなに楽しい人だったかは、かえってわかるかもしれません。
原作の各段になんとなーく対応していたり、していなかったりします。
スキマ時間に読んでくすっと笑っていただけたら嬉しいです。

※この物語はフィクションであり、実在の人物や出来事とは(ほとんど)関係ありません。

※『伊勢物語』を下敷きにしていますが、岩波文庫や角川ソフィア文庫の他に、ここNovelDaysで参考にさせていただいている作品があります。
森野雅戸さまの現代語訳『伊勢物語!』全三巻です。
『伊勢物語! 花の巻』(1~40話)
https://novel.daysneo.com/works/761fe9aac79aff1347b63644153e1499.html
『伊勢物語! 月の巻』(41~80話)
https://novel.daysneo.com/works/8d7077aba3e14bc4fe3e4a03959e0981.html
『伊勢物語! 雪の巻』(81~125話)
https://novel.daysneo.com/works/50dac75e1d3a75fa9c6b2d7a10f7c13d.html
とってもすっきりして素敵な訳なので、私からもおすすめです!
ミムラがいかにてきとうに翻案しているかわかって(バレて)、二度おいしく楽しんでいただけると思います(笑)。

目次

完結 全146話

2022年01月18日 11:48 更新

  1. 第一章 露

  2. 初段 おさげ2022年01月16日
  3. 第二段 ムーミンパパ2022年01月16日
  4. 第三段 ロミオる  ※ちょいエロ2022年01月16日
  5. 第四段 くっつく  ※ちょいエロ2022年01月16日
  6. 第五段 猫蕎麦2022年01月16日
  7. 第六段 朝露2022年01月17日
  8. 第七段 もちぷに2022年01月17日
  9. 第八段 自立心2022年01月17日
  10. 第九段 金環日食2022年01月17日
  11. 第十段 目と耳2022年01月17日
  12. 第十一段 何してる?2022年01月17日
  13. 第十二段 待ち合わせ2022年01月17日
  14. 第十三段 ぷつ  ※ちょいエロ2022年01月17日
  15. 第十四段 賢者タイム  ※ちょいエロ2022年01月17日
  16. 第十五段 隠しごと2022年01月17日
  17. 第十六段 ふわっふわ2022年01月17日
  18. 第十七段 花の客2022年01月17日
  19. 第十八段 モテ2022年01月17日
  20. 第十九段 続・モテ2022年01月17日
  21. 第二十段 春の紅葉2022年01月17日
  22. 第二十一段 純米酒2022年01月17日
  23. 第二十二段 食べ歩き  ※ちょいエロ2022年01月17日
  24. 第二十三段(前半) 筒井筒[つついづつ]2022年01月17日
  25. 第二十三段(後半) ぶらんこ  ※ちょいエロ 2022年01月17日
  26. 第二十四段 ジレ2022年01月17日
  27. 第二十五段 記憶力2022年01月17日
  28. 第二十六段 続・記憶力  ※ちょいエロ2022年01月17日
  29. 第二十七段 愛だよ2022年01月17日
  30. 第二十八段 ひと手間かける2022年01月17日
  31. 第二十九段 気をそらす  ※ちょいエロ2022年01月17日
  32. 第三十話 ボタン2022年01月17日
  33. 第三十一段 心あまりて2022年01月17日
  34. 第三十二段(前半) しずのおだまき2022年01月17日
  35. 第三十二段(後半) しずのおだまき(つづき)2022年01月17日
  36. 第三十三段 期待2022年01月17日
  37. 第三十四段 心ひとつに2022年01月17日
  38. 第三十五段 絶えてののちも2022年01月17日
  39. 第三十六段 続々・記憶力2022年01月17日
  40. 第三十七段 脱ぐとすごい2022年01月17日
  41. 第三十八段 待たされて2022年01月17日
  42. 第三十九段 数珠と喪服2022年01月17日
  43. 第四十段 天秤2022年01月17日
  44. 第二章 波

