作品数21
総合評価数714
総合PV数82,046

作者ブックマーク

しおむすびさんのプロフィール



しおむすびさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    とほほでいず2

    日記・個人ブログ

    • 34

    • 1,524

    • 1

  • チャット

    しおむすびのおむすびライフ

    日記・個人ブログ

    • 41

    • 5,613

    • 5

  • チャット

    俺たちが失ったもの

    学園・青春

    • 26

    • 1,118

    • 2

  • 一般小説

    中田さんの黒髪

    恋愛・ラブコメ

    • 38

    • 1,752

    • 3

  • 一般小説

    中田さんの黒髪〜三人称〜

    恋愛・ラブコメ

    • 32

    • 1,355

    • 3

  • 一般小説

    中田さんの黒髪 〜ロングバージョン〜

    恋愛・ラブコメ

    • 49

    • 1,968

    • 5

  • 一般小説

    穂乃果の物語

    恋愛・ラブコメ

    • 15

    • 834

    • 3

  • 一般小説

    サトルの恋

    恋愛・ラブコメ

    • 18

    • 1,354

    • 5

  • 一般小説

    お誕生日おめでとう

    その他

    • 40

    • 3,288

    • 5

  • 自由参加コラボ

    PTAカツ丼!

    社会・思想

    • 28

    • 2,949

    • 6

しおむすびさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2022年 05月14日|コメント(0)

2022年 05月11日|コメント(0)

2022年 04月30日|コメント(0)

2022年 03月12日|コメント(2)

2022年 03月01日|コメント(0)

2021年 11月26日|コメント(2)

2021年 10月05日|コメント(0)

ファンレター

  • 明るい学校生活

    しおむすびさん、こんにちは。 「俺たちが失ったもの」第三話まで拝読しました。 これは(今のところ?)明るく進みそうですね! でもあれか、ノゾミを巡る戦い…… 西の小学生もじっくり観察させていただきますね。 有り難うございました。

  • 凝縮された人生のドラマ

    うわー、しおむすびさん、この作品素晴らしいですね! 実話ということですが、たとえ内容が事実であっても、普通こんなふうに書けないです。しおむすびさん、うまいですね~‼ 僅か3000字ちょっとの文字数の中に、人生の中でも最も大事なドラマが凝縮されていて、読み終わった後に深い感動がありました。 芥川賞作家の西村賢太さんが「私小説」の「小説」というのは「フィクション」という意味ではなく、自分の経験を取捨選択したり、パーツを並べ替えたりして再構成することなんだ、という意味のことを書いておられて、「なる ... 続きを見る

  • これぞNOVELDAYSの良さ

    おはようございます。 いろいろなパターンを作られていて、それぞれを拝読できて面白かったです。 一人称のこちらが最終形でしょうか。 個人的な意見としては、このバージョンが一番すっきりしていて読みやすいですね。 もう展開を知っていても、続きを読みたいぞ、と思わせてくれたのは、表現の巧さじゃないでしょうか。 コンテストなのに、いわゆる小説教室みたいな展開になっている面白さ。 あ、これは一連のやりとりも拝読したうえで、 作者間の交流ができる小説投稿サイトの魅力だなあ、と思いました。 ... 続きを見る

  • 作品に寄り添う温かな視線

    しおむすびさんの作品と、やり取りされている有識者たちのファンレターを読ませていただいて、実はこっそり勉強している私です。 「一元描写」というワード初めて聞きましたよ~なにそれ~ですよ。(^_^;) 恥ずかしながら1人称と3人称の区別だって今一つ自信が無いのです。(キッパリ) しおむすびさん、すぐに調整をされてバージョンアップされるのがすごいですね。 私はこちらの葉桜のラスト好きです! 視界が広がって楽しい予感がするし、物語に流れる瑞々しさ若々しさを象徴しているみたい。 主人公が、 ... 続きを見る

  • 一人称バージョン

    なるほど~、これが一人称バージョンですか^^ ロングバージョンと、前のショートバージョンが三人称――と言っても、智君に視点を固定した一元描写でしたので、元々一人称に近い三人称だったとはいえ、改めて「俺」という一人称に変わってみると、やっぱり違いますね。読者がより主人公の智君の内面に近い場所から物語を見ている(あるいは参加している)感じがします。これは「Kさん」のアドバイスだったんですね、Kさん、さすがです!また、それですぐ新しいバージョンを書いてしまえるしおむすびさん、すごいです~^^ 三人 ... 続きを見る

  • ほっこりしました(^-^)

    辛辣だけど、サトル君の為に奔走(?)するコロが、私の中ではフレンチブルドッグに脳内変換されました。 クールでニヒルなキャラからの見事なギャップは、まさしく王道のツンデレですね! 実際に、人間の本質を見抜く能力は、動物は人間よりずっと優れていると思います。 うちにも沢山ペットがいるのですが、私もあの子たちにそんな目で見られてるのかなぁ、とちょっと苦笑いです(^◇^;) 知り合いで猫の愛護活動をしている方がいるのですが、譲渡会でやたらと「可愛い!」を連発する女性には絶対に引き取らせな ... 続きを見る

  • コロ大好き!

    「サトルの恋」で、コロに辛辣にやっつけられていたホノカ。 そのホノカが今回はまさかの主役!「恋愛評論家」(カッコいい!)のコロのコメントが冴え渡っていましたね~♪ コロ、大好き。わたしもコロに名前呼び捨てにされてお説教されたい!←あやしい欲望 読み終わった後、ホノカがいとおしく思えました。それはホノカが「思っていたよりやなやつじゃなかった」ということではなく、ホノカの心理がリアルに、的確に描写されているからこその読者の共感だと思いました^^ 『「〇〇〇」 じゃなくて「〇〇〇〇〇」 と伝え ... 続きを見る

  • 心にぽっかりと開いた穴

    「思っていたのと違う」 わたしもコロさんと同じことを思いました。優しい子じゃないですか、穂乃果さん。軽い女の子だと決めつけてごめんなさい。反省しております。 穂乃果さんのその心理状態はいわゆる「蛙化現象」とは異なるものなのですよね、きっと。 (蛙化現象というのは、好きな相手から好かれると自分の気持ちが冷める、引いてしまう現象をいうそうです) 相手が喜ぶようにふるまい、相手に好かれる自分を演出してしまう、それはコロさんもいうように「自分のことより相手を想って」のことだとわたしも感じまし ... 続きを見る

  • どこか懐かしさをかんじる風景

    チャット方式のお話を初めて読みました。懐かしい小学校での風景。私も転校したことがあるので、昔をおもいだしながら読みました。恋が始まるにはまだまだ?これから4人はどうなっていくのでしょう…

  • 心に沁み入る作品

    この作品、とっても好きです! まるでセンテンスの一つひとつが心の襞に沁みこんでくるよう……。 小説として描かれていますが、つい、しおむすびさん&しおじさんご夫婦を重ね合わせて読んでしまいました。 明日夫を詰ってやろうと口ではいいながら、「メモ帳に〇〇〇風に記」している新婚の奥さまがかわいらしく、とっても素敵です~(*^^*) 新婚したばかりの時には、かえってこういう味わいの作品は書けないのではないかと思いました。「新婚旅行の夜」の後、ご夫婦で一緒に歩いてきた時間があって、作品には書か ... 続きを見る