  45. 第四十一段(前半) ペーパーバック・ライター  ※ちょいエロ2022年01月17日
  46. 第四十一段(後半) ペーパーバック・ライター(つづき)2022年01月17日
  47. 第四十二段 夢の通い路[かよいじ]  ※ちょいエロ2022年01月17日
  48. 第四十三段 ストップウォッチ2022年01月17日
  49. 第四十四段 ただいま  ※ちょいエロ2022年01月17日
  50. 第四十五段 蛍2022年01月17日
  51. 第四十六段 会わなくても2022年01月17日
  52. 第四十七段 残り香  ※ちょいエロ2022年01月17日
  53. 第四十八段 歓送会2022年01月17日
  54. 第四十九段 お兄ちゃん2022年01月17日
  55. 第五十段 さつま揚げ2022年01月17日
  56. 第五十一段 発見(続・気をそらす)  ※ちょいエロ2022年01月18日
  57. 第五十二段 舌禍[ぜっか]2022年01月17日
  58. 第五十三段 まだ夜深きに2022年01月17日
  59. 第五十四段 夢路2022年01月17日
  60. 第五十五段 折りふしごとに2022年01月17日
  61. 第五十六段 露の宿り2022年01月17日
  62. 第五十七段 われから2022年01月17日
  63. 第五十八段 自販機  ※ラストだけちょいエロ2022年01月17日
  64. 第五十九段 ひとりキャンプ2022年01月17日
  65. 第六十段 花橘[はなたちばな]2022年01月17日
  66. 第六十一段 定義2022年01月17日
  67. 第六十二段 顔も声も2022年01月17日
  68. 第六十三段 わけへだて2022年01月17日
  69. 第六十四段 風になりたい2022年01月17日
  70. 第六十五段 流刑地2022年01月17日
  71. 第六十六段 がっかりきのこ2022年01月17日
  72. 第六十七段(前半) 汗2022年01月17日
  73. 第六十七段(後半) 汗(つづき)2022年01月17日
  74. 第六十八段 血液型2022年01月17日
  75. 第六十九段(前半) バックサス2022年01月17日
  76. 第六十九段(後半) ソーサー2022年01月17日
  77. 第七十段 恋の水先案内人2022年01月17日
  78. 第七十一段 来ても見よかし2022年01月17日
  79. 第七十二段 帰る波かな2022年01月17日
  80. 第七十三段 月のうさぎ2022年01月17日
  81. 第七十四段 風邪?  ※ひさびさにちょいエロ2022年01月17日
  82. 第七十五段 洗濯物2022年01月17日
  83. 第七十六段 サムアップ2022年01月18日
  84. 第七十七段 ハンター  ※わりとエロ2022年01月17日
  85. 第七十八段 薄荷2022年01月17日
  86. 第七十九段 隔世遺伝[かくせいいでん]2022年01月17日
  87. 第八十段 泡立ち2022年01月17日
  88. 第三章 空

  89. 第八十一段 恋人がサンタクロース2022年01月18日
  90. 第八十二段 桜の日2022年01月18日
  91. 第八十三段 雪の日2022年01月18日
  92. 第八十四段 ひとりっ子2022年01月18日
  93. 第八十五段 雪の日ふたたび2022年01月18日
  94. 第八十六段 断捨離  ※ちょいエロ2022年01月18日
  95. 第八十七段(前半) ドライマティーニ2022年01月18日
  96. 第八十七段(後半) ドライマティーニ(つづき)2022年01月18日
  97. 第八十七段(おまけ) 灯り2022年01月18日
  98. 第八十八段 お月見2022年01月18日
  99. 第八十九段 遺言2022年01月18日
  100. 第九十段 ことわざ  ※ちょいエロ2022年01月18日
  101. 第九十一段 春が行く2022年01月18日
  102. 第九十二段 続・洗濯物2022年01月18日
  103. 第九十三段 つりあい2022年01月18日
  104. 第九十四段 続・つりあい2022年01月18日
  105. 第九十五段 彦星2021年12月26日
  106. 第九十六段 マンモグラフィー  ※ちょいエロ2021年12月27日
  107. 第九十七段 他意2021年12月27日
  108. 第九十八段 続・他意2021年12月27日
  109. 第九十九段 続・マンモグラフィー2021年12月27日
  110. 第百段 忘れ草と忍ぶ草2021年12月28日
  111. 第百一段 続々・他意2021年12月31日
  112. 第百二段 雲に乗る2021年12月31日
  113. 第百三段 見守りカメラ2021年12月31日
  114. 第百四段 天女の涙2021年12月31日
  115. 第百五段 やさぐれ2021年12月31日
  116. 第百六段 ちはやぶる!2022年01月01日
  117. 第百七段(前半) ハートに火をつけて2022年01月02日
  118. 第百七段(後半) ハートに火をつけて(つづき)2022年01月02日
  119. 第百八段 連動  ※ちょいエロ初め2022年01月03日
  120. 第百九段 花より先に2022年01月03日
  121. 第百十段 夢で逢いましょう2022年01月03日
  122. 第百十一話 ファスナー  ※ちょいエロ初めpart 22022年01月03日
  123. 第百十二段 煙2022年01月04日
  124. 第百十三段 海馬(記憶力アンコール)2022年01月04日
  125. 第百十四段 空の高さ2022年01月04日
  126. 第百十五段 フレーメン  ※ラストだけちょいエロ(当然か)2022年01月04日
  127. 第百十六段 選択2022年01月05日
  128. 第百十七段 歳月2022年01月05日
  129. 第百十八段 イッツ・ア・スモール・ワールド2022年01月05日
  130. 第百十九段(前半) 形見こそ2022年01月06日
  131. 第百十九段(後半) 形見こそ(つづき)2022年01月06日
  132. 第百二十段(前半) 人生ゲーム2022年01月07日
  133. 第百二十段(後半) 人生ゲーム(つづき)2022年01月07日
  134. 第百二十一段 ミニ傘2022年01月08日
  135. 第百二十二段 水2022年01月08日
  136. 第百二十三段 鶉[うずら]2022年01月08日
  137. 第百二十四段 思うこと2022年01月08日
  138. 第百二十五段 今日の彼、明日の私2022年01月08日
  139. 終章 井筒

  140. 井筒(一)2022年01月08日
  141. 井筒(二)2022年01月09日
  142. 井筒(三)2022年01月09日
  143. 井筒(四)2022年01月09日
  144. 井筒(五)2022年01月09日
  145. 井筒(六)2022年01月10日
  146. 井筒(七)2022年01月10日
  147. 井筒(八)2022年01月10日
  148. 井筒(九)2022年01月10日
  149. 井筒(十) (終)2022年01月10日
  150. 参考文献その他 (special thanks to...) ※編集中2022年01月10日

登場人物

井筒(いづつ)

この物語の語り手。恋人の業平くんと熱愛中だという以外は詳細不明。とある事情で彼との関係は公表できないらしい。物語の中盤以降、その秘密がしだいに明らかに!(大した秘密ではない)

業平くん(なりひらくん)

フルネーム:在原業平(ありわらのなりひら)。この物語の主人公。井筒の恋人。

超ベストセラー小説『源氏物語』の主人公、光源氏のモデルとされるイケメンで、名だたる美女たちとのうわさが絶えないが、素顔は天然で井筒ひとすじ。

まったく出世・昇進できなくても気にしないマイペース男。和歌の天才。

有常くん(ありつねくん)

フルネーム:紀有常(きのありつね)。業平くんの親友。業平くんを介して井筒とも友だち。
業平くんと同じかそれ以上にマイペースでぶれない男。
史実および『伊勢物語』の世界観においては「井筒」にあたる女性の父親で、業平より一世代年上なのだが、この『今日カレ』の中では同い年に設定されている。むろん井筒のパパではない。

至くん(いたるくん)

フルネーム:源至(みなもとのいたる)。業平くんの悪友で彼以上の、というか無類の女好き。

史実および『伊勢物語』の世界観においては業平より十歳年上なのだが、この『今日カレ』の中では同い年に設定されている。
第三十九段限定のスペシャルゲストだったはずなのに、みょうにキャラが立ってしまったため、その後もときどき登場している。

高子さま(たかいこさま)

女御。帝の寵姫。絶世の美女で「二条の后(きさき)」と呼ばれる。過去に業平くんとの熱愛を報道され一大スキャンダルとなった。その真相が本文中で明らかにされる。
性格は凛として知的。藤原家の期待を一身に背負って立つ。

恬子さま(やすらけいこさま)

内親王(皇女)。伊勢神宮の斎宮(巫女)。過去に業平くんとの熱愛を報道され高子さまに次ぐ大スキャンダルとなった。その真相が本文中で明らかにされる。
性格は純情可憐。兄君の惟喬さまと同じくおっとりはんなりしている。

惟喬さま(これたかさま)

親王(皇子)。恬子さまの兄宮。業平くん有常くんとは和歌友だちで大の仲良し。
第一皇子で、本来なら次の帝の第一候補のはずだったのに、陰謀によって帝位から遠ざけられた悲運の人。でもおっとりはんなりした性格のおかげで、出家後も皆の人気者。お酒は好きだが、わりと弱い。

融さま(とおるさま)

フルネーム:源融(みなもとのとおる)。富豪でセレブで風流人。光源氏の本命モデル。
広大で凝った庭園のある豪邸に住んでおり、人を集めては詩歌管弦の遊びをして楽しんでいる。
業平くんとは和歌友だちで大の仲良し。
第八十一段限定のスペシャルゲスト。

行平さん(ゆきひらさん)

フルネーム:在原行平(ありわらのゆきひら)。業平くんのお兄さん。在原家の実質上の大黒柱。
才能ある歌人でイケメンなのに、いつもやんちゃな弟にぜんぶ持っていかれ、それでも気にしない器の大きい人。
光源氏の部分モデルといううわさも。百十九段にその話が出てくる。

家持さん(やかもちさん)

フルネーム:大伴家持(おおとものやかもち)。「いえもち」ではないので要注意。

業平くんとは三十六歌仙仲間。『万葉集』全二十巻を編纂した大物で、業平くんと違って漢字も得意(万葉集はすべて漢字で書かれています)。愛妻家でありながら、何人もの女性との恋歌の贈答で知られる恋愛の達人。史実では業平よりまるっと1世紀前の人。

第百五段限定のスペシャルゲスト。

敏行くん(としゆきくん)

フルネーム:藤原敏行(ふじわらのとしゆき)。業平くん有常くんの高校時代のクラスメート。成績優秀で性格もいい素敵男子。
業平くんとは三十六歌仙友だちでもあり、百人一首にもなかよくいっしょに入っている。
史実および『伊勢物語』の世界観においては紀有常の娘、つまり「井筒」にあたる女性の姉妹を妻にしている。
第百七段限定のスペシャルゲストだが、素敵なのでまた出てくるかもしれない。

世阿弥さん(ぜあみさん)

世阿弥は芸名。本名:観世三郎元清(かんぜさぶろうもときよ)。
能楽を大成した天才で、自身も役者。その美貌と名演で一世を風靡。この世に心を残した美しい亡霊が出てくる「複式夢幻能」というスタイルを確立した。
ついでだけど「序破急」という作劇法を考えたのも彼。これは本来ダンスのテンポ感を表したものなので、小説を書くときなんかにむやみに応用しないほうがいい。
史実では業平よりまるっと五世紀半後の人。

ファンレター

四本の親知らず

お久しぶりです。毎日寒いですね。 親知らずのくだりを読みました。 大きなオペをしているドクターには 凛として居て欲しいものですね。 いたずらに患者を脅かさない。 お気に入りに登録してあるので ミムラさんの頑張りが リアルタイムで届いてますよ。 僕も人並みに師走なので 時間は限られてますが 読書は勉強と貢献なので ノベルデイズ作品を読むことは ライフワークです。

返信(1)

実行しないが歌には詠む

お疲れ様です。六十二段の顔も声もは、特に素晴らしい段だと感じました。歌詠みだから成せる業なのだと。 本日からダブルダブルも並行して拝読させていただきます。 登場人物紹介で度肝を抜かれ、導入文で吹っ飛びました! 特に作り込まれた人物の設定は、これからの世界観を支える屋台骨になるのでしょうね。楽しみです!

返信(1)

だれも知らない

最新話まで読みました。怒涛の三十一文字でしたね。 枕詞や掛詞に興味が湧いています。 背伸びして技巧的な和歌を詠んでみたいです。 ゲームのキャラクターを業平くんにキャスティングしましたが だれも知らないでデビューした柳楽優弥さんもイメージに近いです。 目力のある男前。 続きも楽しみです。業平くんと筒井さんに幸あれ!

返信(3)

面映し

思いがけず、ランキングでお見かけしましたが、「もっと見る」欄で紹介までしていただき、ありがとうございます。

返信(1)

紹介文を読みました

お疲れ様です。この物語は伊勢物語を下敷きにしていて 段の進みを踏襲すると125段の長編になるのですね。 現在39段まで読みました。段を追うことに筒井さんも業平くんも人間らしさの肉付けがされて行きますね! 愛は無くちゃいけないけど、相性こそ無いと続かないは 人生教訓だと。 ふたりが住んでる世界は現代で、電車や電話がある世界観だけど、歪みを感じない無理の無い設定だと思います。 菅原道真の評価がどうかはわからないとのことでしたが、漢文で業平くんを励ます段が印象的です。 業平くんを芸能人で ... 続きを見る

返信(1)

在原業平と言う彼と

ミムラさん、初めまして。岩永桂と申します。 金環日食の段、駅で待ち合わせの段で 泣きそうになりました。 僕も永らく書いていますが、涙を誘う一文は稀有だな、と。 又、読みに来ますね。名文に喝采!

返信(1)

三十話(段)

こんにちは。 許可が下りたようなので、レターを再度。 素晴らしい考察です。モテ非モテに関わらず、努力をせずに出来るようにはならない、というお話に出来ますね。 ただその努力が、好きというか、苦にならない場合を、天才というのでしょうね。 先天的なセンスもあるでしょうが……。 「目標」も、自分で立てているような気がしているけれど、労せず努力できないのは、本気でやりたくないから? どこかで嫌になる時は必ず来て、それを乗り越えないと先にはつながらない、というのも事実だとは思うのですが。 ... 続きを見る

返信(1)

第十九段

未村さん、レター失礼いたします。これは男性読者、ありですか? 人気がある。みんなに好かれている。これを望むのか、一対一を望むのか。 モテの内実、深いですね。こういうのも「伊勢物語」にあるのですか? 面白いですね。 中高時代は特にその辺りと縁遠い暮らしでしたし、今でいうところのBL的なものも知りません。 非常に参考になります。有り難うございました。

返信(1)

「くすっと笑えて切ない大人の恋」

業平くんと井筒さんのやりとりが静かで切なくて愛おしくて……。 すてきな物語の世界にスーッと入りこんでしまいました。 特に 第六段の 朝露 のお話が…何度も読み返したくなります。すてきで……。 しんしんと切なくなったところに、第七段の故郷に帰れない事情というお話を抱えながらのもちぷに…。 せつなくもほっこり。 悲しくも愛おしい。。。 引き続き楽しみにさせていただきます。 わたしのだだ駄文を読んでくださりありがとうございました。温かいメッセージが有り難く力強く……( ; ; )改 ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

今日の彼、明日のあたし ~Me and My Boy~

未村 明(ミムラアキラ)  mimura_akira

執筆状況
完結
エピソード
146話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
連作短編だけど長編, 一話完結だけど長編, ちょいエロ・セクシー, R15, 恋愛, 大人の恋, 伊勢物語, 在原業平, 業平, 切ない
総文字数
106,582文字
公開日
2021年12月05日 02:09
最終更新日
2022年01月18日 11:48
ファンレター数
9